パソコンの知識が全くないけど、ネットを使って副業で稼げる?


Amazonランキング1位本「僕の辞書から就職が消えた日」著者のちゃんこまです。

先日読者の方から、「ネット関係の知識に疎くって、インターネットやパソコンの事は全く分かりません。そんな私でもネットで副業をする事は出来るのでしょうか。」

そんな質問を頂きました。

この疑問を抱いている人って結構多いと思います。

んで。

ボク自身も、インターネットを使ってビジネスをするのなら、ネットの知識は必要不可欠だと思っていましたし、その為にhtmlやcssに関する本を何冊か買った事もありました。

でも結局、htmlとかcssに関する本を買った後読んだか?って聞かれると全く読んでなくって、むしろ買ってから1回も最後まで読んだ事はありませんでした。

むしろ別関係の書籍がドンドン増えていきました。

それは、インターネットとかITとかとは、全然異なるジャンルでしたが、ボクはそっち後式の方がよっぽど大切だったと思っています。

ネットの知識なんてボクはほとんど知らない。

ボク自身、インターネットを活用したビジネスを副業から始めて、それがきっかけで独立する結果となった訳ですが、今でも尚、ネットの知識ってほとんどありません。

パソコンのスペックの詳しい話をされても、よく意味はわからないし、CPUがどうちゃらなんて言われても、ワッツハッペン?状態。

でも、ネットで稼ぐ事に関しては全く不便していません。

多くの人は、ネットでお金を稼ごうと思ったら、「最低限ネットの知識」を蓄えようとします。

HTMLを覚えたり、自分で1からサイトを作れるように勉強したり、デザインをこりに凝った物にする為、CSSを覚えようとしたり。

でも、結局それらのネットの知識って全く意味なんですよね。

冒頭に「ネット関連の書籍を買ったけど、1回も読んでいない」って言いましたが、まさしく「不必要な知識」でしかありませんでした。

これはもちろん「全く勉強しなくってもいいよ」って言いたい訳じゃなくって、「必要な最低限の知識だけ知っていればいいし、それよりももっと大切なことがある」

っていうことを意味しています。

実際にHTMLなんて物は、全てのタグを使いこなす訳じゃないし、必要なときに必要なタグを知れればいい話。

文字を太くしたいな、とか、下線を入れたいな、って要望が起きたときに、「どうすれば太文字に出来るんだろう?」って、調べれば、必要な知識は集まります。

それ以外に高度な知識やHTMLなんてもの、使う機会はほとんど来ないし、実際にサイトなんて物はワードプレスをインストールすれば、数秒で終わる。

1からHTMLを使って、サイトを作るなんて、今やどこの企業もやっていないし、ほとんどの企業がワードプレスを使っています。

CSSなんてデザインも、ヘッダーとかメニューバーとかで、装飾したい部分をピンポイントに調べた方が、遥かに「本当に必要な知識」を知ることが出来るし、そのほかのCSSなんて知識はほとんど使いません。

だから1回もパソコン関連の書籍は読んだ事なくっても、別にネット副業は出来るってことなんですよね。

ネットの知識本よりも、○○ジャンルの本が本棚に並んでいた

ボクはネット関連の書籍は1〜2冊しか本棚には並んでおらず、その数冊の本も、結局ほとんど中身をあける事はありませんでした。

その代わりに、全く違うジャンルの本が、ドンドン増えて行ったんですね。

それが「マーケティング」の書籍でした。

ボクはネットの知識を増やして、ITの分野に詳しくなるって言うよりも、断然「マーケティング」後式を増やす方が、よっぽど大切だし、より早く稼げるようになるって、今は確信しています。

多くの人は、「ネットで稼ぐには、ネットに詳しくならなくちゃ行けない。」

そう思い込みます。

でもそれって完璧に間違っていて、「ネットで稼ぐために、ネットに詳しくある必要ってほぼ皆無」です。

これと似ている勘違いをボクはサラリーマンの営業時代に経験した事がありました。

サラリーマン時代に気がついた、ほんとうに大切な知識とは?

ボクがサラリーマンだったころ。

数々の営業をしてきました。

不動産をやっていた事もあるし、ネット回線を扱っていたときもあるし、プロバイダーを扱っていたときもあって、とにかく色んな商品を売って来ました。

色んな物を売って来たんだけど、最初からなんでも売れたか?って言われるとそんな事無くって、不動産営業マンだった頃は全く売れませんでした。

その売れない新人時代の頃にずっと思っていたのは、「不動産に詳しくない自分から買う奴なんて居るんだろうか?」って言う事。

だから営業に取って一番大切なことは、売る物の知識。

つまり不動産に関して、だれよりも詳しくある事が、営業マンとして必須な事だ。って思っていたんです。

来る日も来る日も不動産の事を勉強して、不動産について猛勉強していました。

でも営業をしても、全く売れず。

お客さんは話さえ聞いてくれませんでした。

そんなドベ営業マンだったとあるとき、ボクの上司でトップセールスマンだった人に、物件に関して質問したときがありました。

「この物件って○○ですか?」

質問した内容は覚えていませんが、多少難しい内容で、不動産業界に長くいないと分からない質問を、ボクはトップセールスマンの上司に投げかけたら、驚きの解答が帰って来たんです。

「イヤ俺不動産詳しくないから、別の人に質問して!」

そんな風に帰って来ました。

、、、え?

