秘伝の"超絶"高利益せどりノウハウを無料プレゼント!


僕はサラリーマンに向いていない人なんだと悟った。


期間限定で無料プレゼント中のAmazonランキング1位本「僕の辞書から就職が消えた日」著者のちゃんこまです。

さて、先日友人と海沿いを車で走っている時に、もっぱら話題になったのが、「俺らってサラリーマンに向いていないよな」と言う話題でした。

二人とも、独立して起業した物同士ですが、今振り返ると本当にサラリーマンに向いていなかった。

もしかしたら、今現在サラリーマンだけど、向いていないんじゃないか。

そう思う人もいるかもしれない。

だけど、向いていなくても全く不自由なく生きて行く事は出来る。

そんな事を伝えたいと思います。

サラリーマンで嫌だったこと

起業仲間とドライブ中の車内。

「何がサラリーマン生活で嫌いだった?」

そう聞き合うと、

そもそも定期的に、朝を起きる事が出来ない。

まぶたが重苦しい、あの感じがとても苦手。

やっぱり第一に出てくるのは、早起きの問題。

友人も、朝起きられなくて、ほとんど毎日かの様に、遅刻してたわ。

そう言う意味で言えば、マジでポンコツだったと思う。笑

なんて言っていました。

後、始業が9時開始なのに、8時頃には出社していなきゃ行けない。

っていうよくわからんルールさえ存在する。

これがマジで意味分かんないわな。と意気投合していました。

新人だったり、新入社員だったりすると、朝は先輩より早くて来てなくちゃ行けない。

でも、当然残業代は付かない。

ただ働きでしかない、無駄なあの時間。

朝の1時間がどんだけ大事か知ってんのか?って本当に聞きたくなるレベルでした。

僕自身は、サラリーマン時代、雇われている立場と言うのを理解していたつもりなので、会社から給料をもらうのであれば、言われた事は守る様な律儀な側面も。

ただ僕の友人は、思った事はバシッと言う性格なので、意味の分からない、始業前出社に関しては、全く守らなかったと言う、強固なメンタル。

そのおかげで、かなり怒られどやされたらしい。

地獄の通勤電車

また、サラリーマン生活で、欠かせないのは、「電車」

多分、ってかおそらくですが、電車通勤が無ければ、まだサラリーマンを続けてたかもなぁ〜って2%ぐらい思います。

それぐらいサラリーマン向いてない!!って思いを強固にした存在が通勤電車でした。

マジであれは残酷。

押して押されて、もみくちゃにされて、吹き飛ばされるは押し込まれるわで、正気の沙汰じゃねぇ。

友人には若干疑われましたが、通勤電車の朝。

新宿からJRに乗った時、ブザーが出発の合図を鳴らしているのに、溢れんばかりの人で、なかなか出発出来ずにいました。

既に僕は乗車していたのですが、どんどん人が流れ込んできて、人にもみくちゃにされた結果、最終的に体が浮きました。

「嘘だろー!!笑」

なんて疑われましたが、東京の電車ではあり得る話です。

それぐらいあり得ない乗車率と、サラリーマンとの密度。

その中でも、一番電車で驚いたのは、また新宿駅からJRに乗り継いだときの事。

ブザーが鳴っていて、まだ乗れていなかった僕は、階段を駆け下り、出発直前の電車に乗り込もうとしました。

なんとか出発までに間に合い、いざ乗ろうとすると、既にドアから溢れんばかりの人。

表面張力のおかげで、人が乗れてるんじゃないか?

って思えるほど、既に満員なんです。

んで、駅員に押し込まれて、やっとの想いで乗りました。

ただ、それからも、僕の後続の人達がドドッと入って来ます。

押し込まれて、前が見なくなり、気がついたら電車の中腹、つり革部分にいたんです。

分かります?

この驚愕さ。

もう僕が、乗り込もうとした時には、既にパンパンな状態で、普通なら乗り込む場所が無いレベル。

そこから押し込まれて、ようやく乗る事が出来たのに、そこから更に押し込まれて、入り口付近にいた僕が、つり革部分の中腹に、押し込まれていたんです。

「いや。もう入る所無いぞ?」

そんな状態から、何十人にも人が入ってくる。

スーパーなんかで、袋詰めのセールありますよね?

