秘伝の"超絶"高利益せどりノウハウを無料プレゼント!




副業は秘密にした方がいい。バレたらクビとかそんな話じゃない。


期間限定で無料プレゼント中のAmazonランキング1位本「僕の辞書から就職が消えた日」著者のちゃんこまです。

大半の人が副業とは、だれにも言うことなく行なうもの。

その通りで、ボクは副業の存在を秘密にしておくべきだと思います。

だれかにベラベラと言うもんじゃない。

バレたらクビになるからでしょう?

そんな話じゃない。

また、バレないための確定申告の方法や、会社に秘密にしておく方法なんかは、他のサイトをみればごまんと転がっているので、そんなありきたりな方法を伝えたい訳じゃない。

そうではなく、根本的に副業の存在は秘密にしておくべきなんです。

副業=怪しい、とだれもが思うんだ。それが真っ当な副業でも

雑誌の裏側にある、札束の風呂に入ったおじさんが「このツボでお金持ちになりました。あなたもツボを買ってお金持ちになりましょう」

そんなおじさんをみたって、だれだって信じない。そして憧れない。

(あんなのだれが買うんだろう。)

しかし仮に、あなたの会社の同僚が「オレ副業をやっていて、めっちゃ稼いでるんだよね」

そう言って来たときどう思うか。

おそらく「怪しいことをしているんだろうな」

通常の感覚であればこう思うと思います。

そう。

普通の人は、副業で稼いでいる場合、あまりいい風には思ってくれないケースが大半です。

もちろんネットワークビジネスとか、マルチとかの怪しい副業であれば、論外。

怪しいと疑った側の勝利ですし、その疑いは正しいことになる。

ただ、真っ当な副業をしていて、きちんとした価値を提供して稼いでいるのにも関わらず、「怪しい」と思われてしまうのが副業と言う存在。

秘密を聞いた側からすれば、怪しい副業だろうが、全うな副業だろうが、耳に入る言葉は「副業」という言葉なので、後は受取側次第の判断となります。

怪しい副業、マルチ商法なんかは、そうやって淘汰されて行けばいい話ですが、きちんと価値を提供して稼いでいる人がいれば、それは可哀想で報われなさすぎる。

だから、副業はそもそも秘密にしておくべきで、だれかれ構わず言うものではない。

そう思うんです。

レイザーラモンHG一家を助けたもの

例えば、レイザーラモンHG。

レイザーラモンHGは誰もが知っている芸人で、「フォー!!」という芸で、一躍時の人になった芸人。

ただ、人気が下火になると、どんどんテレビのオファーがなくなり、一時は全く食えなくなったそうです。

収入は0円なのに、家族や子供がいる。

普通なら、一家の大黒柱のレイザーラモンHGの収入が0円になれば、家族もろともアウトです。

そんな家族の一大事のとき、奥さんが専業主婦という傍ら、美容グッズや女性もの商品をプロデュースする副業をすることで、臨時収入を作りました。

夫を助けるために、妻が副業をする。

そんなサポートを受けたレイザーラモンHGは、芸に専念できたおかげで、劇場に立つことができ、プロレスやモデルなどの新しい道を追求することができました。

仮にそのとき、奥さんが副業をしておらず、家族が大ピンチな状態だったなら、レイザーラモンHGはアルバイトをしてでも食いつないだでしょうし、そうなれば自分や家族の時間をもつことすら出来なかったでしょう。

ひいては、芸に費やす時間ももてなかったので、筋トレしてプロレスの仕事をもらうにいたらなかったでしょうし、モデルと言う新たな道を開拓することもなかったでしょう。

ある一家を奥さんが奮闘した副業が救った。

そういう家族なんだと思います。

これは有名人のケースなので、あれですがそんな真っ当な副業をしていて、家族や子供を救うために頑張っているのに、「副業」と聞いただけで「怪しい」と勘ぐられる。

そしてマルチや怪しい商法のビジネスと勘違いされてしまう。

これじゃあまりにも可哀想すぎるし、全うにお客さんに相対している人が報われない。

人間は足を引っ張る生き物

また、悲しいかな。

人間は本来、足を引っ張り合う生き物です。

人間はコンフォートゾーンの中で、常に行きていて、そのコンフォートゾーンを相手にも共有する生き物。

コンフォートゾーンとは、その人が居て、居心地がいい場所のこと。

身近な人や知っている人が、大幅にコンフォートゾーンを逸脱した場所に行ってしまうことを「遠くに言ってしまい、自分が惨めに感じる」ため、足を引っ張るように出来ています。

