秘伝の"超絶"高利益せどりノウハウを無料プレゼント!




上司との関係で悩んでいる部下へ。自慢話を聞くほど俺らは暇じゃねぇ


期間限定で無料プレゼント中のAmazonランキング1位本「僕の辞書から就職が消えた日」著者のちゃんこまです。

副業から始まったネットビジネスの生活で、大きく変わった1つのこと。

それは上司との付き合いでした。

先日ふと、ネットサーフィンをしてると、上司との関係で悩んでいる部下の記事を見かけました。

直属の上司は、仕事が出来るバリバリの営業マン。

仕事が出来ない部下に向かって、2時間以上も説教を垂れることがあるそう。

おそらく上司からすれば、後輩を思っての叱咤激励なのでしょうが、当の部下本人は、思う以上に追いつめてしまい、2時間以上の説教を食らっている感覚らしいのです。

ボクも映像関係で働いていたとき、1人の上司に大分お世話になりました。笑

映像業界の古きしきたり

今は結構パワハラなどが問題になり、そこまで手を出されたり、罵詈雑言を言われることはないのでしょうが、映像関係という少し特殊な世界だったため、古いしきたりが色濃く残る業界でした。

カチンコと呼ばれる、機材の角で叩かれることもあったし、(よーいスタート!の時に使うあれですね)

カチンコに書くシーンの番号が書き違えば、もう大惨事。

30人以上いる別の会社の人の前で、怒鳴られ恥をさらされます。

まあ何年も経験している人がミスれば責任は重いのかもしれませんが、その当時ボクは入って初めての現場。

右も左も、何も分からない状況でしたし、初めてのミスで、その状況でした。

当時はそれが当たり前と思っていましたが、ネットサーフィンで見かけた部下の心情が、スゴく分かる気がしたんですね。

またこれは映像関係の業界特有のものかもしれませんが(古いしきたりがずっと残っている業界なので)何やら弁当は、下っ端が一番最後に食べはじめ、一番最初に食べ終わらなくてはいけないのです。

上司やプロデューサー、ディレクターなど、お偉いさんは、大分涼しいところの日陰で休み、黙々と弁当を食べている中、皆に弁当を配り、ゴミ袋をセッティング。

その後、皆に弁当が渡ったことを確認した後5分とかそこらの休憩で全て食べ終える。

食べ終えた後、すぐさま、次のシーンの準備のため、体を動かし、休憩が終わりそうになると、皆に大声で呼びかける。

休む暇は全くありませんでした。

真夏の撮影のときにも水を飲むことさえ許されない謎の風習さえ残っていました。

口の中が乾いてくると、唇が乾燥しはじめますが、ボクは初めてでした。

「真夏に唇が乾燥したのは。」

そんなときは弁当さえ食べれずに、休憩時間になってようやく、水を2リットル流し込み、ようやく水分を補給できるほどでした。

そんな状況の中、朝5時に起きて、夜の終電までみっちりと撮影が続きます。

撮影には完成するまでの期間が決まっているので、一度撮影期間に入るとそんな生活が3ヶ月とか続きます。

そんな経験があるので、テレビで見るドラマのADさんには本当に頭が上がりません。

スゴいと思います。

その反面、もの凄い離職率を誇る業界です。

そこでもやっぱり、上司と部下との関係は色濃く残りました。

終電を過ぎ、いち早く帰って寝たいのに、飲みに連れて行かされ、その日の反省会。

上司からすれば、出来の悪い部下への叱咤激励なんでしょう。

ただ当の本人からすれば、日中からの罵詈雑言の延長線上でしかない。

(日中のうちに全て吐き出してくれ。)

