秘伝の"超絶"高利益せどりノウハウを無料プレゼント!


ネットで見かける「副業で月収1000万円」と唱う広告は果たして本当なのか?


期間限定で無料プレゼント中のAmazonランキング1位本「僕の辞書から就職が消えた日」著者のちゃんこまです。

先日社会人サッカーをしていて、クビを痛めました。

クビって本当に大事です。

痛めてからひしひしと感じていますね。

寝る時もずーっと痛いし、右向くにも左向くにもクビがぴーんと張る感覚があるので、むやみやたらに動かせない。

寝る時も寝返りがうてない。

本当に大変です。

クビは本当に大切にして下さい。

(お前が言うな!笑)

さて単刀直入ですが、ネットで目にする広告の中で、「副業でも月収1000万円稼いだ」とか「パソコン初心者でも開始4ヶ月で月収100万円稼いだ」とかって広告を良く目にすると思います。

それって本当にある事だと思いますか?

大半の人が「いやいやそんな訳ない」「ネットなんかの広告を信用出来るはず無い」なんて思っている人が大半だと思います。

でも、実際に副業等を唱う広告で言われている事って真実なんですよね。

厳密に言うと「真実半分、嘘半分」そんな所ですね。

広告を信用して、何か始めようとしていた。

ネットでの副業に取り組みたくって、広告での内容が気になっていた。

そんな方も多いと思いますので、ネットでのビジネスにある広告の真実に関して、パソコン1台で生活している専門家である僕が解説して行きます。

スマホだけで安全に稼げる副業サイトなんて無い事にそろそろ気付いてほしい。にも書きましたが、これから変な広告に騙されないでほしいので。

一昔前の広告の真実。

playground-1209277_640

そもそもネット副業に関する広告が嘘半分で、真実半分なのか。

この部分がこれからネット副業に取り組みたいと感じている人の一番の気になる所だと思います。

まずね。

一昔前の広告なら、嘘9割、真実1割の割合でした。

つまりちょっと前ならほとんどが嘘だったと言う事。

稼げもしない情報を流して、「本当に稼ぎたい」そう思う人を巧みに騙し高額塾に参加させたり、高額教材を売ったりして、儲ける変な業者が多かったんですね。

しかも広告で唱う「誰でも月収100万円達成!」なんて広告も嘘っぱちでしか無くって。

成果も出していない、結果も出せていないのに、あたかも成果や結果を出した様に振る舞うのが一昔前の広告のキャッチコピーでした。

それが今でも根付いているんで、ネット副業の広告は「なんだか怪しい」「詐欺っぽい」なんて思っている人が多いんですね。

これが今では嘘半分、真実半分の所まで、クリーンになって来ているというのが今のネットビジネス業界の真実です。

なぜ真実半分、嘘半分になったのか。

ace-1822701_640

じゃあなぜ副業を唱うネットビジネスの広告が、真実半分、嘘半分になったのか。

と言う事ですが、まず一つ目に健全化された理由は、広告を出すのが厳しくなったからと言うのが大きな理由ですね。

そもそもネットに副業広告を出す為には、GoogleまたはYahoo!に広告を申請して、許可が出ないと広告を出稿する事が出来ません。

誇大広告って言われていた昔の広告は審査が甘かったんで、どんな嘘な広告でもある程度出稿する事が出来たんですね。

だから嘘でもまかり通ったってこと。

だけど今では審査が厳しくなったので、嘘っぱちの情報やネットビジネスの怪しい情報なんてのは広告では流せ無くなったから、ネットビジネスでの健全化が進んだって訳です。

そりゃそうですよね。

Googleからすれば、嘘や詐欺がまかり通った広告がバンバン流れるウェブサイトを運営し続ける事は出来ないし、そんな事が続くのなら検索エンジンとしてGoogleを使うユーザーが減って行きます。

