Amazonランキング1位本を無料プレゼント!

事実と解釈とは分けて考えなくては行けない


Amazonランキング1位本「僕の辞書から就職が消えた日」著者のちゃんこまです。

「事実」と「解釈」を混合に考えてしまう人がいます。

ヒトは思考が行動に移り変わる訳ですから、解釈が全く検討はずれであれば、見当違いな行動をとってしまいます。

ボクは裏で、有料のオンライン講座を進めている訳ですが、本来はそっちの方で伝えようと思った内容を今日はこっちお伝えしようかなと思います。

この1つの概念を知っておくだけで、相手が何を言いたいのか、その「心の奥」も見えるようになりますし、自分が本当は「物事」をどう捉えていたのかも分かるので、ぜひ覚えておいて、損はないと思ったからです。

その大切な概念とは、「事実は1つ、解釈は複数」ということ。

断られる事が怖く無くなった

どういうことか。

例えばボクが営業マンだったとき、こんな事がありました。

営業マンには、「断られる」ということが常につきまとい、ボクは断られた事がない営業マンを1人として知りません。

「断られる」という行為は、皆が思っている以上に辛く、何だか自分を拒絶されたように感じます。

学生時代に1人の女性に告白する事でさえ手に汗握り、ドキドキしながら伝えた物です。

それが営業マンとなれば、1日に何十人から断られる訳ですから、その辛さから、営業マンの離職率が高いのはうなずける事実です。

断られると一言に言っても、掛けられる言葉は違い、

「いらない」

「必要ない」

「邪魔」

様々な言葉が行き交う訳ですが、どれも心を傷つけるのに、容易い言葉でした。

そんなときに、ボクは「事実は1つで解釈は複数」という概念を知ることになります。

事実は1つで解釈は複数。

コレはどういう事か。

先ほどのボクの営業時代で言えば、お客さんの「その時は必要なかった」という事が1つの事実であって、それ以上でも以下でもありません。

でもボクは、その「必要ない」という事実を、「拒絶されている」と解釈していた。

「事実」と「解釈」を混合させて、「解釈」をあたかも、「事実」かの様に思っていた。ということでした。

例えば好きな女性に告白して振られるとします。

事実として残るのは、「振られた」という事だけです。

でも人によっては、

「自分はモテないんだ」

「自分は不細工なんだ」

そう解釈するヒトもいます。

でも1人の女性に振られたことと、自分は不細工であることとは、全くの無関係です。

その女性がただ単に「タイプ」ではなかっただけかもしれないし、今はパートナーが居たから振ったのかもしれない訳です。

また、仮に1度振られた事があるヒトは「不細工である」ということが事実なのだとしたら、キムタクも、福士蒼汰も、芸能人の大半が全て不細工という事になります。

つまり事実と解釈は全く異なり、何が事実で、その事実をどう解釈したのか。

これを知ることが、大切になってくるということです。

どう解釈をしようが、自分の勝手である

ボクが営業マンだった時、この概念を知れた事で、断られたお客さんにとっては必要なかっただけで、自分が不必要な人間であるということとは別関係なんだな。とめちゃくちゃ気持ちが楽になったのを覚えています。

これが事実と解釈を混合してはいけないということ。

さらに重要なのは、事実は変える事は出来ませんが解釈は自分の都合のいいように捉える事が可能だということ。

振られたヒトに取っては「不細工だから振られた」という解釈をする方が諦める理由になり、気持ちが楽になるから、その1つの解釈を選んだ訳です。

ただ一方で、「タイミングが悪かった」と解釈する事もでき本当の事実はそっちかもしれません。

解釈は複数有り、それをどう捉えるのかは自由なのです。

水というのも、H20という液体ですが、この水を、「生活用水」と捉えるか、「命の源」と捉えるかは自由です。

ボクたち日本人と、アフリカの人達とは解釈が違うのは当たり前です。

この事実と解釈を混合させては行けない。

ということなんです。

そして、コレはビジネスでも共通してくることです。

「自分はそう言う人間なんだ」こう思い込む事を「ラベリング」と言いますが、自分のいち解釈を事実だと思い込み、マイナスのラベリングを長年して行くと、本当にそう言う人物に
なっていきます。

