アマゾンランキング1位本を無料プレゼント!

目の前の課題を解決するために、ボクが行なうたった2つのこと


Amazonランキング1位本「僕の辞書から就職が消えた日」著者のちゃんこまです。

(この記事は、2017年最後に送ったメルマガの内容となります)

今年が終わるまであと3日となりましたね。

おそらく今年送る最後のメルマガになることと思います。

2017年はどんな年だったか。

「微妙な年だった」

「良い年だった」

「なかなかステップアップ出来なかった」

様々な想いがあると思います。

年末になるとどうしても、「来年どうやってスタートダッシュを切るか」

ココにフォーカスされます。

ボクなりの良い年のまたぎ方。

それは、課題を明確にしておき、さらに改善策を具体的にしておくこと。

この2つだと思っています。

今年最後のメルマガだからこそ、きちんと来年のスタートを切れるように、その方法をお伝えしようと思います。

課題を明確にすることから、全てが始まる

まず【課題を明確にしておく】こと。

コレに関して言えば、人間は迷い悩み立ち止まると、「何に立ち止まっているか」よくわからなくなります。

さらに、人間は立ち向かう時、「姿形が分からないもの」に対しては、「どう対処したら良いのか分からない」ため、恐怖を抱くようになります。

コレを証明するために、小さな子供に対して、「幽霊ってどこにいると思う?」って聞いてみると良いと思います。

おそらく小さい子供は、「押し入れ」や「自分の後ろor上」「物陰」、「暗い夜道」

そんな答えが返ってくると思います。

そう。

この答えに共通しているのは、どの子供も「目に見える場所」を言う子供はいないということ。

どんなお子さんも、「目の前」っていう子供はほとんどいません。

いたら人志松本のゾッとする話にエントリーした方が良いと思います。笑

つまり、幽霊=目に見えない物は、目に見えないところに想像する。ということなんです。

裏を返せば、目に見えず、対処できないからこそ、余計に恐怖を感じる訳です。

でも目に見える相手や物であった場合、姿形が分かるので、指して恐怖は襲って来ません。

それは人間が、起こりえる事態の上限と下限を想像できるから。

想像できないからこそ、怖さという感情に移り変わるわけです。

物事は常にシンプルで、分かりづらくしているのは自分自身

よく「原点に立ち返れ」なんて言われるのは、物事は常にシンプルであり、原点にこそ、「何に立ち止まっているか」が明覚に示されていることが多いからです。

だからこそ、原点に立ち返って、「何をしたかったかを想い出して、何に立ち止まっているのか課題を明確にしろ」というために、原点に立ち返るというのが有力視されている理由です。

課題が明覚に分かるからこそ、「何に悩んでいるか」が分かりやすくなり、冷静に対処できるようになるということ。

具体的にした課題に対し、明確な解決策を講じること

そして次に、課題を明確にした後は、明覚にした課題の対策を具体的に立てること。

これが大切になります。

課題が分かったところで、解決策が分からなければ、そこに立ち往生した形と一緒。

前には進めていません。

ただ解決策が、分かっている状態であれば、前に進むための希望になることになります。

その証拠に面白い練習例をお伝えしたいと思います。

これはボクが学生時代、サッカーの、特別トレーニング招待生だったとき。

選ばれた人しか受けれないサッカーの特別トレーニングをこの時受けていました。

練習をしていると、上手くいく「コツ」みたいなのを掴むことがあることと思います。

コツを掴み始めると、上達するのが面白くなり、どんどん練習にのめり込みはじめます。

でもこの特別トレーニングでは、上手くいっている途中で必ず辞めさせます。

これはどんなに上手くいっていても。

それは上手くいった「コツ」を明日に持ち込むことで、上達する意識を、明日にも持続させるため。

多くのケースは、上手くいかなくなり、体が疲れたときに、練習をやめます。

でもそれで練習を終わらすと、「上手くいかなかった」ことが最後に残り、課題を残したまんま、その日が終わることになります。

すると翌日も、課題は残ったまんまなので、「ボンヤリ」とした気持ちで、翌日の練習も続く訳です。

それで上達するはずもありません。

漁師は魚を全て捕っては行けない

これはある漁師の話ですが、魚がめちゃくちゃ取れる領海で、素人の漁師は「魚を全部捕ってしまう」

でも本物の漁師は、めちゃくちゃ取れる領海であっても、必ず「一定の割合魚を残す」といいます

それは全部とってしまえば、次から全く魚は捕れなくなるが、一定の割合を毎回残しておけば、残った魚で繁殖し続けるので、その領海内では、半永久的に取れ続けられる。

そんな理由だそうです。

この漁師の話と、今回のサッカーの話は、同じ例えだと思います。

だから、翌年のために、具体的な解決策を嵩じて、その手法に「ワクワク」して迎える。

これが、最も大切な来年を迎えるための準備になるということなんです。

具体的な解決策が、自らで嵩じられなければ、教材に頼っても良いと思うし、だれかから聞いても良いと思います。

それも全て、自分の課題が明確だから解決策が嵩じれる訳ですから、やはりこの2つが来年のスタートダッシュを切るには、必須なんだと思います。

そう言う意味では、ボクが今年最後の企画で、募集したオンライン講座。

このCCSメンバーの方は、楽しみに来年を迎えられることと思います。

ぜひ期待しておいてください。

絶対に来年こそは。

そう願うのであれば、「自らの課題」「課題を解決するための具体案」

この2つを残り3日で、考えてみてください。

「今年の課題は今年のうちに」

「頭の大掃除も一緒にやってしまおう」

これが大切なことだと思います。

PS

2017年も残り3日。

そんなボクは最高な年でした。

今年に入って、毎月更新されて行く最高月収?