不動産詳しくないのに、不動産売ってるの?

それで2年連続トップセールスマンなの?

ボクは衝撃でした。

すると、すぐさま、そのトップセールスマンの上司は、この先のボクがトップセールスマンになるために、大きなきっかけとなった一言をボクに投げかけました。

「営業に知識なんて必要ないんだよ。

性能や機能はパンフレットに全部載ってる。

そんな事を再度説明されても、お客さんは別になんのこっちゃないし、パンフレットを見た方が早い。

機械に聞いた方が早い。

そうじゃない部分をお客さんは知りたがってるんだよ。

使ってみた感覚。使った後どんな風に生活が変わるか。買う事によってどんな理想の生活に近づけるか。

そういう人間としての部分を知りたいんだよ。

商品の説明は機械やパンフレットに頼っておけばいい。

そんな事よりも営業マンは人間である事が大切なんだよ。」

本当に売れる営業マンは、どんな商品が来ても売り切ります。

商品の知識を貯えれば、物が売れるのであれば、1つの商品しか営業マンは売れないということになります。

でも、本物のセールスマンは、どんな物でも売る事が出来る。

それは、ヒトが「何を求めていて、何を知りたがっているか」をキャッチする「ヒト」であるからこそ、本当のセールスマンはなんでも売る事が出来る。

そんな事を知ってから、商品知識よりも、何よりも優先するべき事がある。と気付き、その後色んな物をボクは売って来たサラリーマン時代でした。

そしてその「売ること」基盤となるのが、ヒトの心理や感情であって、全ては「マーケティング」ということなんです。

だから、数冊買ったネットの本は、ボクはほとんど買った後読みませんでした。

それよりも、マーケティングやセールスの本は、本棚にびっしり増えて行きました。

でもその結果、ボクはインターネットというプラットフォームを利用して、独立するまでに至りました。

ネットで稼ぐ。ということは、ネットを相手にしている訳ではありません。

インターネットを通して、ネット越しに居る「ヒト」と相手をしている訳です。

だからネットの知識なんてのは2の次3の次で、本当にフォーカスを当てるべき部分は「ヒト」であり、マーケティングの知識なんです。

終わりに

だから冒頭に紹介した「ネット関係の知識に疎くって、インターネットやパソコンの事は全く分かりません。そんな私でもネットで副業をする事は出来るのでしょうか。」

そんな質問に解答して行くとしたら、

「全然問題ないと思いますし、分からない事は調べたら分かる事ばかりで、それこそが本当にあなたが必要としている知識です。

それよりももっと大切な知識はあるし、ネットで稼ぐと聞くとネットと相手をしている感覚になりがちですが、ネットというツールを使って「ヒト」と対話している、って考えると、別の知識が必須になる事が分かるかと思います。

別にネットで稼ぐからといって、ネットに詳しくある必要はありません。」

そんな風に解答すると思います。

それでは。

P.S.

1000円が9800円に変わる仕入れ先、業界の約6倍以上の利益額を稼ぐ超高利益せどりのノウハウ、副業開始わずか2ヶ月で会社からの給料を超えたノウハウを伝えるメルマガを発行しています。

今だけAmazonランキング1位獲得、価格1000円の本が特典として、もれなくもらえます。

タダで見れるので、お気軽にご登録下さい。

メルマガ登録はこちら。極秘の超高利益せどりノウハウ本のプレゼント付き

当ブログに始めて訪れた方にオススメ記事

秘伝の"超絶"高利益せどりノウハウを無料プレゼント!




運営者プロフィール

名前:ちゃんこま(※実績)

経歴: 実家で営んでいる美容院が経営悪化により倒産し、父親が自己破産。大学生だった当時、学費が払えず大学を中退し、家族4人どん底生活へ。中退した後、あえなく就職し、工場勤務や営業など様々な労働地獄の波に呑まれる。

ブラック企業の会社員として、12時間以上働きながら始めた副業が、開始2ヶ月で23万円稼ぎだしサラリーマンの給料を超える。さらに4ヶ月目には月収30万円、その後も月収63万円と減ることはなく、サラリーマン時の約4倍の収入を得る。

これまでの経緯やノウハウを電子書籍化した結果、大手電子書籍掲載サイトにて、新着ランキングトップ10位入りの常連と化し、最高位2位を受賞。更に2017年4月にはAmazonに電子書籍を出版し、アマゾンランキング1位を2部門で受賞。見事2冠を達成し大きな反響を得る。

現在は独立しオウンドメディア運営、情報ビジネス、webマーケティング関連など様々な事業を展開。節税の為に法人化するか現在検討中。

会社に雇われなくとも,自由に生きて行ける」をモットーに、誰にも雇われない人生を送る。更に今後活躍が期待される注目株。

⇨詳しいプロフィールはこちら

シェアする

フォローする