秘伝の"超絶"高利益せどりノウハウを無料プレゼント!


薄利多売って何?薄利多売の意味と抜け出す2つの方法を伝授!


Amazonランキング1位本「僕の辞書から就職が消えた日」著者のちゃんこまです。

少し前読者の方から「利益率が高くなく、どうしても薄利多売になってしまいます。」

そんな質問を頂きました。

転売業や仲介業、せどりなんかを取り組んでいるとどうしても大切になってくる利益率。

利益率が高ければ当然手元に入ってくる利益の割合が大きくなるので、儲かっているということ。

ただ利益率が少なければ、手元に残るお金が少ないので、あまり儲かっていないということ。

そんな転売業や仲介業で陥りがちな薄利多売の意味と罠、その2つの解決法を伝授しようと思います。

薄利多売の意味とは

薄利多売って言う意味からまずは解説して行こうと思いますが、薄利多売とはめちゃくちゃカンタンにいうと「安い利益で、多くの商品を捌く」という意味。

これが薄利多売です。

例えば1個売ると100円の利益が出る物があるとします。

そしてあなたが仮に10万円稼ぎたいなという目標があったときに、1個100円の利益にしかならないので、10万円稼ぐ為には、1000個売らなければいけなくなります。

利益が少ないので、より多くの個数を売ることでしか、利益を大きく出来ない。

これが薄利多売という言葉の意味です。

薄利多売のデメリット

じゃあ、薄利多売の何がいけないのか。

「いや。多く売っても利益が出てるんだったらよくない?」

そう思うのが、あまりビジネス経験の無い普通の人の意見だと思います。

ただ、利益が出ててもあまりよくない現象が起こりがち。

それが、まず第一に作業量が増えるという点です。

個数を捌かなくては行けないので、圧倒的に作業量が増える

例えば、先ほどの例と同じく1個売ると100円の利益になる商品があるとします。

んで、月10万円稼ごうとするのであれば、1000個捌かなくては行けなくなります。

ただ、1000個売ろうとすると、1個1個商品を配送する為の作業が必ず必要になります。

もちろん欠品している商品や、状態があまりよくない商品を送ることはできないので、検品が必要になることもあるでしょう。

売る商品が増えると、それに伴って配送する量、検品チェックが増えるので、作業量が多くなってしまう。

これが薄利多売の大きなデメリットです。

一方で、1個1万円の利益が取れる高利益な商品があったとするなら、月10万円稼ごうとすると、月に10個売れればいいだけになります。

月に1000個発送するのと、月に10個送るの。

どちらが楽なのかは、判断に難しくないと思います。

もちろん大企業であれば、社員が多くいるので、役割分担をすればこなせない作業量ではないですが、個人事業主だったり自営業であれば、「発送するだけ」で1日の業務が終わってしまうレベルなので、薄利多売から抜け出したいと願う人が多いんですね。

薄利多売は強者の戦略

またボクが思う薄利多売の一番のデメリットは、薄利多売とは強者の戦略であるということ。

薄利多売のデメリットを細かくあげれば、在庫リスクや資金が潤沢である必要性など、色々出てくる訳ですが、強者の戦略であることこそが、薄利多売の一番のデメリットだと思います。

ビジネスの世界では強者と弱者というのが存在します。

市場シェア1位が強者。それ以外は弱者。という関係性。

強者というのは、価格の設定権を持っています。

シェア1位の会社が、価格を下げればその値段が相場となって行きます。

また、シェア1位というのは、資金を潤沢に持っているので、赤字が多少続いていも「長く走りきる体力がある」ということ。

すると、資金が潤沢に無い弱者は、薄利多売で戦って行くといづれ息切れを起こします。

例えば、マクドナルドが100円でハンバーガーを売っているから、うちは50円で販売するんだ。

としたときに、大企業は資金が多くあるので、少ない利益でもいっぱい売れば良いだけの話。

強者は価格の決定権を持っているので、マクドナルドが同じ50円で販売して来たら、同じお客さんは、認知されているマクドナルドに通いだします。

弱者は資金が少ないので、少ない利益で儲を得ようとしても、十分な利益は確保出来ず、50円のハンバーガーでは売れ残りが発生し、結果潰れてしまいます。

だから弱者=いわゆる資金があまりないボクたちは、価格勝負することは得策じゃないってことなんですね。

薄利多売、いわゆる安く多く売るというのは、本来強者の戦略なんです。

薄利多売を今すぐ脱却する2つの方法

薄利多売の意味とデメリットを理解してもらったところで「じゃあ、どうすれば今の薄利多売の状態から抜け出せるんだ?」と思っていると思います。

そこで、利益を圧迫する薄利多売から、いち早く抜け出す方法を解説して行きます。

まず、薄利多売を抜け出す土台となることは「薄利多売を辞める」と心に決めることです。

薄利多売を際に、狙う商品や、狙うターゲットが全く異なって来ます。

薄利多売を辞めると決めなければ、今まで通りの商品を取り扱い続けるので、薄利多売を抜け出すことは出来ません。

だから、絶対に薄利多売を抜け出すと心に決めて、今までの商品を捨てて「戻らない」と決める決意が必要なんですね。

高利益なものに特化する

薄利多売の商品と、高利益の商品は、商品の特徴が全く違います。

例えば、安くて上手いハンバーガーを求める人は、マクドナルドに行くだろうし、少し高くても良いから、良質なハンバーガーを食べたいという人は、サブウェイやモスバーガー良いくでしょう。

