会社員って使い捨ての駒だと思った悲惨すぎる話。


Amazonランキング1位本「僕の辞書から就職が消えた日」著者のちゃんこまです。

ボクの読者の方で「会社員ってまさに使い捨ての駒でしかありません」

そんな意見を持った方がいらっしゃいました。

その方の話では、親戚がなくなった法事で、休みを取ろうとしても上司から「私は法事なんかで休みなんて取らなかった。だから休むな。」

そう門前払いを受けたり、仕事中に怪我をしてしまい、3ヶ月入院生活を余儀なくされた社員をクビにしたり、まさしく使い捨ての駒でしかない。

そう感じた様でした。

ボクが働いていた職場も全く同じで、とある工場では入れ替わり立ち替わりが激しく、使い捨ての労働要因でしかないボクらは名前で呼ばれることはもったいないことであって、「着用が義務づけられたビブスの番号」で呼ばれていました。

辞めても辞めても、また使い捨ての駒を導入すればいいだろう。

そんな言い分が会社の意見だった様です。

「会社員ってまさに使い捨ての駒でしかありません」

そんな会社で働いていたmさんですが、ボクがプレゼントしている書籍を受け取り読んだ後に「一日でも早く現状から脱出して、自由な生活・雇われない生活を目指していこうと決心しました。」

そんなコミットを頂きました。

現在使い捨てにされるような職場で働いている。

そんな方へは、mさんからのメッセージは第2の働き方を教えてくれる内要になっていると思いますので、紹介しておきます。

ーーー

■ちゃんこまのメルマガ,プレゼントを知ったきっかけ

ネットサーフィン

■「僕の辞書から就職が消えた日」を見た感想

今、まさにちゃんこまさんの過去(サラリーマン時代)とほぼ同じ境遇にいます。週6日勤務の12時間労働をしています。

以前、法事に参加させてくださいと上司に伝えても、「私は従兄の法事には7年間行かなかった」や「この会社で働き続けたいのであれば休むな」と言われ結局休みをもらうことができませんでした。

また、過去の先輩方の話を聞くと、ある先輩が業務中に怪我をして3か月間入院が必要な状況になってしまった際に、その先輩をクビにしたそうです。

理由は「全く働く事ができない人間に、給料を払い続けることができない」だそうです。

まさに、使い捨てのコマです。

そんな状況の中で働いているので、この書籍を読み、非常に共感することができました。

ネットビジネスをしたいと前々から考えていたのですが、中々第1歩が踏み出せずにいました。

しかし、この書籍を読み、インターネットで稼げる(勉強と努力は必要だと思いますが)と感じました。

一日でも早く現状から脱出して、自由な生活・雇われない生活を目指していこうと決心しました。

まずは、行動しないと何も始まらない。

勉強をして、ちゃんこまさんのように稼げるようになります。

ーーー

書籍を読んでみたい方は、下記より受け取れますので、興味がある方はどうぞ。

P.S.

1000円が9800円に変わる仕入れ先、業界の約6倍以上の利益額を稼ぐ超高利益せどりのノウハウ、副業開始わずか2ヶ月で会社からの給料を超えたノウハウを伝えるメルマガを発行しています。

今だけAmazonランキング1位獲得、価格1000円の本が特典として、もれなくもらえます。

タダで見れるので、お気軽にご登録下さい。

メルマガ登録はこちら。極秘の超高利益せどりノウハウ本のプレゼント付き

当ブログに始めて訪れた方にオススメ記事

秘伝の"超絶"高利益せどりノウハウを無料プレゼント!




運営者プロフィール

名前:ちゃんこま(※実績)

経歴: 実家で営んでいる美容院が経営悪化により倒産し、父親が自己破産。大学生だった当時、学費が払えず大学を中退し、家族4人どん底生活へ。中退した後、あえなく就職し、工場勤務や営業など様々な労働地獄の波に呑まれる。

ブラック企業の会社員として、12時間以上働きながら始めた副業が、開始2ヶ月で23万円稼ぎだしサラリーマンの給料を超える。さらに4ヶ月目には月収30万円、その後も月収63万円と減ることはなく、サラリーマン時の約4倍の収入を得る。

これまでの経緯やノウハウを電子書籍化した結果、大手電子書籍掲載サイトにて、新着ランキングトップ10位入りの常連と化し、最高位2位を受賞。更に2017年4月にはAmazonに電子書籍を出版し、アマゾンランキング1位を2部門で受賞。見事2冠を達成し大きな反響を得る。

現在は独立しオウンドメディア運営、情報ビジネス、webマーケティング関連など様々な事業を展開。節税の為に法人化するか現在検討中。

会社に雇われなくとも,自由に生きて行ける」をモットーに、誰にも雇われない人生を送る。更に今後活躍が期待される注目株。

⇨詳しいプロフィールはこちら

シェアする

フォローする