秘伝の"超絶"高利益せどりノウハウを無料プレゼント!


せどりは会社にバレるからやめておけって本当?


Amazonランキング1位本「僕の辞書から就職が消えた日」著者のちゃんこまです。

今日もせどりの質問に答えて行きたいと思います。そこで頂いた質問が「こんにちは。ちゃんこまさん。僕はせどりを副業で取り組みたいと思っているのですが、会社は副業が禁止なので、会社にバレずに取り組もうと思っています。しかし、せどりは会社にバレる可能性がある。との事を耳にしたのですが、どうしたらいいでしょうか」と言う質問でした。

副業禁止の会社って結構多いですよね。当然せどりの収入が、本業を上回ってない段階で、会社にバレて、会社をクビになったら、元も子もないですし、リスクが大きいですよね。実際にせどりでは、会社にバレる心配性があるのか。に関しての質問に答えて行きます。

せどりが会社にバレる可能性

まず、最初に結論から言えば、せどりが会社にバレる心配は、限りなく0に近いです。せどりや転売で使われるサイトと言えば、ヤフオクかアマゾンですよね。

ヤフオクとアマゾンでは、会社にバレるリスクとしてどっちの方が大きいと思いますか?おそらく個人名を出す事が多いのは、ヤフオクの方なので、ヤフオクで転売している人は多少なり、会社にバレる可能性があるかもしれません。

でも、それも限りなく0に近い。何千万人と言う人数が、日々ヤフオクでやり取りしているので、その中の一つの商品を会社関係者が見る可能性ってほとんどないです。仮に会社にバレたとしたら、かなりまぐれに近いぐらいの確立ですね。

もう一方のアマゾンですが、こちらでは、屋号を設定するので、個人名を出す事はありません。となると、自分の名前を表に出す必要も無いので、誰がやっているのか、外目には分からないんです。となると、会社にバレようがない。

また、アマゾンでも膨大な取引量があるので、その中の1つが会社関係者が買う確立って何%?ってことです。多分ですけど、事故して死ぬ確立の方が高いんじゃないかな。って感じかと。で,さっきも言った様に、屋号表記なので、会社にバレようが無い。

またFBAというアマゾン出荷代行サービスもありますので、余計、会社からは分かりません。

ほかのネットビジネスが会社にバレる可能性

ネットビジネスには、せどりや転売と言うほかに、アフィリエイトとか、ドロップシッピングみたいなのもありますが、一番会社にバレやすいのはメルマガアフィリエイトかなと。やっぱり公に公表してこそ稼げるのが、メルマガアフィリエイトなので。

でもそのメルマガアフィリエイトでも、会社にバレる可能性って言うのは、ほとんど皆無。億を稼ぐぐらいの知名度になれば、自然と会社にバレるかもしれないですが、その頃には会社にはお世話にならないですしね。

つまり、せどりや転売では、会社などを気にする事無く、取り組んでもバレない。と言う結論なので、安心して取り組んで行くのが良いかと思いますよ。

当ブログに始めて訪れた方にオススメ記事

秘伝の"超絶"高利益せどりノウハウを無料プレゼント!




運営者プロフィール

名前:ちゃんこま(※実績)

経歴: 実家で営んでいる美容院が経営悪化により倒産し、父親が自己破産。大学生だった当時、学費が払えず大学を中退し、家族4人どん底生活へ。中退した後、あえなく就職し、工場勤務や営業など様々な労働地獄の波に呑まれる。

ブラック企業の会社員として、12時間以上働きながら始めた副業が、開始2ヶ月で23万円稼ぎだしサラリーマンの給料を超える。さらに4ヶ月目には月収30万円、その後も月収63万円と減ることはなく、サラリーマン時の約4倍の収入を得る。

これまでの経緯やノウハウを電子書籍化した結果、大手電子書籍掲載サイトにて、新着ランキングトップ10位入りの常連と化し、最高位2位を受賞。更に2017年4月にはAmazonに電子書籍を出版し、アマゾンランキング1位を2部門で受賞。見事2冠を達成し大きな反響を得る。

現在は独立しオウンドメディア運営、情報ビジネス、webマーケティング関連など様々な事業を展開。節税の為に法人化するか現在検討中。

会社に雇われなくとも,自由に生きて行ける」をモットーに、誰にも雇われない人生を送る。更に今後活躍が期待される注目株。

⇨詳しいプロフィールはこちら

シェアする

フォローする