Amazonランキング1位本を無料プレゼント!

せどりで返品リクエストが来た時の対処法は?不当な理由でも返品リクエストに対応しなければ行けないのか?


Amazonランキング1位本「僕の辞書から就職が消えた日」著者のちゃんこまです。

先日せどりの質問で返品リクエストに関する質問を頂いたので、ご紹介して、質問に答えて行きますね。その質問とは「先日せどりで売った商品が思っているのと違うので、返品リクエストを要求されました。理不尽な理由でも返品リクエストを受けないと行けないのでしょうか。」と言うものでした。

確かに絶対数は少ないですが、せどりをしていると返品リクエストを要求される事は、あるので致し方ないです。じゃあ、どこまで返品リクエストに応じるべきなのか、不当な返品リクエストにも答えなければ行けないのか。について質問に答えて行きますね。

アマゾンは購入者の方が強い

まず、質問で頂いた、思っていた商品とは違う。というのが不当な理由での返品リクエストに当たるか。って言うと、ヤフオクでは、返品リクエストに応じない人が多い理由ですが、せどりでアマゾンで販売している場合は、返品リクエストに応じないとダメだと思いますね。

これはせどりなどのアマゾンなどの規約なんですが、基本的に購入者は30日以内であれば、どんな理由でも返品リクエストをする事が出来るんです。新品とかを購入して、開封していれば、半額のみの返品リクエストで済むみたいなんですけど、要するに購入者保護の観点が強いのがアマゾンの性質です。

せどりをしている身としては、結構厳しい規約ですが、買う側も手元に届くまで、どんな商品状態か見れないので、この返品リクエストも致し方ないかなって感じはします。

不当な返品リクエスト

僕の場合、不当な返品リクエストとしてあったのが、商品を購入してから1ヶ月以上経った頃に、まだ商品が届いていないんですが。という返品リクエストがありました。

すぐさま、購入者に連絡して、発送日時と、発送場所など事細かく伝えたんですね。その商品ってメール便だったので、追跡番号などが無くって特定出来なかったんですが、明らかに返品リクエストが遅すぎるので、不当な返品リクエストだと思って。

こちらが凛とした対応を取ると、返品リクエストを引き下げてくれました。ま、これはレアなケースですが、基本的には、どんな理由であったとしても、返品リクエストに応じる様にしています。そっちの方がダメージが少ないし、めんどくさいので。

ただ返品リクエストをする際には、商品を送り届けてもらう事を条件に、確認出来次第返品リクエストに応じます。という文言が無いと、商品は購入者側に合って、お金だけ返金する事になってしまうので、しっかりとこちら側が返品リクエストをするのは忘れない様にしましょう。

この返品リクエストの答えとしては、アマゾンの性質上、立場は購入者側の方が強いので、返品リクエストにさっさと応じてしまって、めんどくさい事は避けた方が無難です。と言う答えですね。

P.S.

1000円が9800円に変わる仕入れ先、業界の約6倍以上の利益額を稼ぐ超高利益せどりのノウハウ、副業開始わずか2ヶ月で会社からの給料を超えたノウハウを伝えるメルマガを発行しています。

今だけAmazonランキング1位獲得、価格1000円の本が特典として、もれなくもらえます。

タダで見れるので、お気軽にご登録下さい。

メルマガ登録はこちら。極秘の超高利益せどりノウハウ本のプレゼント付き

Amazonランキング1位本を今だけ無料プレゼント!

当ブログに始めて訪れた方にオススメ記事

運営者プロフィール

名前:ちゃんこま(※実績)

経歴: 実家で営んでいる美容院が経営悪化により倒産し、父親が自己破産。大学生だった当時、学費が払えず大学を中退し、家族4人どん底生活へ。中退した後、あえなく就職し、工場勤務や営業など様々な労働地獄の波に呑まれる。

ブラック企業の会社員として、12時間以上働きながら始めた副業が、開始2ヶ月で23万円稼ぎだしサラリーマンの給料を超える。さらに4ヶ月目には月収30万円、その後も月収63万円と減ることはなく、サラリーマン時の約4倍の収入を得る。

これまでの経緯やノウハウを電子書籍化した結果、大手電子書籍掲載サイトにて、新着ランキングトップ10位入りの常連と化し、最高位2位を受賞。更に2017年4月にはAmazonに電子書籍を出版し、アマゾンランキング1位を2部門で受賞。見事2冠を達成し大きな反響を得る。

現在は独立しオウンドメディア運営、情報ビジネス、webマーケティング関連など様々な事業を展開。節税の為に法人化するか現在検討中。

会社に雇われなくとも,自由に生きて行ける」をモットーに、誰にも雇われない人生を送る。更に今後活躍が期待される注目株。

⇨詳しいプロフィールはこちら

シェアする

フォローする