行きたくも無い相手と、飲みたくも無い酒とをダブルパンチ。

いや、眠さを合わせれば、トリプルパンチでした。

まさにデンプシーロール。

そのまま寝ずに、深夜までの撮影が待っています。

またあるとき。

神戸に出張で行ったときにも、上記のような撮影で、心身ともに疲弊した状態から、必ず飲みに誘われました。

ホテルに帰って、ゆっくり休みたい時間を、全て上司のアドバイスと称した、当てつけのつまみにされる飲み会。

もちろん自分自身の出来がよければ言われることはないんでしょう。

もちろん出来がよく無かったのは、認めるべき反省点です。

しかし、その上司は、1度言ったことは分かるだろう。

という考え方の持ち主。

さらっと言ったことでさえ吸収して体現できるのが普通だそうです。

ボクはそんな天才じゃなく、まさしく非凡なので、「これで間違いないですか?」そう聞き返すと、「お前一回言って覚えてねぇのかよ」そう言われ返すのが常でした。

分からないままは進めないので、何度も確認していると、台本が頭に飛んでくることもありました。

そして夜の酒のおつまみとして、永遠説教が続きます。

俺らは上司のグチ聞きじゃねぇ

サラリーマンの場合、同期や上司。

こういった人間関係を選ぶことは出来ません。

今、「あの時は本当にキツかった」と昔を想い出して、浸ってしまいました。

友人には「覇気がないぞ」と心配され、何をやるにも楽しく無く、映像での業界が、ボクの人生の狭い枠組のように思えました。

そしてその枠組みからは決して逃げられないようにも思えました。

多くの人は上司からのプレッシャーや圧力、飲みニケーションなど、往々して我慢しながら勤めています。

本当にスゴいと思う。

ボクは耐えれそうに無かったから余計に感じます。

マジで「死なねぇかなぁ」って何度思ったことか。

でも結局、死ぬことを望んでいるだけで、全ては他人の力で、どうにか解決されることを望むだけ。

自分で切り開く勇気はありませんでした。

だからこそ、今回見かけた、上司のグチを聞く部下の記事が深く突き刺さりました。

ネットでのビジネスから起業したからといって特に生活がハデになった訳じゃなく、やっぱりラーメンが一番好き。笑

少しばかりリッチな生活が出来るほど余裕も生まれてますが、さして興味もわかない。

必要最低限のお金が稼げるようになって、特に収入を確認することもなくなりました。

(この間に久々に見てみたら、サラリーマン当時の4倍以上でした)

派手な生活をすることに楽しみは求めていないけど、「関係する人間関係を選べる」ことって
本当に幸せなことだったと、改めて感じました。

反骨精神というか。

この道でやってきてよかったなぁって。

最後に

「ボクは裕福な家庭で、ちゃんこまさんの様な境遇の人がいるなんて、驚きました。」

そんなメッセージをもらうこともあります。

なんでだろう。

結構こういう職場に当たりやすかったんだよなぁ。

(そういう体質なのか?または、引き寄せられてたのか?笑)

でもボク以上に、厳しい労働環境で働いている人からのメッセージも頂きます。頂いたのは、

上司から殴られ、目を腫らして帰ったら妻に心配されて泣かれました。

みたいなメッセージでした。

マジで胸が痛む。

そいつうぜぇよなぁ。

ぎゃふんと言わしたいよなぁ。

選べる人間関係のありがたみをヒシヒシと感じています。

豪華な暮らしとか、リッチな生活とか。

ネットビジネスの魅力って勘違いされがちですけど、本当の魅力ってこういうところだと思います。

P.S.

12時間労働が当たり前のブラック企業に勤めながら、1日1〜2時間の副業時間で、せどり開始2ヶ月目は23万円、4ヶ月目には30万、その後も下がることなく月収65万円稼ぎ、独立するまでに至りました。

1000円が9800円に変わる仕入れ先、業界の約6倍以上の利益額を稼ぐ超高利益せどりのノウハウを伝えるメルマガを発行しています。

タダで見れるので、お気軽にご登録下さい。

今だけAmazonランキング1位獲得、価格1000円の【禁断】の超高利益せどりのノウハウをまとめた本が特典として、もれなくもらえます。

メルマガ登録はこちら。極秘の超高利益せどりノウハウ本のプレゼント付き

当ブログに始めて訪れた方にオススメ記事

秘伝の"超絶"高利益せどりノウハウを無料プレゼント!




運営者プロフィール

名前:ちゃんこま(※直近の月収+他ASPにて数万)

経歴: 実家で営んでいる美容院が経営悪化により倒産し、父親が自己破産。大学生だった当時、学費が払えず大学を中退し、家族4人どん底生活へ。中退した後、あえなく就職し、工場勤務や営業など様々な労働地獄の波に呑まれる。

ブラック企業の会社員として、12時間以上働きながら始めた副業が、開始2ヶ月で23万円稼ぎだしサラリーマンの給料を超える。さらに4ヶ月目には月収30万円、その後も月収63万円と減ることはなく、サラリーマン時の約4倍の収入を得る。

これまでの経緯やノウハウを電子書籍化した結果、大手電子書籍掲載サイトにて、新着ランキングトップ10位入りの常連と化し、最高位2位を受賞。更に2017年4月にはAmazonに電子書籍を出版し、アマゾンランキング1位を2部門で受賞。見事2冠を達成し大きな反響を得る。

現在は独立しオウンドメディア運営、情報ビジネス、webマーケティング関連など様々な事業を展開。節税の為に法人化するか現在検討中。

会社に雇われなくとも,自由に生きて行ける」をモットーに、誰にも雇われない人生を送る。更に今後活躍が期待される注目株。

⇨詳しいプロフィールはこちら

シェアする

フォローする