秘伝の"超絶"高利益せどりノウハウを無料プレゼント!


「お金を稼ぐ事は悪い事」と言う人は、お金がなかったら存在してない。


期間限定で無料プレゼント中のAmazonランキング1位本「僕の辞書から就職が消えた日」著者のちゃんこまです。

「稼ぐ事に抵抗がある」

「物を売る事に後ろめたさがある」

たまにこういう事を言う人に出会います。

せどりで自分が安く仕入れているのに、他の人に高額で買ってもらう。

自分が稼ぎたいのは稼ぎたいんだけどその反面で、どこか損をしている人がいるんじゃないか。

もっと安く提供出来たのに、プレミアと言う理由から高く売ってしまい、物を売る事は、何か悪い事の様に感じる。

物を売る事に抵抗が合ったり、自分が稼ぐ事が誰かを踏み台にして上がって行く、と勘違いしている場合、

「稼ぐ事に抵抗がある」

「物を売る事は悪い事だ」

この様に、心のどこかで思ってしまう可能性が出て来ます。

僕の営業時代の話を、過去記事でお話ししましたが、営業時代の新人時代、僕はそう思っていた張本人でした。

お金を稼ぐ事=誰かから巻き上げる事

物を売る事=誰かの物を奪う事

自分としては、全く自覚はなかったけれど、心の奥底では、そう思っていたんです。

営業で売る事は悪。

お金を稼ぐ事は悪。

そう思っていては、当然営業でも、せどりでも、ネットビジネスでも結果を出す事は出来なかったと思います。

そんなある時、自分の考えが根本的に違っていた事を分からせてくれた記事を見つけました。

その記事には、僕と全く同じような悩みで、

「お金が欲しいと思う反面、お金を稼ぐ事は悪い事と思う自分も居ます。僕はどうしたらいいのでしょうか」

と言う質問をしていたんです。

この質問を見たときに、「同じ事を思っているのかも」そう直感で思いました。

そして営業で振るわなかったのは、これが原因かも、とそのとき思ったんですね。

「お金を稼ぐ事が悪い事」

この質問に対しての答えがとても見事だったんです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
解答

お金と言うのの成り立ちは金銭の交換をする事から始まりました。

ずっと昔の時代は、魚やお肉等の食料を取って来ても冷蔵庫等は無いためそのまま保存する事は出来ませんでした。

もちろん取って来た食料が腐らないうちに食べるのことは出来ないので、余った食料と服や雑貨と交換出来たら良いですよね。

そこから物物交換という文化が生まれ始めました。

ただ物々交換の良く無い所は、交換したい物の状態が悪くなって来てしまうと言う所。

またウシやブタなどをそのまま運ぶのは大変な所も物々交換の悪い所でした。

「じゃあ劣化しない物を作ってそれを変わりに交換しよう」

そこからお金と言う文化が生まれました。

最初は物々交換を楽にするために作られたお金ですが、お金を出す側と受け取る側というお金が身分を証明する様になって、知らない人と気兼ねなく交流する事も出来る様になって行きました。

(それまでは知らない人=自分の領土を荒らす人でしかなかった為)

この様にお金とは、知らない人と知らない人とを結ぶコミュニケーションツールになって、言語発達して、どんどん豊かになって行くきっかけを作ったものです。

お金が増えるまえの紀元前の時よりも遥かに豊かで物に溢れている幸せな現代に居られるのもお金がもたらせた結果です。

幸せを運ぶもの。

それが本来のお金の姿です。

現代では質素倹約で、お金は汚いものと言う印象が強いですが、お金が無ければそう言う事を言う人自体この世に生まれなかった可能性が高いんです。

だからお金を稼ぐ事は全然悪い事ではないですよ。

むしろお金を稼ぐ事とは、世の中に価値を提供した対価としてもらうのがお金なので、あなたは価値を世の中に残した証拠。

お金を稼いでいだあなたは遥かに社会的に貢献している人間と言う事です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

