秘伝の"超絶"高利益せどりノウハウを無料プレゼント!


ブックオフはせどりを排除しようとしている!せどらーに対する驚きの対応とは?


Amazonランキング1位本「僕の辞書から就職が消えた日」著者のちゃんこまです。

せどりでCDやDVDを仕入れるときによく使うブックオフ。色々なせどりの手法が出てくる中でも、やっぱりほとんどのせどらーが利用している店舗というのが、ブックオフだと思います。それがここ最近、せどりを排除しようとしているのではないか。と言う事を思う人が居ると思いますので、店員さんの対応や、ブックオフでのせどりの現状に関して、実際に仕入れに行った経験から、お伝えしたいと思います。


ブックオフで仕入れに行ったときの店員の対応とは

一時期はせどりで仕入れに出向かう際には、かなりの頻度で言っていました。おそらく週に3〜4日ぐらいですかね。また同じブックオフではなく、違う店舗を点々として仕入れに向かっていました。

ちゃんこまがリサーチをするときは、極力他人や、お店、店員さんに迷惑の無い様にリサーチすることを必ず心がけています。というのは、せどりをしている人って、印象があまり良く無いんですね。原因として、バーコードリーダー等を使って、棚を独占したり、利益や差額のでない商品を乱雑に扱ったりと、お客さんとしては、あまり態度が良くないから、ブックオフ等でも排除したいと思う空気が漂うと思うんです。

仮にそんな印象のビジネスを、これから始めようとする人にとっては、あまり良く無いことですよね。だから、他の人の目線は気にしますし、商品を乱雑に扱うことは絶対にしません。また、せどりをやっていると言う事さえ分からない様に、影を消して、空気感0にする様にしてリサーチしています。

だから、私が仕入れに行ったブックオフ各店は、ほとんど店員さんから、変な対応を取られたことは無いですね。中には、こいつはせどらーだから、お客さんじゃないという風に、変に店員さんから扱われたという人も居るようです。やっぱりせどりというのは、店舗との共存関係にあるので、こちらも丁寧にすれば、お店側も、そんなぞんざいに扱って来ません。あくまで普通のお客さんと同形ですから。

そんな仕入れ方をしているせいか、通常の接客よりも、良くしてくれるときさえあります。キレイにブックオフを使ってくれるし、普通のお客さんより、多くの金額を使っているので、ちょっとしたサービスみたいな感じで、このディスク研磨しましょうか?と聞かれることも多々ありました。

この対応から、ブックオフがせどりを排除しようとしているという空気感は特に感じません。ただ、昨今では、悪質はせどらーや、態度があまり良く無いせどりをする人がいるので、バーコードリーダー等を禁止したり、スマホの利用を控える壁紙を見ますが、普通にしていれば、ブックオフ側からは、上得意客に過ぎないんじゃないかなと。


ブックオフ側からせどらーはどう見えているのか?

ちゃんこまがせどりをするときには、バーコードリーダーを使っています。それは棚を全頭リサーチすると言う事ではなく、スマホでスキャンする必要がなく、携帯を出す必要がない為、便利だからです。

ただ、初めの頃は、ちょっと棚を独占してしまって、機械のご利用はお控えくださいと注意を受けたことが2回だけあります。めちゃくちゃ通い詰めての2回です。それからは、他の人が商品棚を見たそうだったらどくとか、周りに気を使う様になりましたが。

そこでブックオフの店員サイドから、せどらーはどう見られているのか。というと、普通にリサーチする分には、特に問題ないという意識提起だと思います。普通にリサーチしていて、何かを言われたことはありませんし。ただ、上記で伝えた様に、マナーの悪いせどらーがいることも事実なので、そう言った人には、注意するという基準かと

仕入れと言えど、ブックオフからすれば、お客さんなのは変わりありません。せどりをしてないくても、他人に迷惑をかける行為をしていれば、当然注意されますよね。例えば座り込んで、漫画を立ち読みしていたりすれば。結構リサーチすることに夢中になっていると、周りが見渡せなくなることが多々ありますが、「人に迷惑をかけていないか」と言う事が注意する判断基準になっているんじゃないかな。

それが守られているならば、せどりを排除する必要も特になく、一般のお客さんより、お金や金額を多く払ってくれる存在なので、共存関係なのかなと思いますね。仮に店員サイドの対応がせどりをしているから悪いのか?という節があれば、少し、検索するマナーを見直してみると変わるかもしれません。


今後のせどらーとブックオフの付き合い方とは

2000年前半から、せどりという手法が流行りだして、もう10年ぐらい立ちますよね。ちゃんこまが始めたのが、2015年という、本当に後発組で、ずっと前から取り組んでいる人からすれば、かなりの新参者です。それでも開始2ヶ月で23万円売り上げ、そこから今では月収で30万円を稼ぐまでになりました

