秘伝の"超絶"高利益せどりノウハウを無料プレゼント!


せどりでCDの検品って必要?不必要?○○だけやれば十分!


Amazonランキング1位本「僕の辞書から就職が消えた日」著者のちゃんこまです。

CDせどりに関して、検品しているのかという事を考察していきたいと思います。

私の場合、検品はしていますね。

というのは、説明文に記載するときに、事細かく記載した方が、

売れやすいという部分があるので、検品しています。

やはり購入者の立場からすると、

商品の詳細が分かった方が安心しますよね?

そういった理由から、商品状況を確認する為と、

説明文に記載する為に、cdせどりでは検品する事をお勧めします。

時間がない方は、CDをそのまま聞く必要は無いと思いますが、

付属品や商品状態ぐらいの状況把握はしておいた方がいいですね。

たまに、出品者で、使い回しだろうなという分を記載している方もいますが、

私が購入者だったら、そのような出品者から買いたくないだろうし、

しっかり書いてある人の方を買いたいですもん。

その上で、どの辺を検品するべきか?

まず一番大切なのは商品のメイン部分。

CDであれば、ディスクですよね。

きちんと音源が聞けるか。

ノイズが入っていないか。

傷がついていないか。

ディスクからこういったところを検品しています。

その他にもCDを例に出してみると、歌詞カードなんかも重要なパーツ。

やっぱり歌詞カードは汚れていない方が良いし、切れ目なんかがあったら、それだけで購入者はげんなりです。

きちんと、書き込みが無いか、汚れが無いか、切れ目は無いか。

歌詞カードのこういったところを検品しています。

また、CDの帯なんかも大切なパーツです。

帯が付いているのか。

帯は汚れていないか。

傷や切れ目なんかは付いていないか。

そう言ったところを帯では検品しています。

一目では、結構検品することが多そうな印象ですが、慣れてくれば大した時間はかかりません。

(音楽を1〜10までフルに聞く訳じゃないしね。)

大体1商品、1分もあれば検品出来ます。

また検品した内容をきちんと説明文に、そのまま記載してあげれば購入者側も安心して購入してくれます。

そのきちんと検品した結果、ぼくの場合ほとんどクレームはないですし、最安値でなかった商品も、ゾクゾクと売れて行ってくれています。

やっぱりネット通販のせどりとは言えど、求めているのは「安心感」という部分。

その点をしっかりしてあげれば、少しぐらい他に比べて高かったとしても、問題なく売れて行ってくれるということでした。

つまりCDせどりにおいて検品は必要最低限はやるべきだと思いますね!

ただ、慣れてくればそこまで時間がかかるものでもないし、説明文を書く上で必須とも言えるのが検品なので、きちんと誠意を持って伝えてあげると良いと思います。

P.S.

12時間労働が当たり前のブラック企業に勤めながら、1日1〜2時間の副業時間で、せどり開始2ヶ月目は23万円、4ヶ月目には30万、その後も下がることなく月収65万円稼ぎ、独立するまでに至りました。

1000円が9800円に変わる仕入れ先、業界の約6倍以上の利益額を稼ぐ超高利益せどりのノウハウを伝えるメルマガを発行しています。

タダで見れるので、お気軽にご登録下さい。

今だけAmazonランキング1位獲得、価格1000円の【禁断】の超高利益せどりのノウハウをまとめた本が特典として、もれなくもらえます。

メルマガ登録はこちら。極秘の超高利益せどりノウハウ本のプレゼント付き

当ブログに始めて訪れた方にオススメ記事

秘伝の"超絶"高利益せどりノウハウを無料プレゼント!




運営者プロフィール

名前:ちゃんこま(※実績)

経歴: 実家で営んでいる美容院が経営悪化により倒産し、父親が自己破産。大学生だった当時、学費が払えず大学を中退し、家族4人どん底生活へ。中退した後、あえなく就職し、工場勤務や営業など様々な労働地獄の波に呑まれる。

ブラック企業の会社員として、12時間以上働きながら始めた副業が、開始2ヶ月で23万円稼ぎだしサラリーマンの給料を超える。さらに4ヶ月目には月収30万円、その後も月収63万円と減ることはなく、サラリーマン時の約4倍の収入を得る。

これまでの経緯やノウハウを電子書籍化した結果、大手電子書籍掲載サイトにて、新着ランキングトップ10位入りの常連と化し、最高位2位を受賞。更に2017年4月にはAmazonに電子書籍を出版し、アマゾンランキング1位を2部門で受賞。見事2冠を達成し大きな反響を得る。

現在は独立しオウンドメディア運営、情報ビジネス、webマーケティング関連など様々な事業を展開。節税の為に法人化するか現在検討中。

会社に雇われなくとも,自由に生きて行ける」をモットーに、誰にも雇われない人生を送る。更に今後活躍が期待される注目株。

⇨詳しいプロフィールはこちら

シェアする

フォローする