秘伝の"超絶"高利益せどりノウハウを無料プレゼント!


ここは調べなくてもいい!DVDせどりでリサーチしてはいけない商品とは?


Amazonランキング1位本「僕の辞書から就職が消えた日」著者のちゃんこまです。

CDせどりで取り組んでいた後に、利益額や利益率を倍増させてくれたジャンルはDVDでした。ランキングの見方や、超プレミア品などを見つける仕入れの基準値なんかもCDとほとんど同じなのがDVDです。CDせどりを取り組んでいる人は、必ずと言っていいほどやってほしいのがDVDせどりなのですが、ここで、絶対にリサーチしては行けない商品をお伝え致します。


リサーチしては行けない商品

CDよりも商品数が少ない、DVDせどり。ただ、それでも結構商品数が多いです。やっぱりCDと同じく闇雲にリサーチしてしまうと、時間ばかりかかってしまって、なかなか仕入れることが難しい。そこで大事なのは、しっかりとDVDというジャンルを理解することが大切です。

DVDせどりに取り組んでいる人なら、鉄板でリサーチしないジャンルは、洋画ですね。これは、洋画ってせどり的には、ほとんど利益になる商品が無いジャンルです。DVDが多くリリースされたり、再販されたりすることが、原因の1つかと思いますが、DVDせどりに取り組むのであれば、このジャンルは調べなくても良いと言えますね。

ここまでであれば、誰でも言っていますが、ちゃんこま独自の経験からするなら、もう一つリサーチしないジャンルとして、昔の日本の映画の再販版です。時代劇風なDVDを良く見ると思うのですが、こういった商品も差額の無い商品がほとんどですね。ここはリサーチしません。

なんか時代劇な奴とかってせどり的に価値がありそうな感じがしますが、そうでもないです。初版の奴なんかは、利益として高かったりプレミア品ということもあるかと思いますが、巷のお店に転がっているDVDは、再販版がほとんどで、コンビニなどで売っているソレです。こんな場所で売っている物が、せどりで高値なはず無いですよね。


美味しい商品が眠るDVDせどりのジャンル

じゃあ洋画、邦画全般がダメなのかというと、邦画は全然見つけられる印象です。お店の仕入れ値の関係もありますが、有名な映画ではなく、古めの懐かしい映画や、誰もこんなの知らないだろっていう映画はやっぱり穴場です。ここは結構狙い目かと。

DVDせどりって定価がもともと高いので、アマゾンでも高額で販売出来る可能性のあるジャンルです。CDで1万円ってべらぼうに高いと思いますが、DVDで1万円なら、まだ普通と感じる人が多いのも定価が高いからですね。つまりこのぐらいの値段なら、全然抵抗なく買えると言う事なので、商品単価が良く、利益率も高く取れるんですね。CDをやっているならDVDも。DVDをやっているなら、CDも取り組んでみると良いと思います。

P.S.

12時間労働が当たり前のブラック企業に勤めながら、1日1〜2時間の副業時間で、せどり開始2ヶ月目は23万円、4ヶ月目には30万、その後も下がることなく月収65万円稼ぎ、独立するまでに至りました。

1000円が9800円に変わる仕入れ先、業界の約6倍以上の利益額を稼ぐ超高利益せどりのノウハウを伝えるメルマガを発行しています。

タダで見れるので、お気軽にご登録下さい。

今だけAmazonランキング1位獲得、価格1000円の【禁断】の超高利益せどりのノウハウをまとめた本が特典として、もれなくもらえます。

メルマガ登録はこちら。極秘の超高利益せどりノウハウ本のプレゼント付き

当ブログに始めて訪れた方にオススメ記事

秘伝の"超絶"高利益せどりノウハウを無料プレゼント!


運営者プロフィール

名前:ちゃんこま(※実績)

経歴: 実家で営んでいる美容院が経営悪化により倒産し、父親が自己破産。大学生だった当時、学費が払えず大学を中退し、家族4人どん底生活へ。中退した後、あえなく就職し、工場勤務や営業など様々な労働地獄の波に呑まれる。

ブラック企業の会社員として、12時間以上働きながら始めた副業が、開始2ヶ月で23万円稼ぎだしサラリーマンの給料を超える。さらに4ヶ月目には月収30万円、その後も月収63万円と減ることはなく、サラリーマン時の約4倍の収入を得る。

これまでの経緯やノウハウを電子書籍化した結果、大手電子書籍掲載サイトにて、新着ランキングトップ10位入りの常連と化し、最高位2位を受賞。更に2017年4月にはAmazonに電子書籍を出版し、アマゾンランキング1位を2部門で受賞。見事2冠を達成し大きな反響を得る。

現在は独立しオウンドメディア運営、情報ビジネス、webマーケティング関連など様々な事業を展開。節税の為に法人化するか現在検討中。

会社に雇われなくとも,自由に生きて行ける」をモットーに、誰にも雇われない人生を送る。更に今後活躍が期待される注目株。

⇨詳しいプロフィールはこちら

シェアする

フォローする