そんな後発組でも問題なく、ブックオフで仕入れることが出来ます。ただ、今後ブックオフはせどりを排除する様になるのか、またせどりをすることが今後出来るのか。と言う事を気になると思います。そこでせどらーとブックオフの今後について考察しますので、参考にしてみて下さい。

仮にブックオフがせどりを排除しようと動いたとしても、せどらーからすれば、全く痛手になりません。というのは、別にブックオフで仕入れが出来なくなったとしても、仕入れの内の一つが無くなったに過ぎないので、別の店舗で仕入れをすれば良い話だからです。今のせどりは、仕入れ場所が豊富にありますから。

また、せどりを厳重に注意する様な動きになったとしても、店舗ではなく、今は電脳せどりという手法も確立しているし、その為の便利なツールさえ存在しますそのツールを使えば、時間を使ってお店に行く必要は無いし、ましてや店員さんに変な態度を取られる必要もありません。

急激にこのような状態になることは想像しづらいし、変なせどらーだけは注意するという流れが続くと予想されますが、仮にブックオフが経営方針をがらっと変えて、せどらーに対して、高圧的に来たとしても何も問題ないと言う事ですね。だからこそ、ブックオフ側も排除するより、上得意客として、上手く付き合って行くという方向を選んで行くと思います。

だから、せどりだからと、びくびくする必要も無いし、悪いことをしているなんて感覚を持つ必要もありません。お互いがお互いに、持ちつ持たれつの関係ですし、両者が必要としているんですから。これから始めるという人も、自身を持って始められる環境ですので、堂々とせどりをしたら良いと思います。

当然、マナーや礼儀をしっかりと持って。と言う事が前提になりますが。つまり今すぐブックオフがせどりを排除することはなく、仮に排除しようとしても、別にせどらーからすれば、痛くも痒くもないと言う事ですね。


まとめ

  • 他のお客さんに迷惑になる様なことをしなければ、何か言われることはない
  • キレイに仕入れしていれば、ちょっとしたサービスを受けられることもある
  • せどりの印象が少し悪いので、マナーと礼儀を守り仕入れること

これはまでおそらく何百回とブックオフに言ってきましたが、これと言ってへんな対応されることもなく、排除しようとする動きを敏感に感じた訳ではありませんでしたただマナーの悪いせどらーが増えればどう変わるかは分かりません。一人一人がしっかりとマナーを守り、礼儀をわきまえる必要があるのかなと。

ただ、一部の人のせいで、仮にブックオフが全店せどり禁止になっても、他の背取りする場所があるので、そこに移行すれば良いだけだし、電脳せどりメインにすれば、何の問題もありません。しっかりと一人一人が自覚をもって取り組むことが大事かなと

P.S.

12時間労働が当たり前のブラック企業に勤めながら、1日1〜2時間の副業時間で、せどり開始2ヶ月目は23万円、4ヶ月目には30万、その後も下がることなく月収65万円稼ぎ、独立するまでに至りました。

1000円が9800円に変わる仕入れ先、業界の約6倍以上の利益額を稼ぐ超高利益せどりのノウハウを伝えるメルマガを発行しています。

タダで見れるので、お気軽にご登録下さい。

今だけAmazonランキング1位獲得、価格1000円の【禁断】の超高利益せどりのノウハウをまとめた本が特典として、もれなくもらえます。

メルマガ登録はこちら。極秘の超高利益せどりノウハウ本のプレゼント付き

当ブログに始めて訪れた方にオススメ記事

秘伝の"超絶"高利益せどりノウハウを無料プレゼント!


運営者プロフィール

名前:ちゃんこま(※実績)

経歴: 実家で営んでいる美容院が経営悪化により倒産し、父親が自己破産。大学生だった当時、学費が払えず大学を中退し、家族4人どん底生活へ。中退した後、あえなく就職し、工場勤務や営業など様々な労働地獄の波に呑まれる。

ブラック企業の会社員として、12時間以上働きながら始めた副業が、開始2ヶ月で23万円稼ぎだしサラリーマンの給料を超える。さらに4ヶ月目には月収30万円、その後も月収63万円と減ることはなく、サラリーマン時の約4倍の収入を得る。

これまでの経緯やノウハウを電子書籍化した結果、大手電子書籍掲載サイトにて、新着ランキングトップ10位入りの常連と化し、最高位2位を受賞。更に2017年4月にはAmazonに電子書籍を出版し、アマゾンランキング1位を2部門で受賞。見事2冠を達成し大きな反響を得る。

現在は独立しオウンドメディア運営、情報ビジネス、webマーケティング関連など様々な事業を展開。節税の為に法人化するか現在検討中。

会社に雇われなくとも,自由に生きて行ける」をモットーに、誰にも雇われない人生を送る。更に今後活躍が期待される注目株。

⇨詳しいプロフィールはこちら

シェアする

フォローする