秘伝の"超絶"高利益せどりノウハウを無料プレゼント!


【せどり】ヤフオクよりアマゾンの方が即金になる!?アマゾンの即金性を高める方法!


Amazonランキング1位本「僕の辞書から就職が消えた日」著者のちゃんこまです。

数日前にせどりの質問を頂いたので、解答して行きたいと思います。その質問とは「せどりで資金があまり無いので、回転させる事が大変なのですが、アマゾンでは即金生が低く、戸惑っている状態です。即金性を上げる為にヤフオクに変更しようと思っているのですが、どう思いますか?」と言う質問を頂きました。

なかなか鋭い質問だと思いますね。確かにアマゾンでは、2週間に1回の周期で入金されるので、ヤフオクに比べ即金性は弱いですよね。ではアマゾンからヤフオクに変更する事は、どうなのか?についての質問に答えて行きますね。


即金性が高いヤフオクをお勧めしない理由

アマゾンからヤフオクへ即金性を求めて、移行するのはいいのか、悪いのか。というと僕自身はお勧めしませんね。確かにヤフオクの方が即金性が高いし、すぐに入金されるので、その資金を仕入れにまわせる為、回転率も良くなると思います。

でも、問題となる部分が2つあって、まず一つ目が出品手作業に時間を食う。と言う事。僕自身も即金性を求めて、ヤフオクに変更しようかと悩んだ時期があるんですが、ヤフオクに出品するとなると、かなり時間がかかってしまいました。

せどりだと、10個とか20個出品するのにも、20分ぐらいあれば、出品出来ますよね?でもヤフオクの場合、20点出品するときに、慣れていないのもあったのか、1日近く使ってしまったんですね。

となると、即金性も大事ですが、そもそもの仕入れがおざなりになってしまう可能性が高くなるので、あんまりヤフオクをお勧めしないと言う理由です。それでは即金性がいくら高くっても、本末転倒ですから。

で、もう一つの理由は、アマゾンで売れない商品の場合、ヤフオクでも売れない可能性が高い。事が言えると思います。オークションで売れば即金性が高いし、確実に売れると思いますが、そもそもアマゾンで売れない商品であれば、ヤフオクでも売れません。それはその商品の人気が低い。ってことなので。

オークションで即金性を求めても赤字であれば、これもまた本末転倒ですよね。だからあんまりアマゾンからヤフオクへ、即金性を求めて移行するのはお勧め出来ないかな?って思う理由なんですね。


アマゾンで即金性を高める方法

じゃあ、アマゾンで即金性を求めるにはどうしたらいいのか?って言う事ですが、アマゾンの入金サイクルを早める事は出来ません。であるなら、すぐに売れる商品を仕入れる。という仕入れ基準を変えた方が、アマゾンでの即金性を上げる事に直結すると思います。

なるべく1ヶ月以上は在庫として抱えない。ぐらいの判断基準で仕入れれば、特に2週間に1回の入金サイクルが気にならないレベルになりますので、アマゾンで即金性を高めるには、確実に早く売れる商品を仕入れる。と言う事を意識して取り組んでみると良いと思いますよ。

P.S.

12時間労働が当たり前のブラック企業に勤めながら、1日1〜2時間の副業時間で、せどり開始2ヶ月目は23万円、4ヶ月目には30万、その後も下がることなく月収65万円稼ぎ、独立するまでに至りました。

1000円が9800円に変わる仕入れ先、業界の約6倍以上の利益額を稼ぐ超高利益せどりのノウハウを伝えるメルマガを発行しています。

タダで見れるので、お気軽にご登録下さい。

今だけAmazonランキング1位獲得、価格1000円の【禁断】の超高利益せどりのノウハウをまとめた本が特典として、もれなくもらえます。

メルマガ登録はこちら。極秘の超高利益せどりノウハウ本のプレゼント付き

当ブログに始めて訪れた方にオススメ記事

秘伝の"超絶"高利益せどりノウハウを無料プレゼント!


運営者プロフィール

名前:ちゃんこま(※実績)

経歴: 実家で営んでいる美容院が経営悪化により倒産し、父親が自己破産。大学生だった当時、学費が払えず大学を中退し、家族4人どん底生活へ。中退した後、あえなく就職し、工場勤務や営業など様々な労働地獄の波に呑まれる。

ブラック企業の会社員として、12時間以上働きながら始めた副業が、開始2ヶ月で23万円稼ぎだしサラリーマンの給料を超える。さらに4ヶ月目には月収30万円、その後も月収63万円と減ることはなく、サラリーマン時の約4倍の収入を得る。

これまでの経緯やノウハウを電子書籍化した結果、大手電子書籍掲載サイトにて、新着ランキングトップ10位入りの常連と化し、最高位2位を受賞。更に2017年4月にはAmazonに電子書籍を出版し、アマゾンランキング1位を2部門で受賞。見事2冠を達成し大きな反響を得る。

現在は独立しオウンドメディア運営、情報ビジネス、webマーケティング関連など様々な事業を展開。節税の為に法人化するか現在検討中。

会社に雇われなくとも,自由に生きて行ける」をモットーに、誰にも雇われない人生を送る。更に今後活躍が期待される注目株。

⇨詳しいプロフィールはこちら

シェアする

フォローする