そんなことは既にどうでもよくって、年の最後に全てが決まる、というのを痛感した年末でした。

先日の12月26日。ボクの誕生日でした。

Facebookなどで、ご連絡くれた方は、本当にありがとうございます。

そんな誕生日は、銀座に行きました。

銀座と聞けば、必ず高級クラブ、キャバクラ。

そんなイメージがあると思います。

でも今回銀座に行ったのは、全く別の名目でした。

むしろ女性と話すために、お金を払う意味がボクには分からないし、ああいう欲望渦めいた場所は、居心地が悪いので、あまり興味がありません。

今回銀座に行ったのは、ある道を通りたかったから。

それが銀座に行った理由でした。

クリスマスは道も込むし、日曜日だったので、辞めにして、クリスマスが過ぎた誕生日当日にいざ銀座へ。

銀座には、ある有名な通りがあります。

それは「出世街道」

実際には出世街道という、道路の名前ではないのですが、その道のりが、「出世街道」という道の名前の由来になっています。

どういうことなのか。

いざ銀座につき、クルマを止めようと、駐車場を探していると、10分500円という暴利な駐車場を発見しました。

「ヤベェ」と友人たちと言い合いながら、脇の1時間2000円のところに止めることに。

(それでもやっぱ東京は高い。笑)

Googleで調べた道を進んで行くと、出世街道と呼ばれる、道のはじまりが、そこにはありました。

本当に人ひとりが進めるような道で、決してすれ違えないほどの狭さ。

こんな道が、大都会東京、ましてや銀座にあるのかと、驚きました。

少し進んで行くと、その道は徐々に末広がりになり、ようやく人ひとりが、すれ違えるほどの幅に。

さらに進んで行き、高架下を通ると、ようやくクルマが通れる、道路が見えて来ました。

銀座で美味しいパンを片手に友人と歩いて行くと、1車線だったクルマ道が、2車線に増えて行くんです。

ここまでずっと一本道。

(ちなみにパンはアップルパイでした。笑1個400円なのも銀座っぽい。笑)

東京タワーが脇目に見えて来て、日比谷公園を通り過ぎると、2車線だった道が、4車線に変わっているんです。

そして徐々に坂道を上がると、パッと目の前に見えて来たもの。

それが「国会議事堂」

そうなんです。

この出世街道は、本当に幅の狭い道から、広い道に一本道で繋がり、最後は国会議事堂に繋がる。

ということから、出世街道という名前がついているそうなんです。

コレをテレビで見た時、「行ってみたい!!」と思ったことから、今年の誕生日の日行って来ました。

そして国会議事堂を目の前に、坂道を上り切ったところで、誕生日を迎えました。

その後焼き肉を食べ、カラオケに行き、最高な誕生日を友人たちと過ごしました。

やっぱこうやって、好きな友人たちと好きなことで戯れる。

高級クラブなんかよりも、ボクはよっぽどこっちの方が性に合っているなと感じました。

(友人には感謝です)

最高な年の年末を終え。

自動化と言う明確な課題と、それを達成するための具体案。

コレを明覚に描けているので、来年も良い年をスタートできそうです。

P.S.

1000円が9800円に変わる仕入れ先、業界の約6倍以上の利益額を稼ぐ超高利益せどりのノウハウ、副業開始わずか2ヶ月で会社からの給料を超えたノウハウを伝えるメルマガを発行しています。

今だけAmazonランキング1位獲得、価格1000円の本が特典として、もれなくもらえます。

タダで見れるので、お気軽にご登録下さい。

メルマガ登録はこちら。極秘の超高利益せどりノウハウ本のプレゼント付き

当ブログに始めて訪れた方にオススメ記事


アマゾンランキング1位本を無料プレゼント!

運営者プロフィール

名前:ちゃんこま(※実績)

経歴: 実家で営んでいる美容院が経営悪化により倒産し、父親が自己破産。大学生だった当時、学費が払えず大学を中退し、家族4人どん底生活へ。中退した後、あえなく就職し、工場勤務や営業など様々な労働地獄の波に呑まれる。

ブラック企業の会社員として、12時間以上働きながら始めた副業が、開始2ヶ月で23万円稼ぎだしサラリーマンの給料を超える。さらに4ヶ月目には月収30万円、その後も月収63万円と減ることはなく、サラリーマン時の約4倍の収入を得る。

これまでの経緯やノウハウを電子書籍化した結果、大手電子書籍掲載サイトにて、新着ランキングトップ10位入りの常連と化し、最高位2位を受賞。更に2017年4月にはAmazonに電子書籍を出版し、アマゾンランキング1位を2部門で受賞。見事2冠を達成し大きな反響を得る。

現在は独立しオウンドメディア運営、情報ビジネス、webマーケティング関連など様々な事業を展開。節税の為に法人化するか現在検討中。

会社に雇われなくとも,自由に生きて行ける」をモットーに、誰にも雇われない人生を送る。更に今後活躍が期待される注目株。

⇨詳しいプロフィールはこちら

シェアする

フォローする