広告を出すGoogleからしてもWinWinじゃないんですよね。

だから規制を厳しくしたって訳。

これが一つ目の副業等の広告が本当の情報を流す様になった理由の一つ目です。

真実半分の部分の理由ですね。

もう一つ広告が真実味を帯び始めて来た理由は、ネットビジネスで稼ぐ大御所の方々がどんどんメディアに露出し始めて来ていると言うのが大きな理由です。

要するに下手な事は出来ないと言う事。

本も出している、テレビにも出ている。

そんな状況の人が嘘っぱちをつける状況ではないでしょうし、詐欺を働けば足がついているので一発でお陀仏です。

以前であれば、ネットと言う事で完全に匿名だったり、顔を隠して副業に取り組んでいる人が多かったのに対し、ネットビジネスとはいえ公に顔を公表したり、会社の場所を公言している人が増えて来ました。

これはネットビジネスの大御所の人が全てを公開してやっているのに、その下の人が公開せずにやっていては失礼だ。みたいな流れがネット副業の業界でも蔓延して来たので、皆に信頼してもらう為に出来上がったいい流れですね。

つまり顔や名前を公表する事で、一つの発言に責任感が出来て来たので、広告での真実味も本当の事しか言えない為上がったと言う事の証拠です。

広告の嘘半分とは。

childhood-1884281_640

広告の場所を提供する側(Google、Yahoo!)が厳しくなった。

広告を出稿する側の人たちがメディアに露出する様になった。

これらの理由から「副業でも月収100万円」とか「パソコン素人でも3ヶ月目に60万円」などの広告も、真実味が増えて来ていると言う事を解説して来ました。

だけど、そのうちの半分の嘘はどんな部分と言うところが気になる部分です。

当然ネットビジネス業界もクリーンになって来ているのは確かですが、まだ嘘パチだったり詐欺まがいな事がある事にはある。

そんなグレーゾーンな部分に関しても、全部打ち明けます。

ほとんどの人が言わないんで。そしてそんな変な広告や詐欺には引っかかってほしく無いんで。

じゃあその嘘の半分はなに?ってことですが、そもそも月収100万円とか月収1000万円って言う金額自体嘘でも何でもない真実の金額です。

ネットを使えば稼げない金額ではないです。

今日本では1人に1台のスマホを持っているという算出があります。

つまり1億人以上がネットを使って、情報を得たり、物を買ったりしていると言う事。

ネットでビジネスや副業をする様になれば、1億人がお客になり得ると言う事です。

でも、商店街の一室でビジネスをしているとなれば、その商店街を通る人たち以外はお客になりえないので、そもそも相手に出来るお客の数が全然違うのがネットでのビジネスです。

だから大企業もこぞってネットでの集客に力を入れていると言う事。

仮に1億人から1円だけ寄付してもらったとしても、月収で言うと1億円ですよね。

副業の広告等にある月収100万円の100倍の金額です。1000万円でも10倍の金額。1人1円だけでです。

それだけレバレッジが聞くのがネットと言う世界なんですよね。

だから広告にある様に月収100万円とか、1000万円なんて言うのはまぎれも無く本当に稼げる金額と言う事に間違いありません。

じゃあどの部分が嘘半分の部分なのか?

これは簡単ではないと言うのが嘘半分の部分で、ネットビジネスの真実の部分です。

確かにネットを使えば副業だろうが、広告にある通り、本当に月収で100万円なり1000万円なり稼げるビジネスモデル。

現に稼いでいて税金を払った証拠を提示している人もいますし。

でも真実の部分は、かなり労力が必要で、そこを隠しているので嘘半分と言う事なんです。

1億人から1円寄付してもらうだけで、月収1億円達成する事は出来ますが、1億人見てもらうサイトなりオウンドメディアを作るとなるとかなりの労力が必要になるのは当然の事。

