Amazonランキング1位本を無料プレゼント!

せどりで稼ぎたいなら、絶対にロングテール商品は仕入れるな!その真意とは!?


Amazonランキング1位本「僕の辞書から就職が消えた日」著者のちゃんこまです。

今日もせどりで頂いた質問に答えて行きますね。質問が「せどりで3ヶ月くらいのスパンで見るロングテール商品は仕入れますか?利益率が高い商品と言えばロングテールと言うイメージがあるので、売れるまで時間のかかるロングテールの商品は仕入れた方が良いのでしょうか。」と言う質問を頂きました。

ロングテールと言う単語を知っていることを見ると、わりかしせどりに取り組んで結構長いのかな?って感じはしますが、ロングテールの商品を仕入れるか否か。と言う事の質問に答えて行きたいと思いますね。

ロングテールとは?

まずせどり初心者の方の為に、ロングテールってなに?と言うことをお伝えしておきますね。ロングテールというのは、何もせどりだけに使う用語ではなくって、ビジネスシーンで頻繁に使われる単語です。

ロングテールの意味としては、売れるまで時間が掛かる商品という意味として捉えておけば問題ないです。僕は大体2〜3日ほどでせどりで仕入れた商品を売り切るんですが、ロングテールの商品では、3ヶ月とか6ヶ月とかの長期間在庫として眠らせておいて、売るような商品です。

では売れるまで長期間掛かるロングテールの商品を仕入れるのか?って言うと、絶対に仕入れませんね。というのは、ロングテールの商品って売れるまでに時間がかかるんで、絶対的に、資金が枯渇して来ます。

1つとか2つとかなら、問題ないかもしれないけど、それが10個とか100個とかになってくると、売れないことが悪になってくるんですね。それの引き金になる可能性が高いし、仕入れる基準値ががくっとさがるので、僕は1つも仕入れてません。それよりも意識しているのは、売れるまでのスピード。

僕は利益率が高い商品を仕入れていますが、利益率が高いからと言って、売れるまでの期間を甘く見たことが無いです。むしろ利益率よりも回転率の方が大事だとすら思っています。だから3ヶ月とか6ヶ月なんて言語道断ですね。論外です。

最低1ヶ月以内に売れないのであれば、僕は仕入れません。例え仕入れ値が圧倒的に安かったとしても。だからロングテールの商品は仕入れないと言うのが結論です。

回転率の重要さ

で、ロングテールについての見解を言うと、回転率が良くって、利益率が50%〜60%超える商品なんてあるの?って思う方も居ると思うんですが、全然あります。回転率と利益率の両方を補うことは全然出来ます。

ロングテールの戦略って、資金が100万円とかある強者の戦略なんで、資金が少ない僕では出来なかったんですね。資金2万円とかからスタートしましたから。

そんな資金力しかなかったので、すぐに売らないと次ぎに仕入れることが出来ない。また利益率が良く無いと手元に利益が残らない。と言う事から、利益率と回転率、両方捨てられなかったんです。ロングテールとは全く逆だし、僕にはそもそも仕入れることが出来なかったと言う事。

だから、今の手法に至ったんですが、何度も言う様に利益率と回転率を両立させることは出来るし、資金が少ない僕はその手法しか出来なかったので、ロングテール商品を今でも仕入れることはありませんね。

P.S.

1000円が9800円に変わる仕入れ先、業界の約6倍以上の利益額を稼ぐ超高利益せどりのノウハウ、副業開始わずか2ヶ月で会社からの給料を超えたノウハウを伝えるメルマガを発行しています。

今だけAmazonランキング1位獲得、価格1000円の本が特典として、もれなくもらえます。

タダで見れるので、お気軽にご登録下さい。

メルマガ登録はこちら。極秘の超高利益せどりノウハウ本のプレゼント付き

Amazonランキング1位本を今だけ無料プレゼント!

当ブログに始めて訪れた方にオススメ記事

運営者プロフィール

名前:ちゃんこま(※実績)

経歴: 実家で営んでいる美容院が経営悪化により倒産し、父親が自己破産。大学生だった当時、学費が払えず大学を中退し、家族4人どん底生活へ。中退した後、あえなく就職し、工場勤務や営業など様々な労働地獄の波に呑まれる。

ブラック企業の会社員として、12時間以上働きながら始めた副業が、開始2ヶ月で23万円稼ぎだしサラリーマンの給料を超える。さらに4ヶ月目には月収30万円、その後も月収63万円と減ることはなく、サラリーマン時の約4倍の収入を得る。

これまでの経緯やノウハウを電子書籍化した結果、大手電子書籍掲載サイトにて、新着ランキングトップ10位入りの常連と化し、最高位2位を受賞。更に2017年4月にはAmazonに電子書籍を出版し、アマゾンランキング1位を2部門で受賞。見事2冠を達成し大きな反響を得る。

現在は独立しオウンドメディア運営、情報ビジネス、webマーケティング関連など様々な事業を展開。節税の為に法人化するか現在検討中。

会社に雇われなくとも,自由に生きて行ける」をモットーに、誰にも雇われない人生を送る。更に今後活躍が期待される注目株。

⇨詳しいプロフィールはこちら

シェアする

フォローする