確かこんな感じのやり取りでした。

当時目から鱗で、本当に納得したのを覚えています。

僕自身、本当に目が悪いので裸眼では生活出来ないレベルです。

仮にメガネもコンタクトも無くて困っている所に、メガネを売ってくれる人が居たら、喜んでお金を払います。

また体毛が濃い事を本当に悩んでいる人がいるとして、その悩みを解決出来る除毛クリームなりカミソリなりがあったとしたら、売ってほしいと懇願するでしょう。

買った人も、それまで本当に悩んでいた悩みを解決出来るので満足してもらえるでしょう。

売る事とは、悩みを解決してあげる事。

その価値を世の中に提供する事。

そしてお金を稼ぐ事自体、決して奪う事ではないし悪い事でもなんでもないんです。

せどりに関しても全く同じです。

外に買いに行く暇がない。

ネットで買いたい。

そんな方に向けて、僕たちが時間を使い、買って届ける。

欲しい物だからこそ購入者は買っている訳だし、商品が届いた購入者は笑顔で届くまでの時間を待っています。

両者共に幸せですよね。

「何か悪い事をしている」

そう心のストッパーが引っかかっている場合、せどりで伸び悩むケースがあります。

だからこそ人に物を売る事も、お金を稼ぐ事も決して悪い事では無いんだよ。

と言う事を覚えておくと、副業でも全然変わってくると思います。

少しの勘違い、思い違いであらぬ結果を招きます。

【金持ち父さん貧乏父さん】マルチ商法なんか勧めていないから。あの本の本当の意味とは?

金持ち父さん貧乏父さんというベストセラー書がありますが、これまた変に勘違いされた例ですね。お金に関してめちゃくちゃ為になる事を、本当は書いてある書籍です。

ps

スクリーンショット 2017-02-08 21.56.58 スクリーンショット 2017-02-08 21.57.06

最近売れてくれた商品の一部ですが、2つで利益6000円ほど取れているので、結構美味しい商品でした。

利益率も70%以上を超えてくれましたし。

コンビニでは、必ずコーヒーを飲むんですが、その100円が3450円とかに変わってくれるので、ちょっとコーヒーを買うのに戸惑う今日この頃。

(100円なんてどうってことないですが。笑)

P.S.

12時間労働が当たり前のブラック企業に勤めながら、1日1〜2時間の副業時間で、せどり開始2ヶ月目は23万円、4ヶ月目には30万、その後も下がることなく月収65万円稼ぎ、独立するまでに至りました。

1000円が9800円に変わる仕入れ先、業界の約6倍以上の利益額を稼ぐ超高利益せどりのノウハウを伝えるメルマガを発行しています。

タダで見れるので、お気軽にご登録下さい。

今だけAmazonランキング1位獲得、価格1000円の【禁断】の超高利益せどりのノウハウをまとめた本が特典として、もれなくもらえます。

メルマガ登録はこちら。極秘の超高利益せどりノウハウ本のプレゼント付き

当ブログに始めて訪れた方にオススメ記事

秘伝の"超絶"高利益せどりノウハウを無料プレゼント!




運営者プロフィール

名前:ちゃんこま(※直近の月収+他ASPにて数万)

経歴: 実家で営んでいる美容院が経営悪化により倒産し、父親が自己破産。大学生だった当時、学費が払えず大学を中退し、家族4人どん底生活へ。中退した後、あえなく就職し、工場勤務や営業など様々な労働地獄の波に呑まれる。

ブラック企業の会社員として、12時間以上働きながら始めた副業が、開始2ヶ月で23万円稼ぎだしサラリーマンの給料を超える。さらに4ヶ月目には月収30万円、その後も月収63万円と減ることはなく、サラリーマン時の約4倍の収入を得る。

これまでの経緯やノウハウを電子書籍化した結果、大手電子書籍掲載サイトにて、新着ランキングトップ10位入りの常連と化し、最高位2位を受賞。更に2017年4月にはAmazonに電子書籍を出版し、アマゾンランキング1位を2部門で受賞。見事2冠を達成し大きな反響を得る。

現在は独立しオウンドメディア運営、情報ビジネス、webマーケティング関連など様々な事業を展開。節税の為に法人化するか現在検討中。

会社に雇われなくとも,自由に生きて行ける」をモットーに、誰にも雇われない人生を送る。更に今後活躍が期待される注目株。

⇨詳しいプロフィールはこちら

シェアする

フォローする