秘伝の"超絶"高利益せどりノウハウを無料プレゼント!




自分に出来るか分からない。そんな不安をかき消す解消方法とは!


Amazonランキング1位本「僕の辞書から就職が消えた日」著者のちゃんこまです。

よく読者の方から頂く質問の中で、「自分に出来るか分からず不安です。私にも出来るでしょうか。」

そんな質問を頂きます。

ボクはネットを駆使して、低資金から起業するに至った訳ですが、おそらく副業とか、兼業とかで副収入を得たいけど、「ネットの知識も無いから自分に出来るか不安。」

その様に思って、質問して来てくれたんでしょう。

でもボクが思うのは、不安に思うのって、誰しもが感じるところであって、不安を解消することなんて出来ないってこと。

多分多くの人は「何かチャレンジする人は不安に思う気持ちを感じない」

または「不安に対する明確な解決方法を持っている」

そう思っているんだと思います。

でも決してそうじゃ無くて、ボクだって、誰だって何か新しいチャレンジをする場合は、失敗する確率がある訳で、失敗する確率が少しでもあるのなら、不安に感じます。

不安っていうのは、人間の防衛本能であって、誰しもが感じる感情です。

不安に思うことは自然なことで、そこで立ち止まるか、不安なままでも突き進むか。これがチャレンジする人と、諦めてしまう人の違いなんだと思います。

不安を感じない人なんていない

例えば、ボクがこのインターネットを活用して起業しようと思ったとき、もちろんネットの知識なんて皆無でした。

んで、1人でビジネスをやった経験も無いし、ビジネスを立ち上げる為に、少しのお金を使うのでさえ怖かった訳です。

仮に、不安を一切感じない人が、チャレンジできるとするのなら、ボクはチャレンジで機内側の人間で、立ち止まり進むことは出来なかったでしょう。

でもボクは、不安を感じなかった訳じゃなくって、不安を感じながらも突き進むことを選んだ、ということだけでした。

小額から始められると言っても、ビジネスですから多少は投資が必要です。

本当に初期の初期の頃は、わずか数百円の投資さえも「元が取れなかったらどうしよう」と不安に思った物でした。

月額サービスなんて怖くて手が出せた物じゃなくって、無料で申し込んで、無料の期間が終わるまえに、すぐさま解約するほどのチキンっぷり。

そんな状態のボクでさえ、今では副業が本業になって、様々なことに取り組んでチャレンジすることが出来ている訳です。

つまり、不安に対する解消方法を探すのじゃなく、不安を抱きながらも突き進めるように改善方法を探った方が、良いということだったと思います。

不安を抱きながらも突き進む為の改善方法

そんな失敗することが本当に不安だったボクですが、とある出来事がボクの「不安」との拭き合い方に大きな影響を与えてくれました。

それは友人たちと映画を見に行ったときのこと。

映画の上映時間がまで、間が空いてしまったので、ゲームセンターで時間をつぶすことに成りました。

何十年ぶりにゲームセンターにあるメダルゲームをやってみると、これが意外に面白い。

結構友人たちとのめり込んでいました。

ただボクの場合、損する=メダルが無くなるのを極端に怖がって、不安に思ってしまっていたので、ちまちまメダルを掛けて遊んでいたんです。

ちまちま、少ない枚数をかけてゲームをするもんだから、一向にメダルは増えて行きません。

1枚掛けて2枚増える。

3枚掛けて2枚損する。

ある歌の歌詞の中で「3歩進んで2歩下がる」

そんな歌詞が出て来ますが、ボクのメダルの増え方はまさにこの感じでした。

そしてある程度時間が経つと、ボクのメダルは無くなってしまったのでした。

ゲームセンターのなかで手持ち無沙汰になってしまったので、友人のそばに行きゲームをする姿を横で見ることにしました。

ボクが横でみている友人は、ある自動車関係の会社をやっている友人で、かなり成功している人物です。

その友人のメダルの数をみると「箱一杯に積んでいるコイン」が目に入って来ました。

どうやってゲームをしているんだろう?

