秘伝の"超絶"高利益せどりノウハウを無料プレゼント!


サラリーマン時代の休日は、体を休める日と言う意味しか無かった。


期間限定で無料プレゼント中のAmazonランキング1位本「僕の辞書から就職が消えた日」著者のちゃんこまです。

先日パワースポットなる物に行ってきました。

きっかけは、友人と一緒に居て「暇だなぁ〜」と言う一言。

その友人も自分でビジネスをしているので、時間的にはかなり余裕があり、場所的にも自由です。

「確かになぁ〜」と僕自身もなったので、突如としてパワースポットに行く流れになりました。

地元ではある程度有名な山があるんですが、夜景がかなりキレイで、パワースポットと知っていたので、夕方5時ぐらいに車を飛ばしました。

1時間ほど時間をかけて行くと、辺りも暗くなって来ていて、一面、夜景がぶわーっと広がっていました。

車も豆粒ほど小さくて、一つ一つの小さな光がゆっくりと動いている。

国道を示す様に、光が道しるべを作っている。

山には街灯一つとしてないので、街の明かりが浮き上がって見えます。

そんな景色を山の頂上から見ていました。

「何か山って偉大だな」

そんな事を、良い大人が黄昏れて喋り合って、感慨深かったです。

その後2時間ほど、パワースポットで夜景に黄昏れて、山を下りる事に。

その道中に、「世界一まずいラーメン」と言う看板があり、友人達と爆笑していました。

どんなブランディングだよ!

何を基準に世界一まずいんだろう?

