秘伝の"超絶"高利益せどりノウハウを無料プレゼント!




プロギャンブラーのぶきの勝率9割の選択は「中の下」という感想


期間限定で無料プレゼント中のAmazonランキング1位本「僕の辞書から就職が消えた日」著者のちゃんこまです。

男ならだれしも、一度は憧れるギャンブラー。

そんなギャンブルの世界で、勝率9割を誇るといわれる、プロギャンブラーのぶきが書いた本「勝率9割の選択」。

ギャンブルの世界で身を置いたことはないけれど、どこかで「ハラハラした、スリルある毎日の連続」をこなし、生活しているプロギャンブラーというものに、尊敬をもっていました。

プロギャンブラーが、どのように勝負の世界に身を置いて、どのようにして勝ち星を得ているのか。

この勝率9割の選択という本を手に取った理由もそこでした。

この本を読めば、勝負師の核心に迫れるんじゃないか。

おそらくそう思ってこの勝率9割の選択を手に取る人が多いんだと思います。

でも読んでみた感想として、革新的なノウハウが出てくるかといえば、決してそういうことはありませんでした。

いや。

でも、そう言うことなんだと思います。

1000里の道も100歩から。

この勝率9割の選択を読んだボクの感想は、これでした。

地道な一歩が大成への道

この勝率9割の選択を読んで、一番目に出て来た感想がこれでした。

「地道な一歩が大成への道」

もちろん、この言葉は、勝率9割の選択に出てくる文言ではありません。

プロギャンブラーのぶきの、経験から勝利につながる決断まで、日々どんなことを考え行動し、決断するのか。

地道な行動、日々の決断、自分を支配下に置くマインド、そして運との向き合い方。

1章1章ごとに書いてある。

ただどれをとっても、革新的なことだったとは思えません。

ただどれをとっても、強靭的に大量行動した積み重ねをした結果だった。と、そう思いました。

冒頭の部分で、プロギャンブラーになるため2年間海外で勉強付けの毎日。

半年ぐらいだれとも会話もせずに、シュミレーションを重ねる毎日。

そんなプロギャンブラーのぶきの、過去の経験が書かれています。

勝率9割の選択と聞くと、大層な心理掌握術、行動心理学、ギャンブルから導きだした統計学。

こういったものを持ち出して、論理的に決断を下していると思いがちですが、決してはそうではなく、地道な一歩の繰り返しが、勝率9割を導きだしている決断なんだと、思わせられる内容でした。

