秘伝の"超絶"高利益せどりノウハウを無料プレゼント!




たった一つのアドバイスで、せどりの売り上げをほぼ0円から5万円まで上げたSさんの話。


Amazonランキング1位本「僕の辞書から就職が消えた日」著者のちゃんこまです。

先日こんなお問い合わせを頂きました。

まず始めに5万でもいいので、結果を出すにはどうしたらいいですか?というご相談です。そこでアドバイスさせて頂いたのは、やはり「リサーチ量」これでしか有りません。もちろんも少し具体的な、リサーチする場所や、オススメの仕入れ場所などお伝えしたのですが、やっぱり一番大事になってくるのは、このリサーチ量しかないなと。


自分の基準値が全て

ぶっちゃけ、リサーチ量をあげるだけで、せどり5万円なんて到達します。これは断言出来ます。リサーチする場所も、もちろん大事ですし、仕入れの基準値も大事ですが、一番最初に大切なのは、リサーチ量です。せどりって、一人でやっていることが、ほとんどだと思いますので、自分での基準が全てです。

仕入れている人がどれくらいリサーチしているのかなんて比べることが出来ないですよね。仕入れが出来ている人の基準と、出来ていない人の基準とでは、絶対的に違います。仕入れが出来る人は、このくらいリサーチするのは当然だよね。と言う数も、仕入れが出来ない人からすれば、かなりの数かもしれないし、それぞれの当たり前が違うので、結果を出す人と結果が出ない人との違いが広がって行くんだと思います。


一つのアドバイスで5万円達成した実例

ですので、その方にアドバイスしたのは、基準値を明確にもうけて上げると言う事です。たったそれだけなのに、相談頂いたSさんは、売り上げですが52810円という金額まで上げることが出来ました。もちろん、せどりの知識が最初からあったり、素直で勉強熱心だった、と言う事もあるかもしれませんが、本当におめでとうございます。

小手先なノウハウや、技術的な側面はありますが、絶対的にせどりで結果の出ていない人に足りていないのが、このリサーチ量です。稼いでいる人も、少なからずリサーチして来た過去を積み重ねて来ています。

100発100中で、差額のある商品を見つけることは不可能ですし、リサーチして来た経験から、予測して、可能性の高い所をリサーチしているに過ぎません。それも全て、リサーチ量を膨大にやって来た経験があるから。

何も経験が無い段階で、100発100中を狙っても難しいですよね。それは皆さん承知だと思います。更にそこからもう一歩リサーチ量を増やすことが、せどりで5万円を達成する為に大事なことです。

やっぱりこれでしかないと思います。一回その基準値が出来てしまえば、後は楽に進めるので、もう一度リサーチ量を見直すこと。これを考えてみて下さい。

P.S.

12時間労働が当たり前のブラック企業に勤めながら、1日1〜2時間の副業時間で、せどり開始2ヶ月目は23万円、4ヶ月目には30万、その後も下がることなく月収65万円稼ぎ、独立するまでに至りました。

1000円が9800円に変わる仕入れ先、業界の約6倍以上の利益額を稼ぐ超高利益せどりのノウハウを伝えるメルマガを発行しています。

タダで見れるので、お気軽にご登録下さい。

今だけAmazonランキング1位獲得、価格1000円の【禁断】の超高利益せどりのノウハウをまとめた本が特典として、もれなくもらえます。

メルマガ登録はこちら。極秘の超高利益せどりノウハウ本のプレゼント付き

当ブログに始めて訪れた方にオススメ記事

秘伝の"超絶"高利益せどりノウハウを無料プレゼント!


運営者プロフィール

名前:ちゃんこま(※実績)

経歴: 実家で営んでいる美容院が経営悪化により倒産し、父親が自己破産。大学生だった当時、学費が払えず大学を中退し、家族4人どん底生活へ。中退した後、あえなく就職し、工場勤務や営業など様々な労働地獄の波に呑まれる。

ブラック企業の会社員として、12時間以上働きながら始めた副業が、開始2ヶ月で23万円稼ぎだしサラリーマンの給料を超える。さらに4ヶ月目には月収30万円、その後も月収63万円と減ることはなく、サラリーマン時の約4倍の収入を得る。

これまでの経緯やノウハウを電子書籍化した結果、大手電子書籍掲載サイトにて、新着ランキングトップ10位入りの常連と化し、最高位2位を受賞。更に2017年4月にはAmazonに電子書籍を出版し、アマゾンランキング1位を2部門で受賞。見事2冠を達成し大きな反響を得る。

現在は独立しオウンドメディア運営、情報ビジネス、webマーケティング関連など様々な事業を展開。節税の為に法人化するか現在検討中。

会社に雇われなくとも,自由に生きて行ける」をモットーに、誰にも雇われない人生を送る。更に今後活躍が期待される注目株。

⇨詳しいプロフィールはこちら

シェアする

フォローする