ビニールの袋に詰めたジャガイモは全部均一の値段みたいな。

んで、がめついおばあちゃんは、袋を無理矢理伸ばし、伸び切って、テロッテロな状態にしてジャガイモを詰めに詰める。

まさに人間がジャガイモ。袋が電車。

そんな状態でした。

ある意味これに耐えているサラリーマンって凄いなって。そしてそれに耐えられなかった俺たちってマジでサラリーマンに向いてないな。

そんな意見で一致しました。

死の残業宣告

また、僕なんかは、上司から言われた事をなかなか断れない性格にありました。

「今日残業2時間な」

なんて言われたりすれば、「はぁぁ。」なんて言いながら、受けちゃったりしていました。

ある意味評判とか、評価を裏切らない様に、他人の目を気にする性格でもあったんです。

その点、友人は破天荒で、ちょっと就業時間が遅くなれば、「もう帰ります」って言って、他人の目を気にする事無く、帰っていた様子。

ただ、現場に出向いた時、取引先の発注待ちで、車内で連絡を待たなければ行けないときががあったみたい。

現場は会社までも遠く、連絡を待ち作業をして、会社に帰り日報を出せば、優に3時間以上は残業になる。

それに耐えられなかった友人は、「すんません。もう上がります」「家には電車で帰るんでもう良いです」

そう言い残し、帰ったそうな。

すげぇ。。

絶対に僕なんて、言う勇気はなく、時間は残業しました。

間違いなく、「そいつはサラリーマンに向いていない。笑」そう言うと、

俺も向いていないと思う。我慢とか無理だったもん。

と帰って来ました。

彼は、エリートサラリーマンならぬ、エリートサラリーマン向いてないマンです。

社会不適合者が生きれる社会

多分ここまで聞けば、社会の歯車で上手く波長を合わせる事が出来なかった。

大衆が我慢しているルールを守れなかった。

いわゆる社会不適合者だと思います。

そんな人間が行き着く果てはニートかすねかじり。

親のすねをかじりすぎて、足ごともらってしまうほどの、サラリーマン耐性の無さでしょう。

それぐらいサラリーマンには向いていなかった。

だけど、僕も友人も、独立してわずか1人で、何も問題なく稼いでいます。

そしてその稼いだ額で、何不自由なく暮らせている。

僕の友人で、何浪もして博報堂に入った友人がいますが、その友人よりも、何倍ももらっている。

そんな彼はスーパーサラリーマンでしょう。

一方僕たちはスーパーサラリーマン向いてないマン。

それでも、生きれる時代。

起業が本当に身近になった時代。

そんな時代に生きて来れてマジでよかったなぁ。

そんな結論に友人と至りました。

マジで一昔前なら、終わっていた。。笑

自分の特性を活かせるのならそれが一番

でもね。

思うのは人間には向き不向きがあると言う事です。

手先が器用な人もいれば、不器用な人もいる。

口が達者な人もいれば、口べたな人もいる。

総じてそれは、個性です。

サラリーマンに向いている人は、続ければ良い。

サラリーマンに向いていない人は、起業やら副業やらで自分で稼げば良い。

それぞれの個性は人によって違って、無理に他人に合わせる必要は無い。

他人に合わせた瞬間に、それまで光輝いていた個性は全く光を放たなくなる。

そう言う事だと思います。

サラリーマンを続けたければ続ければ良いし、それに向いていれば、自ずと個性は出てくる。

向いていないのなら、無理にサラリーマンだけに固執する必要も無いし、副業からでも、今のプラットフォームなら、サラリーマンと同額の収入を作るのはさほど難しく無い。

サラリーマンでの収入が上回れば、辞めたって良いし、不安だからと言って、同時並行で続けるのでも良い。

別にサラリーマンという1つの道筋だけが生きる道ではありません。

個性を生かし、成功した例

芸人の厚切りジェイソンが芸人になるまえ、エリートサラリーマンでした。

