秘伝の"超絶"高利益せどりノウハウを無料プレゼント!


ドラマ「家族ゲーム」を今さら見返してみた感想は「ヤベェ」の一言。


期間限定で無料プレゼント中のAmazonランキング1位本「僕の辞書から就職が消えた日」著者のちゃんこまです。

2013年に放送されたテレビドラマ「家族ゲーム」

始まってから数年経って、今はもう見る人が激減した、まーひーだったので、1日で全10話見返してました。

感想を一言で言うなら「ヤベェ」でした。

数年経った今でも、間違いなく楽しめるドラマでしたね。

一体何がヤベェのか。3つのヤベェ項目にまとめました。

めちゃざっくりなあらすじ

1日で全話見返したんで、この記事を書くに当たってちょっとWikipediaで調べてみたら、櫻井翔版以外にも、色んな人がこの家族ゲームを演じてるんですね。

初めて知りました。

まぁ、この家族ゲームというテレビドラマのあらすじなんかは、色んな所に書いてあるので、詳しく知りたい方は、そっちを見てみてください。

ここでは、ぼくなりの感想と、ぼくなりのあらすじをお伝えしたいなと思います。

他のバージョンがどんなものなのかは、見ていないので分かりませんが、今回みた櫻井翔版の「家族ゲーム」は、東大進学率100%の家庭教師が、ある家族(沼田家)に来て、家族が崩壊して行く。

カンタンに言えばこんなあらすじ。

感想、楽しみポイント1「演技」

淡々と知りも知っているあらすじを語るのは、Wikipediaに任せておいて。

全10話を1日で見返しました。(どんだけまーひーなんだ。笑)

感想として、まず面白かったのが「演技」

これは「ヤバェ」ポイント1ですね。

まぁ主演の櫻井翔の演技がヤベェのは追々説明するとして。

それ以前に、一番最初に勉強を教えた引きこもりの次男。沼田茂之。

うんちもらしちゃって、そこからいじめにあい、引きこもりになった。

そんな経緯の茂之ですが、「この子本当に子役か?」って思うぐらい演技がウマい。

これにはビビりました。

よくあるドラマなんかで、子供が心理をついた「確信の台詞」を言うときって、何かサムい感じしません?

「人生に大切なのは友情だ!!」なんて8歳の子供が言っても、「いや確かにそうなんだけど、何か説得力に欠けるなぁ」って思ってしまう。

さらに、子役自身も本心ではよくわかってないから、何かたどたどしい。それが演技から伝わって来て、サムい感じがしてしまうのが通常。

でも茂之を演じた子は、まん丸な瞳を持ったかわいい子なのに、言う台詞が「ドシン」と来る。で、「家族って大切じゃん!」っていう言葉も、めちゃ自然に入ってくる。

末恐ろしい演技力でした。

後「サムい」と感じる一番のシーンが子供が怒鳴るところだと勝手に思ってるんですが、家族がいざ櫻井翔に壊され、崩壊したときに茂之が、数の目を覚まさせる為に怒鳴ります。

それが、本来の子役ならサムく感じるはずなのに、茂之は感じさせない。

それぐらいめちゃ自然な「いじめから成長した姿」を見れる演技でした。

素晴らしい!!「まさしく。ヤベェポイント1です。」

んで、やっぱり演技項目でヤベェのが櫻井翔演じる、吉本こうや。

こっからはネタバレが多少含まれるんで、まだ見ていない人は見ないでいいんですが、彼の焼くってめちゃ難しい。

悪の体現者として、嫌いだった人を演じながら、でも本心の田子雄大を見え隠れさせなくちゃ行けない役回り。

当人の葛藤と、決めた使命感の人格を合わせながら、演じなくちゃ行けないのが櫻井翔だったと思います。

そんな2重人格とさらにポップな通常のキャラクター。

1人3役を見事演じていました。まさにこれはヤベェポイント3。

そんな1人3役が出来るのは、ドラゴンボールの野沢雅子ただ1人。そう思います。笑

1話目から、櫻井翔演じる吉本こうやの過去が伏線として出てくるんですが、その伏線を後々回収しても、何一つ矛盾しない役回りが完成してるんですね。

よく面白く無いドラマであるじゃないですか?

