秘伝の"超絶"高利益せどりノウハウを無料プレゼント!




単行本、雑誌せどりで収益が伸びないときの解決法とは?


Amazonランキング1位本「僕の辞書から就職が消えた日」著者のちゃんこまです。

先日もせどりの質問を頂きました。その質問が「目利きで単行本、雑誌を仕入れていましたが
収益は伸びません。これまでCD、DVDの扱いを考えたこともありましたが、検品のことを考え実践を躊躇していました。」というせどりの質問でした。

単行本や雑誌を仕入れて来ていて、なかなか仕入れが出来ず、収益が伸びない。と言う悩みですよね。そんなせどりの質問に関して解決策をお伝えして行きたいと思います。

雑誌は目利き出来ない

まず単行本や雑誌せどりに取り組んでいて、収益が上がらない。と言う事ですが、単行本と言うのがどんなジャンルなのか、記載していないので、何とも言えませんが、雑誌せどりは、ほとんど目利きが出来ないです。

なんで雑誌せどりが目利き出来ないのか。って言うと、目利きの概念として、背表紙から判断出来る事です。背表紙からジャンルやタイトルなどを見て、手に取らなくても、ネットとの価格差のある可能性の高い商品だな。ということが推測出来る事が目利きと言う本当の意味です。

こと雑誌せどりになると、背表紙から得られる情報量が圧倒的に少ないので、手に取って表紙を確認するしか判断出来ません。もう手に取った時点で、目利き出来ていない。と言う判断です。だって手に取って確認しなきゃ行けないんだったら、目利きせず、リサーチした方ガ早いから。

で、よほど雑誌に詳しい人以外は、雑誌せどりはビームでリサーチしているのが大半です。もう一つの単行本がどんなジャンルの単行本なのか分かりませんが、今やっている雑誌と言うジャンルがあまり合っていないのかな。と言う事が考えられます。

CDやDVDの検品は必要ない

またCDやDVDでは検品が必要で、検品を躊躇していた。と言う事ですが、僕自身CDやDVDはほとんど検品していません。ディスクの傷やケースの状態は確認しますが、いちいち再生したり、音楽を聴いたりなんてしません。

これは無責任でも何でもなくって、せどりを始めた目的は何ですか?ってことをもう一度考えて下さい。お金を稼ぐためですよね。となると無駄な作業を、どれだけなくすのかってことが大事です。1つのDVDを検品する為に、2時間のムービーを見るのが、どれほど費用対効果が悪いか。

もちろん検品せず不良品だったら、全額返金していますし、保証もある事を必ず明記しています。ただ、ほとんど再生出来ませんとか、映像が止まってしまいます。という事を言われた事はありません。

今回のせどりの質問の解答としては、単行本は別として、雑誌せどりは目利きに向いていないジャンルなので、他のジャンルを検討してみると事と、CDやDVDは必ずしも検品しなければ行けない物ではない。と言うのが質問の答えですね。

当ブログに始めて訪れた方にオススメ記事

秘伝の"超絶"高利益せどりノウハウを無料プレゼント!


運営者プロフィール

名前:ちゃんこま(※実績)

経歴: 実家で営んでいる美容院が経営悪化により倒産し、父親が自己破産。大学生だった当時、学費が払えず大学を中退し、家族4人どん底生活へ。中退した後、あえなく就職し、工場勤務や営業など様々な労働地獄の波に呑まれる。

ブラック企業の会社員として、12時間以上働きながら始めた副業が、開始2ヶ月で23万円稼ぎだしサラリーマンの給料を超える。さらに4ヶ月目には月収30万円、その後も月収63万円と減ることはなく、サラリーマン時の約4倍の収入を得る。

これまでの経緯やノウハウを電子書籍化した結果、大手電子書籍掲載サイトにて、新着ランキングトップ10位入りの常連と化し、最高位2位を受賞。更に2017年4月にはAmazonに電子書籍を出版し、アマゾンランキング1位を2部門で受賞。見事2冠を達成し大きな反響を得る。

現在は独立しオウンドメディア運営、情報ビジネス、webマーケティング関連など様々な事業を展開。節税の為に法人化するか現在検討中。

会社に雇われなくとも,自由に生きて行ける」をモットーに、誰にも雇われない人生を送る。更に今後活躍が期待される注目株。

⇨詳しいプロフィールはこちら

シェアする

フォローする