そして大きいのは、「足を引っ張ってる」と言う感覚は当の本人にはない。

これが一番罪深い。

例えば、子供が親に夢を語る。

サッカー選手になりたいと言う。野球選手になりたいと言う。

そして親はなりなさい。頑張りなさい。あなたの好きにことをしなさい。と言う。

そのために、「オレサッカー選手になりたいから、ブラジルに留学したい」

そう子供が言ったときに、果たして何人の親が賛成するだろう。

おそらく大半の親が「危ないから」といって反対すると思います。

これは親が自分のコンフォートゾーンを大幅に逸脱した場所へ、子供を行かせることに恐怖を抱くから止める行為です。

そして前出した通り、「親は子供のことを思って言っていると【思っているだけ】」

現実には、日本に居てサッカー選手のトップになることは不可能です。

海外にはサッカーの歴史が100年以上続いているのに対し、日本は1992年にJリーグが発足して歴史はわずか20年ちょっと。

100年後に日本がワールドカップを優勝しているかどうかさえ怪しいレベル。

子供が世界一上手いサッカー選手になりたいからと、ブラジルやヨーロッパにいくことは、「世界一になる」という夢に対して、至極真っ当な意見です。

しかし、「心配だから」と言う理由をもとに、子供を自分の遠くへ行かせない。

そうやって、知らぬ間に足を引っ張ってしまうのが、悲しいかな。人間の性質なんです。

孫正義は自分の意見を突き通したから成功した

仮に、あなたが副業で稼いでいるのであれば、「それ怪しいんじゃないの?」と言うでしょうし。

副業に夢中になりすぎて、本業でミスを犯してしまったとしたら、「副業に精を出しているから」と理由付けされるでしょう。

もし副業を秘密にしていたら、「ちょっと疲れているからだよ」と励ましてくれていた存在だったのに、です。

今では日本のメガベンチャー企業トップのソフトバンク。

その社長孫正義も、高校のときにアメリカに行くと言ったとき親に猛反対を食らっています。

「父が入院しているときに、親を見捨てて海外に行くの?」

そう母親から引き止められています。

しかし、住所無番地のトタン家で育った孫正義は「大人になってボクが両親のために稼いでくる。その為には今はアメリカに行く必要があるんだ」といって親を説得しました。

仮に、高校のとき孫正義がアメリカに行っていなかったら、昨今のソフトバンクは存在しないでしょう。

そして、あのレベルの経営者の親でさえも、足を引っ張ってしまう存在になり得るということ。

自分の願望や目標。

こういったのを人に話せ。そうすれば、自分を追い込むことが出来て、より頑張れるから。

そう言う人が多いですが、副業に関してボクはきっぱりと「秘密にしておくべき」

そう思います。

余計な的を増やしてもしょうがないですし、真っ当なビジネスをしているのに、避難されるのはかわいそう過ぎます。

いやむしろ、今後の会社員生活を考えた上で、「自分で稼ぐ力をつける」と見通せた素晴らしい考えの人なので、そのまま頑張ってほしい。

そう思います。

表に出て出しゃばることなく、裏の功労者として奮闘する。

それこそ素晴らしいじゃないですか。

副業は秘密にしておくべきだと思いますね。

終わりに

副業は原則秘密にしておくべきですが、結局のところ「自分の信じた道を突き進めるか」

ということだと思います。

世の中の人は、基本的なレールの上を歩いて欲しいと願うし、なるべくなら自分と同じであってほしい。

そんな中で同僚や後輩が、副業で稼いでいるなんて知ったら発狂ものです。

「なんで自分と違うことをしているんだ」と。

本来ボクたち人間は弱い生き物なので、宗谷って否定されるとどこか後ろめたさを感じる。

そうして後ろめたさを感じたら、絶対に突き進めなくなる。

そうなる前に予防しておくこと。だから秘密にすることで、他者から自分の貫きたい目標を守ることが出来る。

だれかから何かを言われたとしても、微動だにしないのであれば、強制することはないですが、原則秘密にしておいた方がいいと思いますね。

P.S.

12時間労働が当たり前のブラック企業に勤めながら、1日1〜2時間の副業時間で、せどり開始2ヶ月目は23万円、4ヶ月目には30万、その後も下がることなく月収65万円稼ぎ、独立するまでに至りました。

1000円が9800円に変わる仕入れ先、業界の約6倍以上の利益額を稼ぐ超高利益せどりのノウハウを伝えるメルマガを発行しています。

タダで見れるので、お気軽にご登録下さい。

今だけAmazonランキング1位獲得、価格1000円の【禁断】の超高利益せどりのノウハウをまとめた本が特典として、もれなくもらえます。

メルマガ登録はこちら。極秘の超高利益せどりノウハウ本のプレゼント付き

当ブログに始めて訪れた方にオススメ記事

秘伝の"超絶"高利益せどりノウハウを無料プレゼント!




運営者プロフィール

名前:ちゃんこま(※直近の月収+他ASPにて数万)

経歴: 実家で営んでいる美容院が経営悪化により倒産し、父親が自己破産。大学生だった当時、学費が払えず大学を中退し、家族4人どん底生活へ。中退した後、あえなく就職し、工場勤務や営業など様々な労働地獄の波に呑まれる。

ブラック企業の会社員として、12時間以上働きながら始めた副業が、開始2ヶ月で23万円稼ぎだしサラリーマンの給料を超える。さらに4ヶ月目には月収30万円、その後も月収63万円と減ることはなく、サラリーマン時の約4倍の収入を得る。

これまでの経緯やノウハウを電子書籍化した結果、大手電子書籍掲載サイトにて、新着ランキングトップ10位入りの常連と化し、最高位2位を受賞。更に2017年4月にはAmazonに電子書籍を出版し、アマゾンランキング1位を2部門で受賞。見事2冠を達成し大きな反響を得る。

現在は独立しオウンドメディア運営、情報ビジネス、webマーケティング関連など様々な事業を展開。節税の為に法人化するか現在検討中。

会社に雇われなくとも,自由に生きて行ける」をモットーに、誰にも雇われない人生を送る。更に今後活躍が期待される注目株。

⇨詳しいプロフィールはこちら

シェアする

フォローする