Amazonランキング1位本を無料プレゼント!

せどりでは、クレカが必須なのか?クレジットカードを使わずに稼ぐ方法とは?


Amazonランキング1位本「僕の辞書から就職が消えた日」著者のちゃんこまです。

今回もせどりの質問に答えて行きたいと思いますね。以前頂いた質問で、「せどりを始めたいのですが、クレカは必須でしょうか?」と言う質問を頂きました。クレカって言うのは、クレジットカードの事ですよね?

せどりでは、仕入れが大事なのは、初級者のせどらーなら、周知の事実とは思いますが、仕入れ資金が無いという人がクレカを使い、資金が無くてもせどりをする為に、クレカ仕入れで補っている事がほとんどです。

では、資金が無い。そしてクレカが無いと言う方は、せどりをする事が出来ないのか。また、せどりでクレカを使わずに仕入れる方法に関して質問に答えて行きたいと思います。

資金が要らないビジネスは無い

まずクレカの有無の質問に答えて行く前に、質問をくれた方がどれくらいの資金をせどりに使えるのかが気になります。そもそも、クレカも使えず、仕入れ資金も0円です。と言う事であれば、別のネットビジネスを始めた方が良さそうです。

これは少し厳しい言い方ですが、資金が0円で始められるビジネスって無いです。アフィリエイトなんかも資金が無く始められる様に感じますが、レンタルサーバーを借りたり、ドメインを取ったりするのに、必ず資金が掛かります。

せどりでは、仕入れと言う概念があるので、アフィリエイトより資金が掛かる反面、即金性が高いのですが、やっぱり資金が必須です。その為のクレカですから。0円と言う事なら少し厳しいと思います。

ただ、何万円と言う単位で資金が必要かと言えば、そうではありません。これがクレカ無しでの仕入れの答えになるのかなと思いますが、資金が少なく、クレカも使えない。と言う事なら、仕入れ資金を格段に安く抑える様に、仕入れましょう。

クレカを使わなくても、稼げる

クレカを使わず、仕入れ資金が低い商品では、大きな利益を取れないんじゃないか?って考える人も居ると思いますが、そうでもないです。と言うのは、僕自身もせどり開始当時、クレカを使えず、資金が少ない状態でした。

そこで、資金が少なくて、クレカを使わずにせどりするには、どうしたらいいのか?と言う事を考え、ジャンク品とか、格安の仕入れに目を付けたんですね。ジャンク品なので、最安で100円とかから買えます。

しかも、100円とかの商品が、5000円以上で売れたりするんですね。300円が5500円とか。だから仕入額が安いからと言って、高く売れないと言う事はあり得ないんです。またクレカが無い場合は、安い資金でも始められる物から始めると言うのが良いと思います。

補足ですが、クレカを使う用途として、僕が勘違いしていて、仕入れではなく、アマゾンだったり、何かに登録するときにクレカが必須ですか?と言う質問だったのなら、的違いですいません。その場合、クレカでなくても、デビットカードで申請出来る場合が多いので、デビットカードで試してみて下さい。

P.S.

1000円が9800円に変わる仕入れ先、業界の約6倍以上の利益額を稼ぐ超高利益せどりのノウハウ、副業開始わずか2ヶ月で会社からの給料を超えたノウハウを伝えるメルマガを発行しています。

今だけAmazonランキング1位獲得、価格1000円の本が特典として、もれなくもらえます。

タダで見れるので、お気軽にご登録下さい。

メルマガ登録はこちら。極秘の超高利益せどりノウハウ本のプレゼント付き

Amazonランキング1位本を今だけ無料プレゼント!

当ブログに始めて訪れた方にオススメ記事

運営者プロフィール

名前:ちゃんこま(※実績)

経歴: 実家で営んでいる美容院が経営悪化により倒産し、父親が自己破産。大学生だった当時、学費が払えず大学を中退し、家族4人どん底生活へ。中退した後、あえなく就職し、工場勤務や営業など様々な労働地獄の波に呑まれる。

ブラック企業の会社員として、12時間以上働きながら始めた副業が、開始2ヶ月で23万円稼ぎだしサラリーマンの給料を超える。さらに4ヶ月目には月収30万円、その後も月収63万円と減ることはなく、サラリーマン時の約4倍の収入を得る。

これまでの経緯やノウハウを電子書籍化した結果、大手電子書籍掲載サイトにて、新着ランキングトップ10位入りの常連と化し、最高位2位を受賞。更に2017年4月にはAmazonに電子書籍を出版し、アマゾンランキング1位を2部門で受賞。見事2冠を達成し大きな反響を得る。

現在は独立しオウンドメディア運営、情報ビジネス、webマーケティング関連など様々な事業を展開。節税の為に法人化するか現在検討中。

会社に雇われなくとも,自由に生きて行ける」をモットーに、誰にも雇われない人生を送る。更に今後活躍が期待される注目株。

⇨詳しいプロフィールはこちら

シェアする

フォローする