そんな会話で車内は持ち切り。

気がつくと、みんなして腹ぺこでした。

流石に世界一まずいラーメンに行く勇気はないよなぁ。

と意見が一致したので、こってり系のラーメンを食べました。

僕はラーメンがこの世で、一番と言っていいほど好きなので、ラーメンをたらふく堪能しました。

おそらくキャビアとか、トリュフとかの高級食材より、飛び抜けて上手いのがラーメンだと思います。

ラーメンとご飯のセットに勝てる物ってある?って本気で思ってますから。笑

弾丸の旅で、パワースポットに行く事しか決めてなかったので、突然また暇になってしまい、

近くをGoogleで見てみると、心霊スポットがある様でした。

普通の古民家に、顔のお面をずらっと並べた通称「仮面の家」。

面白そうと言う事で、友人達と一緒に行く事に。

いざ着いて仮面に家を見て見ると、普通の住宅街に、ポツンと立っている一軒家。

「なんだ普通だぞ?」

なんて言い合っていると、普通でも何でもない事に徐々に気付きます。

一軒家の庭に雑草や木々が生い茂る中、その木にはフライパンが吊るし上げられているんです。

しかも1個や2個ではなく、100個単位で。

その吊るされたフライパンの裏には、びっしりと民族の人が付けるお面の様な顔が描かれていました。

それが庭中にあるんです。

100個以上も。

また一軒家の庭にはプレハブがあります。

そのプレハブを見ていると、外側から見れる様に、壁一面に絵が立てかけられていました。

その絵も、小さい女の子が髪を腰ほどまでに伸ばし、青ざめた顔でこっちを見ている不気味な絵。

目も真っ赤で、生きた人間とは思えない様子。

友人一同、ゾッとしてすぐその場を立ち去りました。

【ふざけ半分で行く物じゃない】

そんな事を教訓に。

後々調べてみると、心霊スポットと言う訳ではなく、ただ単に絵描きの人が住んでいる家と言う事が後々判明するんですが、不気味な家である事は間違いありませんでした。

その後、近くの国道にある、アミューズメントパークの様な場所で、ダーツやビリヤード、トランプなどの遊びをして、その日は朝5時に解散。

「暇だなぁ〜」

そんな一言から、こんな事をやる1日になるとは思いませんでしたね。

僕がサラリーマンだった時代、唯一ある休日1日を使っても、出来ない日常だったと思います。

週6日ある仕事のうち、唯一ある休日は、体を休める事が仕事の様でした。

その1日ある休日は、アクティブに遊ぶ事も、友人と会う事も全て避けました。

避けたと言うか、遊びに行ける体力が1日の休日には無かった。

と言う表現の方が正しいかな。

唯一の休日は、体の疲れを取り、明日からの仕事の準備をする日。

と言うのがサラリーマン時代の休みの日の定義だった気がします。

だから休みと言う休みを取る事は出来なかった。

唯一ある休日は、休憩と言う言葉と同義語だった。

テレビや映画等によくある成功者の遊びみたいに、クルーザーに乗ったり、パーティーで掛けたりなんかの、遊びには今でも全く興味がないです。

それよりも、価値観の合う仲間と、くだらない事で笑い合える。

それだけで幸せな凡人です。

それさえも出来なかったサラリーマン時代ですが、自分でビジネスをやる様になった結果、
変哲の無い平日からでも、お腹を抱えるぐらい笑い合える日常を送る事が出来ている。

そんなくだらない日々や平凡な一日がとてつもなく幸せを感じます。

また最近では、カラオケがもっぱら趣味になりつつあります。

平日の昼間であれば、フリータイムで700円ほどで行けるし、費用対効果も高い。

僕たちの周りで、誰が一番カラオケの点数を取れるのかと言うよくわからないレースが流行っています。

小さい頃は、人前で歌ったり、何かを披露する度に赤面するほどの内弁慶でしたが、

何か出来ない事にトライする、という楽しみ以上の物はありません。

今までは行っても85点ぐらいで、普通ぐらいのレベルだったのに、ついこの間95点を取る事が出来ました。

そりゃ週3〜4日ぐらい行ってれば上手くなるだろ。

って感じですが、友人達よりも一歩リードです。笑

カラオケが出来たから何?って感じですが、好きな事に没頭出来る事ほど、僕の中で幸せな事はありません。

高級外車で、キレイな女性をはべらかすのも楽しいのかもしれませんが、僕はキャビアやトリュフなんかより、チキンライスで十分幸せを感じる貧民です。

元来の貧乏性と言う事かもしれませんが。

それでも、小さな事を幸せと思えるほど、楽しい事は無いなぁ〜ってパワースポットの夜景を見たときにしみじみ感じましたね。

サラリーマン時代の休日にさえあり得ない日常が、平凡な平日に送れる訳ですから。

P.S.

12時間労働が当たり前のブラック企業に勤めながら、1日1〜2時間の副業時間で、せどり開始2ヶ月目は23万円、4ヶ月目には30万、その後も下がることなく月収65万円稼ぎ、独立するまでに至りました。

1000円が9800円に変わる仕入れ先、業界の約6倍以上の利益額を稼ぐ超高利益せどりのノウハウを伝えるメルマガを発行しています。

タダで見れるので、お気軽にご登録下さい。

今だけAmazonランキング1位獲得、価格1000円の【禁断】の超高利益せどりのノウハウをまとめた本が特典として、もれなくもらえます。

メルマガ登録はこちら。極秘の超高利益せどりノウハウ本のプレゼント付き

当ブログに始めて訪れた方にオススメ記事

秘伝の"超絶"高利益せどりノウハウを無料プレゼント!




運営者プロフィール

名前:ちゃんこま(※直近の月収+他ASPにて数万)

経歴: 実家で営んでいる美容院が経営悪化により倒産し、父親が自己破産。大学生だった当時、学費が払えず大学を中退し、家族4人どん底生活へ。中退した後、あえなく就職し、工場勤務や営業など様々な労働地獄の波に呑まれる。

ブラック企業の会社員として、12時間以上働きながら始めた副業が、開始2ヶ月で23万円稼ぎだしサラリーマンの給料を超える。さらに4ヶ月目には月収30万円、その後も月収63万円と減ることはなく、サラリーマン時の約4倍の収入を得る。

これまでの経緯やノウハウを電子書籍化した結果、大手電子書籍掲載サイトにて、新着ランキングトップ10位入りの常連と化し、最高位2位を受賞。更に2017年4月にはAmazonに電子書籍を出版し、アマゾンランキング1位を2部門で受賞。見事2冠を達成し大きな反響を得る。

現在は独立しオウンドメディア運営、情報ビジネス、webマーケティング関連など様々な事業を展開。節税の為に法人化するか現在検討中。

会社に雇われなくとも,自由に生きて行ける」をモットーに、誰にも雇われない人生を送る。更に今後活躍が期待される注目株。

⇨詳しいプロフィールはこちら

シェアする

フォローする