Amazonランキング1位本を無料プレゼント!

せどりで回転率を上げる、数分で出来るたった2つの方法!


Amazonランキング1位本「僕の辞書から就職が消えた日」著者のちゃんこまです。

なかなか商品が売れない。

そういったことをせどりや転売では回転率と言います。

せどりや転売では、売れた場合に利益が確定するので、より早く売れた方が良い。

そして売れたらその資金で、さらに仕入れる。

こういった循環が上手くいけば稼げるようになるんですね。

そこで大切なのが回転率。

回転率が下がれば、体の血液がドロドロになって、滞ってしまう状態。

これがぼくたち人間に当てはめれば死んでしまいます。

だから転売やせどりでも回転率を上げることが大切なんです。

そこでぼくがこれまで回転率を上げる為に行なった方法をお伝えして行きます。

せどりで回転率を上げる方法は主に2つです。

値段を下げる

差別化する

値段を下げるというのは

1番簡単な方法で、1番効果が高いです。

ただデメリットとしては、利益が圧迫するし

その下げた値段で売る事が出来なければ

ライバルも下げてくるので

価格競争が起こってきます。

これはかなりキツいし、強者の戦略です。

仕入れ数が少ない人や、資金が少ない人はやっても厳しいですよね。

私は、よほどの事が無い限り、

最安値近辺で動いています。

ただ利益が圧迫されるとは言え、価格は強烈な武器に成るので、やはり回転率を上げるのには必要不可欠。

せどりの場合、あまりにも最安値からかけ離れると、購入者の目に留まることも無くなってしまうので、売れるチャンスを逃してしまいます。

だからなるべく最安値近辺の価格を維持すると、回転率が上がって行くという経験則ですね。

次の差別化する。

こっちの方がせどりで回転率を上げるのにはメリットの方が大きいです。

例えば、ロゴをつけるだとか

24時間以内に発送する

他の出品者よりも、お得に購入出来る。

といったことをアピールすることです。

差別化出来れば、価格を無理に下げることをしなくても、回転率を上げることが出来ます。

例えばぼくがやっているのは完全に返金保証を付けている所ですね。

FBAは使っていないのですが

完全に返金保証をつけて差別化しています。

やっぱりネットで物を買うことの最大のデメリットといえば、商品を確かめて買えないということ。

この部分が一番不安に感じるところです。

だからこそ、「イメージと違えば、返金します」ということで、差別化を図っています。

ただこれらは

抜本的な問題解決方法ではないので

根本的なその商品が売れるのか売れないのかを

しっかりモノレートで確認出来れば

問題ないので

商品の目利きを確認するのが根本的な

せどりで回転率を上げることの大切な要素ですね!

最悪、値下げをして損切りしちゃってもいいぐらい、回転率は大切なので、ぜひ意識するようにしましょう!

P.S.

1000円が9800円に変わる仕入れ先、業界の約6倍以上の利益額を稼ぐ超高利益せどりのノウハウ、副業開始わずか2ヶ月で会社からの給料を超えたノウハウを伝えるメルマガを発行しています。

今だけAmazonランキング1位獲得、価格1000円の本が特典として、もれなくもらえます。

タダで見れるので、お気軽にご登録下さい。

メルマガ登録はこちら。極秘の超高利益せどりノウハウ本のプレゼント付き

Amazonランキング1位本を今だけ無料プレゼント!

当ブログに始めて訪れた方にオススメ記事

運営者プロフィール

名前:ちゃんこま(※実績)

経歴: 実家で営んでいる美容院が経営悪化により倒産し、父親が自己破産。大学生だった当時、学費が払えず大学を中退し、家族4人どん底生活へ。中退した後、あえなく就職し、工場勤務や営業など様々な労働地獄の波に呑まれる。

ブラック企業の会社員として、12時間以上働きながら始めた副業が、開始2ヶ月で23万円稼ぎだしサラリーマンの給料を超える。さらに4ヶ月目には月収30万円、その後も月収63万円と減ることはなく、サラリーマン時の約4倍の収入を得る。

これまでの経緯やノウハウを電子書籍化した結果、大手電子書籍掲載サイトにて、新着ランキングトップ10位入りの常連と化し、最高位2位を受賞。更に2017年4月にはAmazonに電子書籍を出版し、アマゾンランキング1位を2部門で受賞。見事2冠を達成し大きな反響を得る。

現在は独立しオウンドメディア運営、情報ビジネス、webマーケティング関連など様々な事業を展開。節税の為に法人化するか現在検討中。

会社に雇われなくとも,自由に生きて行ける」をモットーに、誰にも雇われない人生を送る。更に今後活躍が期待される注目株。

⇨詳しいプロフィールはこちら

シェアする

フォローする