アマゾンランキング1位本を無料プレゼント!

過去は変えられないけど、未来は変えられる。←これ絶対違う。


Amazonランキング1位本「僕の辞書から就職が消えた日」著者のちゃんこまです。

よく、「過去は変えられないけど、未来は変えられる」

そんな言葉を聞く事があります。

過去は変えられない物だから、過去をクヨクヨ嘆くのではなく、未来のために頑張るんだ。

そんな指針を促したのが、この名言です。

でも、ボク自身は全く違うと思っていて、「未来は変えられないけど、過去は変えられる。」

これが正しいんだと思っています。

それを示すある出来事が、先日ありました。

イヤで仕方なかった場所へ行ってみた

どんな出来事だったかって言うと、先日ふと思い立ち、サラリーマン時代に、営業で回っている地域に行ってみようと思ったんです。

サラリーマン時代に勤めていた会社は東京にあり、東京からさらに1時間ほどの場所が営業で回っていた地域。

自宅から計算すると、片道2時間ほどかかる場所でした。

会社を辞めてから何年も月日が経ったので、想い出の地を巡るために、電車に乗ったのでした。

久しぶりに下りた、その営業の土地は、全く変わる事はなく、数年前のときに見た光景がそこには広がっていました。

何年ぶりかに訪れたので、懐かしさがこみ上げて来て、「ぶわっ」と、感動した感情がよみがえって来ました。

「めちゃくちゃ怒られた家」

「何回インターフォンを鳴らしても出てこなかった家」

「営業を回りたく無くて、サボっていたスーパー」

「疲れ果てて座り込んだ公園のベンチ」

意外と鮮明に覚えているもので、間違い探しをするように、懐かしさを噛み締めるように、営業で回った土地を巡っていました。

でも2時間ほど歩きながら、見て回った現在と過去とでは、全く違う視点で見ている事に気付いたんです。

ボクは感動していた

こうして営業で回っていたときと今見ている景色とで、全く違っていたのは、何年ぶりに見たその土地を、ボクは「感動しながら」見れたんですね。

「営業時代は断られるのがイヤで、ここでサボってたなぁ〜。」

「この家はお父さんが怖かったんだよなぁ〜。」

「ここって初めて契約したお客さん家だっ!!」

当時はイヤでイヤで仕方なくて、人が怖くも思えたこの場所も時が経って今見ていると全く違う景色に見えたんです。

さらに言えば、「あの時の経験が合ってよかったなぁ」とさえ思いながら、営業で回った土地を見て回りました。

確かに当時は辛くて辛くて仕方なかった。

お客さんに断られるのも、

足がパンパンになりながら歩くのも、

朝早起きして眠いながらに電車に乗るのも。

でも今になっては、「経験しておいてよかった」って。

何年ぶりに訪れたとき、そう思えたんです。

確かに、過去に合った事実は変えられない。

でも過去に合った事実への「解釈」は変えられる。

「今」が充実しているのなら、それは過去の経験が合ったからだと思える。

でも「今」が充実していないのなら、「過去の経験のせい」で「今」が充実していないと捉えられる。

今この瞬間に、何をやっているのか。

それがコレまでの道のりを示した、「過去」というものの捉え方を左右するんだ。

そう思った瞬間でした。

だから過去は変えられるんだ。って。

そしてこの会社を辞める時、ボクは「絶対に再就職はしない」と誓った。

これは会社に依存する事なく、1個人で生き抜いて行くことを示していました。

確かに、この時決めた想像からすれば、「想い通りには行かなかった」

間違った事もあるし、何度も失敗したし、予想していたよりも、時間はかかってしまった。

でも「決めた通りになった」

1個人で会社に依存する必要はなく好きに生きられるようになった。

これは「自分が選択した未来は変えられない」

つまり、自分が決めた通りに、必ずなるということ。

「想い通りには行かないけど、決めた通りになる」

これは当時お世話になった社長に言われた言葉だったけど、本当にその通りなんだと思いました。

学生時代にも同じ事が言えます。

学生だった当時。

学校に通う事が、イヤでイヤで仕方なかった。

面倒くさいし、授業は面白く無いし、先生は億劫だし。

でも卒業してから、時間が経ち、学生時代を振り返ると、「あのときは楽しかった」と
思い返せる。

未来は変えられないけど、過去は変えられる。

過去に合った事実は変わらないが、過去に合った事実への「解釈」は変えられる。

そして未来は想い通りにはならないが、必ず決めた通りになる。

それは諦めない限り。

つまり辛かった過去も、消したいトラウマも、この先何を決めて、どう行動して行くかで、全く違った過去に変える事が出来る訳です。

ボクが営業の土地に、再度訪れたとき、オセロでひっくり返るかの様に、真っ黒な記憶が、真っ白な「想い出」へと変わって見えました。

未来は変えられないけど、過去は変えられる

「過去は変えられないけど、未来は変えられる」

そうではなく、今まであなたが行なって来た全ての過去が、今この瞬間のためだったと思える未来が必ずやってくる。

そのとき、過去への解釈は全く違って見える。

だから「未来は変えられないけど、過去は変えられる」んだと思います。

ですから、どんな失敗をしていたって、どんな過ちを犯していたって、仮に今が上手くいってなくたって、全く関係ないんだと思います。

これから先何をして行くのかが大切な訳で、過去への清算が付いたときに、失敗も過ちも苦悩も全てが「想い出」に変わる訳ですから。

そんな事を感じた、トラウマの地への訪問でした。

P.S.

1000円が9800円に変わる仕入れ先、業界の約6倍以上の利益額を稼ぐ超高利益せどりのノウハウ、副業開始わずか2ヶ月で会社からの給料を超えたノウハウを伝えるメルマガを発行しています。

今だけAmazonランキング1位獲得、価格1000円の本が特典として、もれなくもらえます。

タダで見れるので、お気軽にご登録下さい。

メルマガ登録はこちら。極秘の超高利益せどりノウハウ本のプレゼント付き

当ブログに始めて訪れた方にオススメ記事

アマゾンランキング1位本を無料プレゼント!

運営者プロフィール

名前:ちゃんこま(※実績)

経歴: 実家で営んでいる美容院が経営悪化により倒産し、父親が自己破産。大学生だった当時、学費が払えず大学を中退し、家族4人どん底生活へ。中退した後、あえなく就職し、工場勤務や営業など様々な労働地獄の波に呑まれる。

ブラック企業の会社員として、12時間以上働きながら始めた副業が、開始2ヶ月で23万円稼ぎだしサラリーマンの給料を超える。さらに4ヶ月目には月収30万円、その後も月収63万円と減ることはなく、サラリーマン時の約4倍の収入を得る。

これまでの経緯やノウハウを電子書籍化した結果、大手電子書籍掲載サイトにて、新着ランキングトップ10位入りの常連と化し、最高位2位を受賞。更に2017年4月にはAmazonに電子書籍を出版し、アマゾンランキング1位を2部門で受賞。見事2冠を達成し大きな反響を得る。

現在は独立しオウンドメディア運営、情報ビジネス、webマーケティング関連など様々な事業を展開。節税の為に法人化するか現在検討中。

会社に雇われなくとも,自由に生きて行ける」をモットーに、誰にも雇われない人生を送る。更に今後活躍が期待される注目株。

⇨詳しいプロフィールはこちら

シェアする

フォローする