3度の自己破産依頼で自殺も考えた。だけど最後の努力をしようと思った。


Amazonランキング1位本「僕の辞書から就職が消えた日」著者のちゃんこまです。

ボクの読者の方で、「何度も自己破産寸前までいき、3度の自己破産依頼をした方いらっしゃいました。」

その方は、一家心中まで考えていたようで、何度も何度も自殺する事を考えていた様でした。

その証拠に、自殺サイトまで閲覧し、どうすれば楽に逝く事が出来るのかも、模索するほど追い込まれていた様でした。

実際にボクの両親も自己破産しました。

ギャンブルや酒癖が悪いとか、そういったことでは決してなくて、自営でやっていた美容室がこの不景気に飲まれ赤字が続き、とてもじゃないけど返せないほどの借金が募り、ボクが学生の頃に、自己破産するまでに至りました。

この方も、破産寸前を何度も味わい、実際に弁護士に依頼をして来たそうですが、破産さえ出来ない状態にまで追い込まれていた様でした。

そんな最中、ネットで色々と検索しているうちに、ボクのブログへと訪れてくれて、「ボクが借金まみれの家庭から、いかに這い上がったのか」を描いた書籍を手に取ってくれたようでした。

「自己破産さえ出来ない状態で、何度も自殺を考えた」

そんなtさんですが、書籍を読んだ最後には「本を読んで、私でももう一度頑張ろうと思わせていただきました。最後の人生だから最後の努力をします。」

以前のtさんでは考えられないような、前向きな言葉を頂きました。

現在自己破産を依頼するほど、苦しい状況下に居る。

そんな方へは、このtさんの心の心情が、きっと役に立つと思ったので、紹介しておこうと思います。

ーーー

■ちゃんこまのメルマガ、ブログ、書籍を知ったきっかけ

サイト検索でアマゾン一位で衝撃を受けました。

■「僕の辞書から就職が消えた日」を見た感想

私より辛い人生を、はねのけてきたので。しかも 成功へと。

私は2回の破産寸前まで行きましたが、に7年前死ぬことばかり一家無理心中を毎日考えてました。自殺サイトで死ぬ方法を聞いたりしてました。

そこで 死ぬなら法テラスに相談してからでだめなら死ねばと。

法テラスで70万だして依頼しました。だが弁護士達によって受けられないから、着手金以外を23万返すと断られました。

一年後警備のバイトでよるも働き生活費以外で50万貯金して、同じ破産知り合いの紹介で40万で依頼、破産しました。

しかし 夜勤や36連続仕事で2回の脳梗塞で緊急入院になりました。

それから底辺をさまよってましたが、再起したく頑張りたく検索しました。

そして貴方のブログを見て本を読ませていたきました。

破産した親を見ながら世を捨てずに負けないで頑張った姿を想像しました。

私でももう一度頑張ろうと思わせていただきました。

最後の人生だから最後の努力をします。

ーーー

書籍を読んでみたい方は、今だけ無料でプレゼントしていますので、興味がある方は受け取ってみてください。

P.S.

1000円が9800円に変わる仕入れ先、業界の約6倍以上の利益額を稼ぐ超高利益せどりのノウハウ、副業開始わずか2ヶ月で会社からの給料を超えたノウハウを伝えるメルマガを発行しています。

今だけAmazonランキング1位獲得、価格1000円の本が特典として、もれなくもらえます。

タダで見れるので、お気軽にご登録下さい。

メルマガ登録はこちら。極秘の超高利益せどりノウハウ本のプレゼント付き

当ブログに始めて訪れた方にオススメ記事

秘伝の"超絶"高利益せどりノウハウを無料プレゼント!




運営者プロフィール

名前:ちゃんこま(※実績)

経歴: 実家で営んでいる美容院が経営悪化により倒産し、父親が自己破産。大学生だった当時、学費が払えず大学を中退し、家族4人どん底生活へ。中退した後、あえなく就職し、工場勤務や営業など様々な労働地獄の波に呑まれる。

ブラック企業の会社員として、12時間以上働きながら始めた副業が、開始2ヶ月で23万円稼ぎだしサラリーマンの給料を超える。さらに4ヶ月目には月収30万円、その後も月収63万円と減ることはなく、サラリーマン時の約4倍の収入を得る。

これまでの経緯やノウハウを電子書籍化した結果、大手電子書籍掲載サイトにて、新着ランキングトップ10位入りの常連と化し、最高位2位を受賞。更に2017年4月にはAmazonに電子書籍を出版し、アマゾンランキング1位を2部門で受賞。見事2冠を達成し大きな反響を得る。

現在は独立しオウンドメディア運営、情報ビジネス、webマーケティング関連など様々な事業を展開。節税の為に法人化するか現在検討中。

会社に雇われなくとも,自由に生きて行ける」をモットーに、誰にも雇われない人生を送る。更に今後活躍が期待される注目株。

⇨詳しいプロフィールはこちら

シェアする

フォローする