決して不細工ではない女性が、「自分は不細工だから」と過去のトラウマから思い込むと、自然と恋愛に消極的になり、「モテない自分」を本当の自分と考えるようになります。

でも実際には、自分では、「不細工」といっている女性の大半が、全然不細工ではないことが、往々にしてあります。

それは全て、自分が張り付けたラベリングの効果です。

なぜ質問しただけで成功する人かどうかが分かるのか

よく成功者は、「その人がどんな質問をしてくるのかで、成功する人間かが分かる」

そんな事を耳にする事があります。

それは「この人が言っている本当の意味は?」

成功者は、質問の裏の意図を考えているので、どんな質問をしてくるかで、その人が成功に近しい人間かを判断する事が出来るということがロジックとして隠されています。

マイナスのラベリングをしている場合、その人のセルフイメージは極端に低いケースが多いので、ホメオスタシスの効果を考えると、成功へは程遠い事になります。

ボクもかなり多くの質問を毎日頂くので、どの段階にいて、どんなラベリングを貼り物事をどう捉えるクセがあるのか。

そんなことが徐々に分かってくるようになりました。

先日あったのは、システムの不具合で、普通のメルマガが真っ白な状態で送られてしまったそうでした。

事実としては、配信スタンドの不具合でした。

それに対して、「内容が真っ白なメルマガでした。あなたもガセですか?」

そんな問い合わせを頂きました。

ん?

どういうこと?w

と、一瞬思ったのですが、この方は、おそらく「あなたも」といっているところから、過去に何かあったのでしょう。

そして、手にした物で成功できなかった。

自分が「成長」する事よりも、「簡単に成功する事」を望んでいたのかもしれません。

でも出来なかった。

原因を自分では無く、他者に向けるようになり、他力本願でだれかが成功させてくれる。

そんな人を捜している。

その中で、送られてくるメルマガが、真っ白な内容でコイツも自分を成功させてくれないのかと落胆し「ガセですか?」と言葉にした。

事実は分かりませんが、かなりマイナスのラベリングを貼るクセが付いているのでしょう。

これは聞いた話なのですが、ある飛行機が機体トラブルになり、元いた場所に戻らないといけなくなったそうです。

その状況をキャビンアテンダントさんが申し訳無さそうに伝える時、ファーストクラスの人達は皆、「もう一日旅行できてよかったよ」そう言い返し、トラブルが起こったにもかかわらず、逆に感謝されたそうです。

同様にエコノミークラスの方達に伝えると、全く別の対応となったそうです。

驚く事に、CAさんは胸ぐらを掴まれ怒鳴られたそうです。

これはつまり、成功したから自分に取ってプラスの解釈が出来るようになったのではなく、プラスの解釈をして行った結果、成功して行った。

そんな違いだと思われます。

事実は「戻らなくては行けない」ということであり、それに対して、どう解釈するのも自由な訳ですから。

相手と対話するときに「この人は、客観的な事実を言っているのか」

それとも「あなたの解釈を事実として伝えて来ているのか」

この部分を意識するだけで、相手が本当に考えている、「本音の部分」が見えて来ます。

また、自分がイヤな事があったとき、「事実はなにで、どう解釈したのか」そう見返す事で、本当の自分を見つめる事が出来ます。

イヤなラベリング(解釈)をしていた場合、張り替えてしまえばいいので、人間関係は本当に楽になります。

ぜひ、事実と解釈を分けて、考えてみるようにしてみてください。

見えてる景色が変わってくると思います。

P.S.

1000円が9800円に変わる仕入れ先、業界の約6倍以上の利益額を稼ぐ超高利益せどりのノウハウ、副業開始わずか2ヶ月で会社からの給料を超えたノウハウを伝えるメルマガを発行しています。

今だけAmazonランキング1位獲得、価格1000円の本が特典として、もれなくもらえます。

タダで見れるので、お気軽にご登録下さい。

メルマガ登録はこちら。極秘の超高利益せどりノウハウ本のプレゼント付き

Amazonランキング1位本を今だけ無料プレゼント!

当ブログに始めて訪れた方にオススメ記事

運営者プロフィール

名前:ちゃんこま(※実績)

経歴: 実家で営んでいる美容院が経営悪化により倒産し、父親が自己破産。大学生だった当時、学費が払えず大学を中退し、家族4人どん底生活へ。中退した後、あえなく就職し、工場勤務や営業など様々な労働地獄の波に呑まれる。

ブラック企業の会社員として、12時間以上働きながら始めた副業が、開始2ヶ月で23万円稼ぎだしサラリーマンの給料を超える。さらに4ヶ月目には月収30万円、その後も月収63万円と減ることはなく、サラリーマン時の約4倍の収入を得る。

これまでの経緯やノウハウを電子書籍化した結果、大手電子書籍掲載サイトにて、新着ランキングトップ10位入りの常連と化し、最高位2位を受賞。更に2017年4月にはAmazonに電子書籍を出版し、アマゾンランキング1位を2部門で受賞。見事2冠を達成し大きな反響を得る。

現在は独立しオウンドメディア運営、情報ビジネス、webマーケティング関連など様々な事業を展開。節税の為に法人化するか現在検討中。

会社に雇われなくとも,自由に生きて行ける」をモットーに、誰にも雇われない人生を送る。更に今後活躍が期待される注目株。

⇨詳しいプロフィールはこちら

シェアする

フォローする