Amazonランキング1位本を無料プレゼント!

ネットビジネスでやる気が下がったときの効果的な対処法!


Amazonランキング1位本「僕の辞書から就職が消えた日」著者のちゃんこまです。

せどりやアフィリエイトなどのネットビジネスって、かなり孤独な作業だと思います。というのは、基本的に一人でやっている物なので、仲間がいなかったり、それを共感する人も居ないからですね。

そんな作業の繰り返しだと、ネットビジネスに対するやる気も無くなって来てしまって、本来の目的も忘れて来てしまいます。やりたいと思ったから、お金を稼ぎたいと思ったから、自分の意志で取り組んだのに、モチベーションが下がってしまったら、なかなか行動出来ないですよね。そんなときにちゃんこまがやっている、ネットビジネスのやる気の上げ方をご紹介します。

ひたすら成果を見る

なんか今日だるいなー。今日はやめとこうかー。自分が決めて始めたネットビジネスでも、毎日やる気にあふれている、なんて方が珍しいです。そんなときは上記の様な言葉が頭をよぎりますよね。

そんなときに私がやることとは、ひたすら成果を見ると言う事です。やっぱり一番やる気に直結するのは、ネットビジネスで得た成果を見たときだし、成功した時ですよね。しかも、このネットビジネスでは、成果がメールやパソコン上にすぐ反映されて、数字としてみれるので、分かりやすいのも効果的な部分です。

私の場合は、成果が発生したり、商品が売れたりした場合、メールで連絡が来る様になっています。気分が滅入ってたり、モチベーションが下がっているときでも、その成果連絡がくるだけで、やっぱりテンションが上がります。

今までやってきたことって無駄じゃなかった。とか、しっかりと結果に繋がっている。って再確認出来ますしね。やる気が落ちているときほど、そんな報酬画面を見まくります。また、モチベーションを上げるオススメの方法として、成果報酬のメール画面をお気に入りに登録しています。

お気に入りに登録しておけばいつでも、そのメールを確認出来るので、この報酬をもっと上げるぞ。とか、うれしかったときの感情が、またわき上がってくるので、テンションが上がるんですね。このお気に入りの登録をして、いつでも見れる状況にしておくというのは、かなり良いと思いますし、効果があると思います。

それでもモチベーションが上がらない

それでもモチベーションが上がらず、ネットビジネスに対するやる気が無くなって来てしまった。という方は、いっその事休んでしまった方が効果的です。私の場合は、やり始めて成果が上がると楽しくって、やる気がなくなる時はほとんどなかったのですが、一時からだがだるくて、モチベーションが全然上がりませんでした。

そんなときに何をやっても、全然動けず、いっそのこと休みました。原因は風邪だったのですが、モチベーションややる気が上がらない日は人間誰しもがあります。そんなときの対処法は、少し休憩してみるのも一つの手じゃないかなと思いますね。

P.S.

1000円が9800円に変わる仕入れ先、業界の約6倍以上の利益額を稼ぐ超高利益せどりのノウハウ、副業開始わずか2ヶ月で会社からの給料を超えたノウハウを伝えるメルマガを発行しています。

今だけAmazonランキング1位獲得、価格1000円の本が特典として、もれなくもらえます。

タダで見れるので、お気軽にご登録下さい。

メルマガ登録はこちら。極秘の超高利益せどりノウハウ本のプレゼント付き

Amazonランキング1位本を今だけ無料プレゼント!

当ブログに始めて訪れた方にオススメ記事

運営者プロフィール

名前:ちゃんこま(※実績)

経歴: 実家で営んでいる美容院が経営悪化により倒産し、父親が自己破産。大学生だった当時、学費が払えず大学を中退し、家族4人どん底生活へ。中退した後、あえなく就職し、工場勤務や営業など様々な労働地獄の波に呑まれる。

ブラック企業の会社員として、12時間以上働きながら始めた副業が、開始2ヶ月で23万円稼ぎだしサラリーマンの給料を超える。さらに4ヶ月目には月収30万円、その後も月収63万円と減ることはなく、サラリーマン時の約4倍の収入を得る。

これまでの経緯やノウハウを電子書籍化した結果、大手電子書籍掲載サイトにて、新着ランキングトップ10位入りの常連と化し、最高位2位を受賞。更に2017年4月にはAmazonに電子書籍を出版し、アマゾンランキング1位を2部門で受賞。見事2冠を達成し大きな反響を得る。

現在は独立しオウンドメディア運営、情報ビジネス、webマーケティング関連など様々な事業を展開。節税の為に法人化するか現在検討中。

会社に雇われなくとも,自由に生きて行ける」をモットーに、誰にも雇われない人生を送る。更に今後活躍が期待される注目株。

⇨詳しいプロフィールはこちら

シェアする

フォローする