秘伝の"超絶"高利益せどりノウハウを無料プレゼント!


せどりを専業にするには、いくら稼げば良い?必要な物は?


Amazonランキング1位本「僕の辞書から就職が消えた日」著者のちゃんこまです。

先日せどり関連の質問を頂きましたので、お答えして行こうと思いますね。その質問は「せどりを今後専業として行きたいのですが、いくらぐらい稼げれば専業で生活出来るんでしょうか?また、その為に必要な事って何があるんでしょうか。」と言う質問でした。

せどりを専業にして行って、会社に雇われず、自分で稼いで行きたい。って思っている人は、質問をくれた人以外にも結構な人数要るんじゃないかと思いますし、会社に勤めていて、毎日通勤していたり、上司のやっかみを受けながら仕事をしている人は、自由に稼げる、専業に憧れている人は多いと思います。

実際にせどりを専業にして行く上で、必要な月収や、専業にする上で必要になってくるものに関して、質問に答えて行きますね。


専業でせどりをして行く為の月収

まず質問者さんが、既婚者なのか、独身なのかで、必要な金額が変わってくると思いますので、そこらへんを教えてくれた方が、もっと細かく専業に必要な月収をお伝え出来るんですが、その情報が無いので、両方のパターンを考えてみますね。

まず、独身だった場合ですが、せどりを専業にして行くのなら、今会社の給料分は最低限欲しいですね。仮に月20万円もらっているのなら、それぐらいは専業なら欲しいとこ。逆に言えば、それぐらい稼げていれば、問題なく専業でやっていける。って事なんです。

なんかほかのサイトや、せどりを専業にしてやっている人って、月100万円とか、200万円とか言っていて、それぐらい専業では稼がないといけないのか。って勘違いしてしまいがちですが、別に今の会社と同じぐらい給料をもらえて、尚かつ自分の好きな時間で取り組める。と言う事なら、そっちの方が良く無いですか?

別に100万円とかっていう金額じゃなく、20万円ぐらいでも全然問題なく専業としてやって行けますし。いきなり専業でせどりをやっていくのは、稼げてない段階ならリスクが多いので、副業からやっていく方がリスクが無いので、専業になる前に、会社の給料分を目安に稼いでみて下さい。


専業でせどりをする本当の意味とは

仮に専業としてせどりをやりたいけど、既婚者だったのなら、奥さんの同意が必要ですし、子供がいるかいないかの有無が、大事なので、こればっかりはケースバイケースでしかないですね。その場合は、再度考えてお答えするので、また質問を下さいね。

で専業でせどりをやっていく上で、必要になってくるのは、恐怖心と戦えるメンタルかな。って思います。自由ってある意味、自分のリスクは自分で拭く変わりに、手に入れるものだと思うんです。

会社に勤めているんなら、会社から給料はもらえますし、それがある意味安心出来る部分です。ただ専業でやっていくのなら、自由に仕事はできますが、自分がやらなければ、収入は0です。その保証が無い分、恐怖心と言うのは必ず出て来ます。

それに打ち勝てないのなら、一生自由を手にする事は出来ないし、専業でせどりする事は厳しいのかなって。ある意味自由って勇気の居る事なんですよ。だから自由って表現よりも、自立って表現の方が正しいのかな?そう思いますね。

P.S.

12時間労働が当たり前のブラック企業に勤めながら、1日1〜2時間の副業時間で、せどり開始2ヶ月目は23万円、4ヶ月目には30万、その後も下がることなく月収65万円稼ぎ、独立するまでに至りました。

1000円が9800円に変わる仕入れ先、業界の約6倍以上の利益額を稼ぐ超高利益せどりのノウハウを伝えるメルマガを発行しています。

タダで見れるので、お気軽にご登録下さい。

今だけAmazonランキング1位獲得、価格1000円の【禁断】の超高利益せどりのノウハウをまとめた本が特典として、もれなくもらえます。

メルマガ登録はこちら。極秘の超高利益せどりノウハウ本のプレゼント付き

当ブログに始めて訪れた方にオススメ記事

秘伝の"超絶"高利益せどりノウハウを無料プレゼント!




運営者プロフィール

名前:ちゃんこま(※実績)

経歴: 実家で営んでいる美容院が経営悪化により倒産し、父親が自己破産。大学生だった当時、学費が払えず大学を中退し、家族4人どん底生活へ。中退した後、あえなく就職し、工場勤務や営業など様々な労働地獄の波に呑まれる。

ブラック企業の会社員として、12時間以上働きながら始めた副業が、開始2ヶ月で23万円稼ぎだしサラリーマンの給料を超える。さらに4ヶ月目には月収30万円、その後も月収63万円と減ることはなく、サラリーマン時の約4倍の収入を得る。

これまでの経緯やノウハウを電子書籍化した結果、大手電子書籍掲載サイトにて、新着ランキングトップ10位入りの常連と化し、最高位2位を受賞。更に2017年4月にはAmazonに電子書籍を出版し、アマゾンランキング1位を2部門で受賞。見事2冠を達成し大きな反響を得る。

現在は独立しオウンドメディア運営、情報ビジネス、webマーケティング関連など様々な事業を展開。節税の為に法人化するか現在検討中。

会社に雇われなくとも,自由に生きて行ける」をモットーに、誰にも雇われない人生を送る。更に今後活躍が期待される注目株。

⇨詳しいプロフィールはこちら

シェアする

フォローする