最後はよくまとまって見えるけど、見返してみたら、「あれ?お前のキャラクターがそんな行動取るはずなくね?」っていうシーン。

でもそれが櫻井翔にはない。見事1人3役。ヤベェポイント間違い無しだと思いました。

キャスターも出来て、頭もよく、家柄も最高。その上バラエティでもいじられることも出来るし、司会もそつなくこなす。

それでいて「演技もバリヤバい」

天は2物を与えなかったんじゃなかったっけ?と思える第一号だと思いましたね。

感想、楽しみポイント2「佳代子の爪噛みシーン」

次に家族ゲームの感想として、面白かったヤベェポイントは、構成でした。

その典型が沼田家の妻、佳代子の爪を噛むシーン。

これを思いついた人は天才だと思いましたね。

というのは、家庭教師で来たよしもとこうや(櫻井翔)は、事前に沼田茂之という生徒を持つときに、家族構成がそもそもの勉強ができない原因だと思う訳ですね。

そして、実際に長男、次男、妻、旦那、4人家族それぞれに闇を抱えていることが1話1話毎に出てくる訳です。

そんな妻、佳代子が抱えている闇というのが、「世間知らずで、子供に無関心」

家族ゲームから数年経った今でも、世間で問題視される様なよくある親の姿でした。

でも佳代子は、子供に嫌われることを嫌い、問題を起こした子供に対して、注意をすることが出来ません。

旦那、子供、世間体、近隣住民、色んなストレスを抱えて、育児放棄。見たいな流れなんですが、佳代子のキャラクターを考えたとき、佳代子自身の内なる葛藤を目に見える形で表すって、むちゃ難しいと思うんです。

でもそれを言葉で行っちゃったらドラマとしてサムい。

「言わずして、ストレスを感じていることを感じさせる」ことが佳代子をより知ってもらう上で必要だったその時「爪を噛む」という癖が出てくるんです。

ぼくも小さな頃爪を噛む癖があったんですが、あるとき電車に乗っていて、スーツを着た立派なサラリーマンが爪を噛んでいる姿を見て「俺ってこういうことしてたんだ」と我に帰り辞めました。

さらに爪を噛んだ経験がない人からすれば、良い大人が爪を噛む行為って、何だか異質に見えると思います。

それが、不気味であり、内なる葛藤を見せる手段であり、言いたいけど言えない佳代子のキャラクターにピッタリな行為。

たった1つ、「爪を噛む」という1つの仕草ですが、アレ1つで多くを語っているように思えました。

1つで多くを語る?まさか野沢雅子?

ヤベェポイント1です。

この家族ゲームでは、爪を噛むという佳代子の癖以外にも、それぞれのキャラクターにあった信条を表す動作や癖が、見事なんですよね。

この「構成」の部分が、ヤベェポイント1という感想に繋がりました。

感想、楽しみポイント3「なかなか現実は上手くいかない」

そして最後のヤベェポイント3ですが、これは「なかなか上手くいかない」というリアルをより長引かせてることが楽しみポイントでしたね。

よくありがちなドラマなんかでは、1話づつポイントを拾って行かないと行けないので、1キャラクターにスポットを当てるとき、そのキャラクターに多くの時間を避けられません。

となると、そのキャラクターの問題がめっちゃ早く解決しちゃう。なんてことが往々にしてあります。

例えば恋愛。好きな人がいるけど告白出来る勇気がない。

でも誰かに「後悔はするな」って言われて告白する。そして付き合う。

付き合った彼女の親友が事故に!!

なんてのはよくある話。

でも現実は違って、告白したって付き合える可能性の方が低いし、そんなに上手くいくもんじゃない。1回失敗したら、大体2回目に上手くいくのがドラマだけど、リアルはそんなもんじゃない。2回3回と失敗が続きまくることの方が多い。

それが今まで見て来たドラマの不満点でした。

ただ、この家族ゲームは違う。

1話目の問題は、家庭教師の吉本こうやが一番最初に受け持った次男、茂之のいじめでした。

これがまぁ陰湿!