この様に、商品によって価格が違い、価格が違くなれば、利益率も当然変わります。

薄利多売を抜け出すには、まずは高利益な商品へ移行することです。

そして高利益な商品とは、ロングテール商品のこと。

薄利多売の場合、回転率が良いショートテール品だけど、利益が少ないという品を扱います。

そのショートテール品の逆は、回転率はあまりよくないけれど、利益率が高い商品のこと。

薄利多売を抜け出す為には、このロングテール品を扱うことが、大切になって来ます。

ボクも当初は利益率20%だったものの、ロングテール品にフォーカスを買えた途端に、利益率60%へと変えることが出来ました。

「ロングテール品だと、あまり売れず利益が入らないのでは?」と心配する方もいますが、実はそんなことはなく、ロングテール品の中でもきちんと見定めれば、ショートテールと変わらない早さで売れて行ってくれる物があります。

そう言ったところで差別化を図る。

それが薄利多売を抜け出す1つ目の方法です。

低価格帯の顧客を捨てる

先ほど、薄利多売の商品と、高利益の商品は、商品の特徴が全く違う、ということを言いました。

これは裏を返せば、薄利多売の商品を求めるお客を捨てる、ということを意味します。

捨てると表現すると少しトゲがありますが、相手にしないということです。

顧客には2つのニーズがあって、カンタンに言えば「こだわりがある人」「こだわりが無い人」

利益率が高くなる商品というのは、同じジャンルであっても「こだわりのある人」です。

そして薄利多売となるのは、総じて「こだわりの無い人」です。

例えば洋服を買いたい人が居たとして、「安くて着られれば良い」という人は、しまむらとかショッピングセンターで洋服を買うでしょう。

でも、ファッションにこだわりがある人は、「高くても良い物」、いわゆるブランド品を買うでしょう。

利益率の高い商品とは、この「こだわりの部分」にお金を払うので、利益率が高くなるのです。

逆にこだわりが無い人は、大企業などの会社に任せて、ボクたちは相手にしない、出来ないと役割分担することで、高利益なビジネスをすることが出来ます。

薄利多売な商品と、高利益な商品は、同じジャンルであっても同時に存在します。

でもそれは、全く異なった物なので、薄利多売を辞めたい、と願うのであれば、今扱っている商品から脱却して、高利益な物に取っ替えなくては行けません。

そのためにロングテール品であり、こだわりがある人をターゲットに仕入れて行くということが、高利益なビジネスをする上で大切なことになってくることだと思います。

終わりに

もらった質問への解答としては「薄利多売を抜け出すには、弱者が勝てる戦略を取りましょう。その為に高利益な商品にシフトして、薄利多売品を捨てることが大切です」

そんな風に解答すると思います。

ボクが利益率60%を超える転売をして来れたのは、この2つを意識したからだと思います。

薄利多売を抜け出したい方は、ぜひ参考にしてみてください。

当ブログに始めて訪れた方にオススメ記事

秘伝の"超絶"高利益せどりノウハウを無料プレゼント!




運営者プロフィール

名前:ちゃんこま(※実績)

経歴: 実家で営んでいる美容院が経営悪化により倒産し、父親が自己破産。大学生だった当時、学費が払えず大学を中退し、家族4人どん底生活へ。中退した後、あえなく就職し、工場勤務や営業など様々な労働地獄の波に呑まれる。

ブラック企業の会社員として、12時間以上働きながら始めた副業が、開始2ヶ月で23万円稼ぎだしサラリーマンの給料を超える。さらに4ヶ月目には月収30万円、その後も月収63万円と減ることはなく、サラリーマン時の約4倍の収入を得る。

これまでの経緯やノウハウを電子書籍化した結果、大手電子書籍掲載サイトにて、新着ランキングトップ10位入りの常連と化し、最高位2位を受賞。更に2017年4月にはAmazonに電子書籍を出版し、アマゾンランキング1位を2部門で受賞。見事2冠を達成し大きな反響を得る。

現在は独立しオウンドメディア運営、情報ビジネス、webマーケティング関連など様々な事業を展開。節税の為に法人化するか現在検討中。

会社に雇われなくとも,自由に生きて行ける」をモットーに、誰にも雇われない人生を送る。更に今後活躍が期待される注目株。

⇨詳しいプロフィールはこちら

シェアする

フォローする