ふと日本に来た際に、ザブングルの加藤を見た時、「芸人になりたい」と思う様になりました。

その事を直接、ザブングルの加藤に伝えると、「いやお前家族も居るやろ?大丈夫か?」

そう心配されたそうです。

でも外国人の厚切りジェイソンが不思議に思ったのは、「なんで日本人は、一方を取る時一方を捨てなくちゃいけないと思うんだ?」

「両方取ったら良いじゃないか?」

そう思ったらしいんです。

そして、芸人とサラリーマンとの二足のわらじを履きながら、芸人としてもブレイクするに至りました。

彼の場合、元々めちゃくちゃ頭がいいので、サラリーマンにも向いていて、結果を出していたようですが、それでもサラリーマンに固執する必要は無い事を体現した人物でした。

別にこれだって言う1つの道しかない訳ではないし、歩みたい道に行ったって良い。

そう思いますね。

向いていないのなら無理に我慢しながら続ける必要は無いし、自分が勝てるステージで戦うべきです。

それはサラリーマンであろうと一緒です。

自分を殺して他人の人生を生きるより、自分の人生を生きた方が、絶対楽しいでしょう?

終わりに

最後の芸人繋がりで千原ジュニアの本で、部屋と頭の中は、繋がっている。

そんな風に言う一文がありました。

部屋をキレイにすれば、頭も同様に整理されるようで、何か振られたときの返しとか、大喜利なんかでスッと出てくる。

だから、部屋を常にキレイにして、頭の中を整理整頓しておく。

まぁ、これは千原ジュニアの理論ですが、僕自身も「なんとなくそう思う」特に科学的な理論がある訳じゃないけど、ある意味納得です。

なんで、今日は朝から、部屋を掃除しました。

掃除する事で、頭の中がスッキリすると言うか、リフレッシュする。

そんな感覚があるんで、だらしない性格だから、定期的に掃除はしないとね。って事で。

P.S.

12時間労働が当たり前のブラック企業に勤めながら、1日1〜2時間の副業時間で、せどり開始2ヶ月目は23万円、4ヶ月目には30万、その後も下がることなく月収65万円稼ぎ、独立するまでに至りました。

1000円が9800円に変わる仕入れ先、業界の約6倍以上の利益額を稼ぐ超高利益せどりのノウハウを伝えるメルマガを発行しています。

タダで見れるので、お気軽にご登録下さい。

今だけAmazonランキング1位獲得、価格1000円の【禁断】の超高利益せどりのノウハウをまとめた本が特典として、もれなくもらえます。

メルマガ登録はこちら。極秘の超高利益せどりノウハウ本のプレゼント付き

当ブログに始めて訪れた方にオススメ記事

秘伝の"超絶"高利益せどりノウハウを無料プレゼント!




運営者プロフィール

名前:ちゃんこま(※直近の月収+他ASPにて数万)

経歴: 実家で営んでいる美容院が経営悪化により倒産し、父親が自己破産。大学生だった当時、学費が払えず大学を中退し、家族4人どん底生活へ。中退した後、あえなく就職し、工場勤務や営業など様々な労働地獄の波に呑まれる。

ブラック企業の会社員として、12時間以上働きながら始めた副業が、開始2ヶ月で23万円稼ぎだしサラリーマンの給料を超える。さらに4ヶ月目には月収30万円、その後も月収63万円と減ることはなく、サラリーマン時の約4倍の収入を得る。

これまでの経緯やノウハウを電子書籍化した結果、大手電子書籍掲載サイトにて、新着ランキングトップ10位入りの常連と化し、最高位2位を受賞。更に2017年4月にはAmazonに電子書籍を出版し、アマゾンランキング1位を2部門で受賞。見事2冠を達成し大きな反響を得る。

現在は独立しオウンドメディア運営、情報ビジネス、webマーケティング関連など様々な事業を展開。節税の為に法人化するか現在検討中。

会社に雇われなくとも,自由に生きて行ける」をモットーに、誰にも雇われない人生を送る。更に今後活躍が期待される注目株。

⇨詳しいプロフィールはこちら

シェアする

フォローする