秘伝の"超絶"高利益せどりノウハウを無料プレゼント!


実践者が語る!稼げない副業と稼げる副業の最大の違いとは?


期間限定で無料プレゼント中のAmazonランキング1位本「僕の辞書から就職が消えた日」著者のちゃんこまです。

これから副業をはじめたい。

けれど、どれが稼げる副業で、何が稼げない副業なのか、いまいちぱっとしない。

ぼくが初心者の頃を思い返すと、「どれも一長一短で、何を信じれば良いか分からなかった」

それからネットでのビジネスを展開して来て、色んな視点が見れるようになって来た今、「稼げない副業と稼げる副業」の明確な違いが分かるようになって来ました。

これから何かしらの副業にトライしたいと思う初心者の方に、ぼくが初心者の頃は、なかなか知れなかったからこそ、本当に役に立つ「稼げる副業と稼げない副業」の明確な違いをお伝えしたいと思います。

稼げる副業と、稼げない副業の明確な違い

ネットには数々のネットビジネスといわれる副業の種類が点在しています。

せどりや、アフィリエイト、ドロップシッピング、輸入輸出転売、youtube、ポイントサイトや懸賞サイト、タイプライター。

それはもう上げればキリが無いぐらいの種類やノウハウが出回る昨今。

結論から「稼げる副業と、稼げない副業」との明確な違いは「お小遣い稼ぎ名目の副業」は稼げない。

「あるビジネスを副業」に据えるのなら稼げる。

この違いだと思っています。

これはそもそもの根本的な発送の問題です。

「お小遣い稼ぎ名目の副業」に集まる人は、潜在的に「少ない時間で、合間を縫って稼げること」を見つけようとします。

もちろんそれ自体人間の根源的欲求なので、悪い事ではありませんが、カンタンに言えば「楽をして稼ぐ」という層の人ばかり集まるので、結果的に副業として稼げない結果に終わることが、ぼくの周りを見てみても多いなと感じました。

一方で、「あるビジネスを副業に」

そう考えている人は、「今を楽にしよう」と言う考えではなく、「後に楽をしよう」という考えなので、目の前の困難をこれからの希望に捉えます。

「楽して稼ぐ」といった広告や文言で集まった層とは、全然考えが考えが違う。

これまで色んなネットでのビジネスモデルを拝見して来ましたが、実を言うと稼げない副業ってそうそうに存在しません。

モッピー,げん玉等、ポイントサイトは本当に稼げるのか。試した結果は?

コチラの記事にも書きましたが、よくネット広告で出回る「副業でカンタンに稼げる系」のポイントサイトや懸賞サイト。

これは残念ながら稼げない、稼ぎづらい副業だと思いますが。

ただビジネスモデルが成り立っていて、キャッシュポイントが明確なのであれば、副業本業問わず、ビジネスには変わりないので、稼げないはずはありません。

(無論稼げる金額への大なり小なりはありますが。)

なぜネットにはこれほどまでに、稼げない人が溢れるのか

どれもが稼げる副業でのビジネスモデルなら、なぜこれほどまでに「稼げない副業」が溢れるのか。

これはまぎれもなく「あるビジネスを副業に据えてやっているのか」

それとも「カンタンにお小遣いを稼ぐ為に、副業を探しているのか」

まさしくこれの違いでしかないと思います。

微妙なニュアンスの違いですが、大きな違う結果を及ぼす部分だと思っています。

例えば「スマホを1時間使うだけで月10万円稼ぐ方法」

そんな副業広告があったとします。

「お小遣いとして、すき間時間に副業をしたい人」にとってかなり魅力的なうたい文句でしょう。

でも、1時間で稼げなかった場合、「なんだ嘘かよ」

そう感じ、副業をすぐさま取りやめてしまいます。

一方で、個人間契約を結び、ある会社の商品を売れるようになるとします。

そして、もらった名簿に対して、電話をかけて営業活動を本業の合間にしていたといます。

契約してもらえれば、マージンを提携先の会社からもらえる。

これを本業の合間の1時間で営業活動する。

こんな副業をが有るか無いかは別にして、また個人の出来る出来ないは抜きにして、パッと見「営業力がある人がやれば、稼げそうだな」と思いませんか?

勘の良い人なら気付いたと思いますが、どちらも「スマホを1時間使うだけで月10万円稼ぐ方法」という謳い文句から成り立っています。

(実際にこんな副業があるかは別にして。)

そうなんです。

実は入り口は全く同じなんです。

同じ入り口から入ったのに、全く違う出口から出てくる。

これがネットの副業で稼げない人と稼げる人が如実に現れる原因です。

冒頭から何度も伝えている様に、「あるビジネスを副業に据えてやっているのか」

それとも「カンタンにお小遣いを稼ぐ為に、副業を探しているのか」

この考え、取り組む姿勢の違いから、異なる出口に出て来てしまう。

数々副業に取り組む人を見ていて、最も違うと感じた部分はここでした。

ネット副業で語られない裏の真実

さらにこのネット副業でややこしいことは、先ほどの「スマホを1時間使うだけで月10万円稼ぐ方法」を例題として出した時、後者の「電話で営業活動をして稼いだ人」は結果的にスマホだけで稼いだことに嘘はありません。