「早く誰かに助けを求めろよ!」そう思うんだけど、なかなか助けを求めない。

そして、櫻井翔演じる吉本こうやも助けない。

そんないじめがずっと続きます。

もちろんいじめを助長している訳じゃないし、いじめられた経験があるので、あんなもんは最悪なのは、いの一番の理解しています。

ただ、現実はたった1個のことをしたからといって、いじめはやむことがありません。

「誤っていじめがなくなった」というのは、まさしくドラマだけの話。

現実は少なくとも数ヶ月は続くわけです。

これが家族ゲームではよりリアルで、なかなか現実は想い通りに行かない。ということを誇張することはしていないんですね。

もちろんドラマなんで、表現のお化粧はしてますが。

ただすんなりと、想い通りに行くことはない。

それが見ていて気持ちいいんです。単なる幻想をドラマにしている訳じゃないから。

これがヤベェポイント3上げれる感想です。

まとめの感想一言「何年後かに見ても面白い」

  • それぞれの演技力
  • 加代子の爪噛む
  • なかなか現実は上手くいかないこと

めちゃ個人的な感想として、ヤベェポイントをそれぞれ3つ上げて来ました。

んで最後のまとめとして、教訓を感じるのが、本来の家庭教師の生徒である茂之の勉強って、最初の方しただけで、後はあんまりしないんですよね。

後半部分で、吉本こうやの家庭教師記録が出てきて、そこで語らるんですが「茂之はある程度1人でこなせるので安心」という風に櫻井翔は観察しています。

ストーリー全般を通してのことですが、「やっぱり環境が一番大切」というのを全話通して感じた感想ですね。

確かに天才という存在はいるかもしれません。勉強せずに東大に入ったなんて言う東大生のインタビューなんか見てるとスゴいなと思いますし。

でも幼少期の家庭環境を聞くと、そこには当たり前に本が置いてあって、学べる環境(両親の仲、子供対両親の関係値など)があって、自然と勉強する体制だった。という風に言っていました。

カエルの子はカエルなんて言うけれど、あくまでカエルって種族の話。

賢いカエルか、賢くないカエルか、という能力はまた別の話です。

賢いカエルは、賢いカエル育て方(環境の整え方)を知っているから、賢いカエルに育てられる。

親の仲が悪ければ非行に走るだろうし、でもそれは悪い事をしたいからではなくって、親に注目されたいからであって、環境がその後どうなれるか、を決める大きな要素なんだなって家族ゲームを通して思った一番の感想ですね。

P.S.

12時間労働が当たり前のブラック企業に勤めながら、1日1〜2時間の副業時間で、せどり開始2ヶ月目は23万円、4ヶ月目には30万、その後も下がることなく月収65万円稼ぎ、独立するまでに至りました。

1000円が9800円に変わる仕入れ先、業界の約6倍以上の利益額を稼ぐ超高利益せどりのノウハウを伝えるメルマガを発行しています。

タダで見れるので、お気軽にご登録下さい。

今だけAmazonランキング1位獲得、価格1000円の【禁断】の超高利益せどりのノウハウをまとめた本が特典として、もれなくもらえます。

メルマガ登録はこちら。極秘の超高利益せどりノウハウ本のプレゼント付き

当ブログに始めて訪れた方にオススメ記事

秘伝の"超絶"高利益せどりノウハウを無料プレゼント!




運営者プロフィール

名前:ちゃんこま(※直近の月収+他ASPにて数万)

経歴: 実家で営んでいる美容院が経営悪化により倒産し、父親が自己破産。大学生だった当時、学費が払えず大学を中退し、家族4人どん底生活へ。中退した後、あえなく就職し、工場勤務や営業など様々な労働地獄の波に呑まれる。

ブラック企業の会社員として、12時間以上働きながら始めた副業が、開始2ヶ月で23万円稼ぎだしサラリーマンの給料を超える。さらに4ヶ月目には月収30万円、その後も月収63万円と減ることはなく、サラリーマン時の約4倍の収入を得る。

これまでの経緯やノウハウを電子書籍化した結果、大手電子書籍掲載サイトにて、新着ランキングトップ10位入りの常連と化し、最高位2位を受賞。更に2017年4月にはAmazonに電子書籍を出版し、アマゾンランキング1位を2部門で受賞。見事2冠を達成し大きな反響を得る。

現在は独立しオウンドメディア運営、情報ビジネス、webマーケティング関連など様々な事業を展開。節税の為に法人化するか現在検討中。

会社に雇われなくとも,自由に生きて行ける」をモットーに、誰にも雇われない人生を送る。更に今後活躍が期待される注目株。

⇨詳しいプロフィールはこちら

シェアする

フォローする