そう言った面であれば、勝率9割の選択も面白いものですが、プロギャンブラーになりたいと願う人が読む本ではない気がしましたね。

そう言う意味で、総合評価は中の下ぐらいの感覚でした。

勝率9割の選択の意外な点

あと意外だったのは、勝率9割の選択の本書ではギャンブルをバックボーンに、様々な日常シーンに例えられて、説明されています。

その例えのケースで、意外にビジネスシーンが描かれることが多い。

確かに、マーケティングファネルを見ると、圧倒的にプロギャンブラーではない人が手に取る割合がほとんどです。

おそらくサラリーマンや会社員が手に取る割合が多いでしょう。

そのニーズに合わせて、ギャンブルで培った知識や経験を、「どうビジネス面で応用するのか」

その例えとして、ビジネスシーンがかなりできます。

第3の視点として、自分、相手、そして相手から見た自分。

相手から見た自分は魅力的な提案ができている営業マンなのか。

この第3の視点、相手から見た自分がイメージできれば、魅力的な提案ができる。

そんな風に結構ビジネスシーンの模様がでてくる。ちょっと意外でしたね。

ここは、激しく同意

そしてこの第3の視点は、ギャンブラーならではだし、ボクも激しく同感した部分でした。

だれしもが一番最初は、消費者目線。

その後社会人となり、販売者目線をもつ。

どうしても販売者目線をもってしまうと、「売りたい売りたい」と消費者目線でものごとを見れなくなり、消費者のことを忘れてしまう。

自分の話しかしない営業マン。

要求と全く違うところをプレゼンしまくるクライアント。

でも童心である消費者目線は、一番最初にだれしもが通る場所であり、だれしもが理解できる感情なわけです。

そんなときに、普通は1の消費者目線に戻ることで、なんとか購買者の気持ちを取り戻そうとします。

ボクもそう思っていました。

売り込むなら、売り込まれたときの気持ちを想い出せ。

ボクが営業マン時代によく言われた言葉です。

でも、そうじゃないんだと再確認したのが、この第3の目です。

自分目線が第1の目。相手目線が第2の目。そして相手から見た自分が第3の目。

後退する必要はなく、次に進んだステップとして「相手からみた自分」をイメージすること。

こうすることで、相手が自分をどう見ているのか。

さらにその先の、何を望んでいるのか。ここまで理解できる範囲に及びます。

この第3の視点は、ギャンブラーならではだし、ボクも激しく同感した部分でした。

総評

ギャンブルという不確定要素が多い中で、勝率9割と聞かれると、「よほどスゴいことをやっているんだろう」

そうイメージします。

確かに、本書の「勝率9割の選択」にでてくるヒストリーはどれも常人じみたほどの行動力です。

ただ、その一歩一歩は、だれにでもできることでした。

だからボクがこの「勝率9割の選択」で思った感想は「1000里の道も100歩から。」ということ。

総評として、ぼんやりとした内容が多かったので、この本を読めばプロギャンブラーになれるとか、プロギャンブラーの思考が学べるとか、そう言うことではないように感じました。

「プロギャンブラーの生活が少し見れる」

多分このぐらい。

もう一回読むか?といわれれば微妙ですが、その中でも学べることはありましたね。

総評としては中の下といったところでしょうか。

P.S.

12時間労働が当たり前のブラック企業に勤めながら、1日1〜2時間の副業時間で、せどり開始2ヶ月目は23万円、4ヶ月目には30万、その後も下がることなく月収65万円稼ぎ、独立するまでに至りました。

1000円が9800円に変わる仕入れ先、業界の約6倍以上の利益額を稼ぐ超高利益せどりのノウハウを伝えるメルマガを発行しています。

タダで見れるので、お気軽にご登録下さい。

今だけAmazonランキング1位獲得、価格1000円の【禁断】の超高利益せどりのノウハウをまとめた本が特典として、もれなくもらえます。

メルマガ登録はこちら。極秘の超高利益せどりノウハウ本のプレゼント付き

当ブログに始めて訪れた方にオススメ記事

秘伝の"超絶"高利益せどりノウハウを無料プレゼント!




運営者プロフィール

名前:ちゃんこま(※直近の月収+他ASPにて数万)

経歴: 実家で営んでいる美容院が経営悪化により倒産し、父親が自己破産。大学生だった当時、学費が払えず大学を中退し、家族4人どん底生活へ。中退した後、あえなく就職し、工場勤務や営業など様々な労働地獄の波に呑まれる。

ブラック企業の会社員として、12時間以上働きながら始めた副業が、開始2ヶ月で23万円稼ぎだしサラリーマンの給料を超える。さらに4ヶ月目には月収30万円、その後も月収63万円と減ることはなく、サラリーマン時の約4倍の収入を得る。

これまでの経緯やノウハウを電子書籍化した結果、大手電子書籍掲載サイトにて、新着ランキングトップ10位入りの常連と化し、最高位2位を受賞。更に2017年4月にはAmazonに電子書籍を出版し、アマゾンランキング1位を2部門で受賞。見事2冠を達成し大きな反響を得る。

現在は独立しオウンドメディア運営、情報ビジネス、webマーケティング関連など様々な事業を展開。節税の為に法人化するか現在検討中。

会社に雇われなくとも,自由に生きて行ける」をモットーに、誰にも雇われない人生を送る。更に今後活躍が期待される注目株。

⇨詳しいプロフィールはこちら

シェアする

フォローする