ここが事をややこしくしてしまう最大の原因なんです。

スマートフォンという1デバイスを見たときに、「便利な携帯電話」

そんな表現方法が一般的。

だけど、【ベゼルを極限までそぎ落とした「Infinity Display」、Galaxyスマートフォン初の人工知能「Bixby」などが主な特徴。日本時間2017年3月30日にSamsung Galaxy Unpacked 2017で発表され、同年4月21日にグローバル版が発売。】

こうスマートフォンを伝えても間違いではない。

(ちなみにギャラクシーのWikipedia参照です。)

つまり内容や出口に関わらず、入り口をカンタンに分かりやすく、伝えられてしまう上、それが間違いじゃないからこそ「気軽に取り組み始めて挫折してしまう」人が副業で稼げない大きな原因なんです。

実際にわずか1時間という時間であっても、サラリーマンの月収ほどを稼ぐ事は出来ます。(現に実現して来ました。)ネット言う遥かにレバレッジが効くこの世界では、さほどムズかしいことではありません。

ただ、何もないところから「1時間」で出来るか?といわれれば間違いなくノーです。

これまで膨大なインプットとそれを上回るアウトプットがあったからこそ、1時間という出口で稼げたという結果論。

これは大木を種から育てるのと似ていると思います。

土に種を植えて、水をこまめにやる。

そこで成長を見守り、大地に根がはった時、世話さえしなくてもグングンと大木へ成長して行く。

1時間で稼げたという出口はまさに、「大木へ成長した結果」ということでした。

とは言っても、雑草の種を植えても、雑草に成長せず、大木の種を植えない事には成長はあり得ません。

種とは副業で言う「ビジネスモデル」

きちんと副業に取り組むのなら、きちんとしたビジネスモデルに取り組む必要があります。

そしてきちんと腰を据えて副業に取り組みたいのなら、「あるビジネスを副業に据える」気概で取り組む事をおすすめします。

終わりに

今回はネットに出回る、細かな副業の種類を語らうよりも、もっと大切な「取り組む姿勢」を見直した方が良いな。と思い具体的な副業名は、あえて出しませんでした。

初心者時代を思い返すと「これが稼げるよ!」という副業名を出してもらった方が、分かりやすいし、どこかタメになって気がしてました。

ただそれは後々あまり意味のないものだと、気付かされる結果になりました。

何度も言うように、きちんとした気概で取り組めば稼げない副業なんてないし、逆に心構えがきちんとしている人がやれば、どんな副業でも稼げるんだと知れたからです。

だからあえて具体的な副業名は出しませんでした。

それでも何か稼ぎやすい副業として、名前を聞きたい方がいるとするならぼくは迷わず「せどり、転売」だと思います。

おそらくネットの副業で一番稼ぎやすいです。

P.S.

12時間労働が当たり前のブラック企業に勤めながら、1日1〜2時間の副業時間で、せどり開始2ヶ月目は23万円、4ヶ月目には30万、その後も下がることなく月収65万円稼ぎ、独立するまでに至りました。

1000円が9800円に変わる仕入れ先、業界の約6倍以上の利益額を稼ぐ超高利益せどりのノウハウを伝えるメルマガを発行しています。

タダで見れるので、お気軽にご登録下さい。

今だけAmazonランキング1位獲得、価格1000円の【禁断】の超高利益せどりのノウハウをまとめた本が特典として、もれなくもらえます。

メルマガ登録はこちら。極秘の超高利益せどりノウハウ本のプレゼント付き

当ブログに始めて訪れた方にオススメ記事

秘伝の"超絶"高利益せどりノウハウを無料プレゼント!


運営者プロフィール

名前:ちゃんこま(※直近の月収+他ASPにて数万)

経歴: 実家で営んでいる美容院が経営悪化により倒産し、父親が自己破産。大学生だった当時、学費が払えず大学を中退し、家族4人どん底生活へ。中退した後、あえなく就職し、工場勤務や営業など様々な労働地獄の波に呑まれる。

ブラック企業の会社員として、12時間以上働きながら始めた副業が、開始2ヶ月で23万円稼ぎだしサラリーマンの給料を超える。さらに4ヶ月目には月収30万円、その後も月収63万円と減ることはなく、サラリーマン時の約4倍の収入を得る。

これまでの経緯やノウハウを電子書籍化した結果、大手電子書籍掲載サイトにて、新着ランキングトップ10位入りの常連と化し、最高位2位を受賞。更に2017年4月にはAmazonに電子書籍を出版し、アマゾンランキング1位を2部門で受賞。見事2冠を達成し大きな反響を得る。

現在は独立しオウンドメディア運営、情報ビジネス、webマーケティング関連など様々な事業を展開。節税の為に法人化するか現在検討中。

会社に雇われなくとも,自由に生きて行ける」をモットーに、誰にも雇われない人生を送る。更に今後活躍が期待される注目株。

⇨詳しいプロフィールはこちら

シェアする

フォローする