そう思ったボクは、横で友人のプレイするメダルゲームをみていたんです。

すると、ボクのちまちまとした使い方ではなくって、かなりの枚数を「ドカッ」と使う強引なゲームの仕方でした。

その度胸の強さ。

それがメダルを多く持っていたい理由でした。

この時ボクは思ったんです。

「ちまちま進んでいても、得られる成果はちまちましたもの」

「大きな成功を得たいのなら、それなりのリスクを取ること」

「だから友人はコインをいっぱい持っているんだ。」

メダルゲームではありますが、仮に1枚掛けた状態で、倍率が10倍であっても、増えるのは9枚程度。

でもここぞというときに、100枚掛けていたのなら、1000枚に成って帰って来ます。

その差は、991枚の差。

もちろん、負ける確率が高いゲームで、ドバッと掛けることは危ないですが、それぐらいの心意気で不安と戦うことが大切なんだ。

そしてそれが、友人が自動車関係の会社で成功している1つの要因なんだ。

そう思いました。

ボクなりの不安解消方法

結局勝負事で、振り切れない人は、いずれ負けます。

損して得を取れ。

なんて言葉がありますが、損したくなくて恐れていれば、勝ちどきを見失い、必ず負けます。

ギャンブルの世界では、メンタルが命なんて言われますが、それは「冷静な判断ができない」ために起こります。

そして勝ちどきに勝負を仕掛けられない人は、大きく勝つことは出来ません。

「時には大胆であれ」

そんなことをこのゲームセンターでの出来事で感じたんですね。

確かに失敗するかもしれない。

けれど、最悪の状態を避けられているのであれば、失敗してもまたやり直せる。

逆に挑戦しなければ、絶対に勝ち得ない。

であるのなら、ボクは挑戦する方を選ぶ。

これがボクなりの不安の解消方法です。

それでも不安が消えず、不安を抱えながら突き進むことが出来ないのであれば、成功したい、チャレンジしたいと言う気持ちがないんだと思います。

それが自分自身の潜在的な判断だと思うので、すっぱり諦めてチャレンジしない方が、身の安全です。

ただ勘違いしないでほしいのは、何かにチャレンジしたり、トライする人は不安を全く感じないのではなく、不安との上手い付き合い方を熟知しているだけの話。

不安の明確な解消方法は、上手く付き合う方法を知るということ。

少し不安に思うから、「自分は向いていない」って言うことじゃありません。

「怖いし、上手くいくか分からないけど、頑張りたい」

そう思うのであれば、それは立派な勇気であり、不安の解消方法を熟知しているのと同じです。

やりたいことにむかって突き進んでみてください。

終わりに

「自分に出来るか分からず不安です。私にも出来るでしょうか。」

そんな質問を頂いた訳ですが、ボクなりの言葉をアドバイスとして渡すのであれば

「誰しもが皆初心者です。出来るか出来ないかではなくて、「やるかやらないか」で判断してみてはどうでしょうか」

そんな風に言うと思います。

怖ければ無理にやるもんじゃないし、やりたいならやれば良い。

各々自由だと思います。

でもいづれ皆、不安を持っています。

不安を抱きながら突き進めるか。これがポイントだと思いますね。

当ブログに始めて訪れた方にオススメ記事

秘伝の"超絶"高利益せどりノウハウを無料プレゼント!


運営者プロフィール

名前:ちゃんこま(※実績)

経歴: 実家で営んでいる美容院が経営悪化により倒産し、父親が自己破産。大学生だった当時、学費が払えず大学を中退し、家族4人どん底生活へ。中退した後、あえなく就職し、工場勤務や営業など様々な労働地獄の波に呑まれる。

ブラック企業の会社員として、12時間以上働きながら始めた副業が、開始2ヶ月で23万円稼ぎだしサラリーマンの給料を超える。さらに4ヶ月目には月収30万円、その後も月収63万円と減ることはなく、サラリーマン時の約4倍の収入を得る。

これまでの経緯やノウハウを電子書籍化した結果、大手電子書籍掲載サイトにて、新着ランキングトップ10位入りの常連と化し、最高位2位を受賞。更に2017年4月にはAmazonに電子書籍を出版し、アマゾンランキング1位を2部門で受賞。見事2冠を達成し大きな反響を得る。

現在は独立しオウンドメディア運営、情報ビジネス、webマーケティング関連など様々な事業を展開。節税の為に法人化するか現在検討中。

会社に雇われなくとも,自由に生きて行ける」をモットーに、誰にも雇われない人生を送る。更に今後活躍が期待される注目株。

⇨詳しいプロフィールはこちら

シェアする

フォローする