それが月収100万だろうが、50万だろうが一緒です。

でもネットにある広告では苦労の部分は見せずに、「あたかも簡単にやりましたよ」って演出するので、嘘っぽく見えると言う事なんです。

だって楽したいのが人間だし、「苦労しましたけど月収30万円です」なんて広告を出してもあんまり反響は得られませんから。

嘘じゃないけどある程度誇張しているって言うのが本当の部分ですね。

テレビでもやらせなんて言うのが問題になったりしますが、やらせはダメでも台本は必ず存在します。

台本が無ければ番組自体グダグダになってしまいますから。

ネット副業の広告もこれと全く同じ。

やらせはダメだけど、台本は必要。そのあんばいが嘘半分と真実半分という広告の内容を表しているって感じなんですね。

だから副業の広告は全てが詐欺って言う事ではないし、全部が本当ってことも無いです。

その広告の真意をしっかりと見極めて、騙されない様にするって言うのが一番大事な事かと。

まとめ

ちょっと前のネットビジネス業界に比べれば、かなりクリーンかされたネットビジネス業界。

それは先人達がどうにかネット副業やネットでのビジネスのイメージを良くしたい。と言う想いから色々と取り組んできた結果だと思います。

それを「詐欺だから関わらない様にしよう」「稼げる訳ない」と思ってやらないのも個人の自由ですし、止める気もありません。

ネット副業の広告では、上手く大変だった部分や苦労した部分を隠して「あたかも簡単に出来た」かの様に言うのでその部分は誇大広告かなと思います。

ただ逆にネットと言う最高にレバレッジのかかるプラットフォームを使えば、「稼げない訳ない」と思うのが普通です。「簡単か大変か」は除いて、「出来るか出来ないか」で言えばです。

変な広告に騙されない様にするのはもちろんですが、「嘘と決めつけて」自分の可能性を期してしまうわない様にしたい物ですね。

副業からでも本当に稼げる広告も実際にありますから。

P.S.

12時間労働が当たり前のブラック企業に勤めながら、1日1〜2時間の副業時間で、せどり開始2ヶ月目は23万円、4ヶ月目には30万、その後も下がることなく月収65万円稼ぎ、独立するまでに至りました。

1000円が9800円に変わる仕入れ先、業界の約6倍以上の利益額を稼ぐ超高利益せどりのノウハウを伝えるメルマガを発行しています。

タダで見れるので、お気軽にご登録下さい。

今だけAmazonランキング1位獲得、価格1000円の【禁断】の超高利益せどりのノウハウをまとめた本が特典として、もれなくもらえます。

メルマガ登録はこちら。極秘の超高利益せどりノウハウ本のプレゼント付き

当ブログに始めて訪れた方にオススメ記事

秘伝の"超絶"高利益せどりノウハウを無料プレゼント!


運営者プロフィール

名前:ちゃんこま(※直近の月収+他ASPにて数万)

経歴: 実家で営んでいる美容院が経営悪化により倒産し、父親が自己破産。大学生だった当時、学費が払えず大学を中退し、家族4人どん底生活へ。中退した後、あえなく就職し、工場勤務や営業など様々な労働地獄の波に呑まれる。

ブラック企業の会社員として、12時間以上働きながら始めた副業が、開始2ヶ月で23万円稼ぎだしサラリーマンの給料を超える。さらに4ヶ月目には月収30万円、その後も月収63万円と減ることはなく、サラリーマン時の約4倍の収入を得る。

これまでの経緯やノウハウを電子書籍化した結果、大手電子書籍掲載サイトにて、新着ランキングトップ10位入りの常連と化し、最高位2位を受賞。更に2017年4月にはAmazonに電子書籍を出版し、アマゾンランキング1位を2部門で受賞。見事2冠を達成し大きな反響を得る。

現在は独立しオウンドメディア運営、情報ビジネス、webマーケティング関連など様々な事業を展開。節税の為に法人化するか現在検討中。

会社に雇われなくとも,自由に生きて行ける」をモットーに、誰にも雇われない人生を送る。更に今後活躍が期待される注目株。

⇨詳しいプロフィールはこちら

シェアする

フォローする