失敗を怖いと一切思わなくなったメンタル強化法。


Amazonランキング1位本「僕の辞書から就職が消えた日」著者のちゃんこまです。

先日読者の方から、「失敗をしても恐れないで行きたいのですが、そのためのメンタルやモチベを維持する方法が知りたいです。」

そんな質問を頂きました。

この失敗に対する恐怖。

怖さを克服する為に、ボクのルーツになったのっていつなんだろう。って質問に解答する為に、少し過去を振り返っていました。

今でこそ、副業から独立するにいたった訳ですが、多分ネットで副業を始めたときって、既に失敗に対する「怖い」って感情はそこまで抱かなくなっていたと思う。

だからこそ、副業から独立するに至ったんだと思うし、辛さや大変さは当然あったけど、乗り越えて来れたんだと思う。

多分ボクがこの「失敗に対する恐怖」に一番向き合って、怖いっていう感情を克服したルーツって言うのは、サラリーマン時代の「営業時代」だったと、過去を振り返ると思います。

(そう言う意味では、少しはサラリーマンをやっていたことが、いい経験に繋がっているんだと思う。)

この営業マンだった頃、ボクは失敗に対する恐怖と向き合えた事で、万年ドベセールスマンから、業績トップのセールスマンになれたんだと、振り返る思いますので、この時「どう失敗を怖くなくなったのか」を、綴って行こうかなと。

営業って皆が思う100倍怖い

営業って聞くと、本当に色んな種類の営業がある。

ルート営業、テレアポ、新規営業。

で、多くの人が抱くイメージとしては「まあ大変そうなんだろうな」ってぐらいの感覚だと思います。

あまり営業職って人気のない職業で、かなり肉体的にしんどいイメージがあるから、あまりやりたがる人が居ない。

経験者から言わせてもらうと、ルート営業とか、契約更新の為の営業とかと、「新規開拓」の営業とは、苦労度が全く違う。

断られる事が当たり前で、成功の10倍は失敗する。

そんな新規開拓の分野で一番大変でアナログは「飛び込み営業」をボクはサラリーマンのときにやっていました。

人が一番恐怖を感じるのは、「拒絶された時」

じゃあ、この飛び込み営業時代に、一番怖いって感じたのはどの瞬間だったかっていうと、いの一番にあげるのが「拒絶されたとき」って答えます。

人は本当に拒絶されたり、拒否されたりする事を嫌う人種。

だれだって、よく思われたいし、だれだって嫌われたいなんて思っていない。

でも飛び込み営業の場合、そのほとんどが拒絶されるし、そのほとんどが嫌っている存在。

そんな中で、「結構です」「いりません」「帰ってください」「邪魔」って言葉が毎日何十回と飛び交う。

本当に好きな異性に告白する時、だれだって心臓が飛び出るぐらい緊張するし、怖いと思いながら恐怖心と戦い告白すると思います。

そして、その恋が実らなかったら、腰が砕けるほど悲しく、涙があふれるもの。

拒絶される。受け入れてもらえない。

これらって本当に辛く、たった1人に断られるだけで、相当に苦しい物ですが、飛び込み営業だと、毎日100人以上から断られ続けるのがあたりまえなので、その大変さは多くの人が思い描く何倍も辛い物です。

万年ドベセールスマンが、一気にトップセールスマンになった方法

そんな飛び込み営業をしていたサラリーマン時代でしたが、ボクは本当にお客さんに断られるのが怖くて怖くて、ずっと成績はビリでした。

断られる=失敗するってことが、怖くてインターホンを鳴らせない。

当然お客さんに合っていないので、契約をもらう事は出来ない。

コレじゃ行けないって思うんだけど、一歩歩みだす勇気がない。

そんな状態でした。

そんなときとある本の中の1行を見たときに、ボクはトップセールスマンになるまでに至りました。

この1言っていうのは、独立した今でも胸に刻まれている言葉で、本当にボクを変えてくれた言葉でした。

その一言とは「成功したいのなら、今している失敗の数を倍にしなさい。」

という言葉でした。

スキーのセミプロが行なっている失敗に対する練習法

「失敗の数を倍にする」

この言葉を痛感した出来事がありました。

これはボクがスキーに行った時の事。

スキーを経験した事がある方なら分かると思いますが、外から見るスキーのスピードと、実際に自分が滑るスキーのスピードは全然違います。

全然早くないって、端から見ると思うけれど、実際に自分が滑ってみると、「何倍も速く感じる」のがスキーです。

それもそのはずで、自身で制御するスキースポーツは、風を直で感じたり、振動を直に感じたりするので、体感速度が+30k以上に感じるらしいのです。

だからスキー初心者が一番つまずくポイントが「早さに慣れる」ということ。

スピードが出過ぎて、こけるのが怖くて、へっぴり腰になり、上手くスキーをコントロール出来ない。

失敗を恐れ、身体が硬直してしまう。

こんな事がスキー初心者に起こりがちな出来事です。

では、アルペンスキーのプロが、小さな子供をレッスンするときにどうするのか。

いわゆる風の抵抗が全くない状態の「直滑降」で、ブレーキをかけずノンストップで滑るように指導するそうです。

スピードを出す事に恐れ、身体が硬直した状態では、自由自在にスキーを扱う事は出来ない。

ちまちまとスピードに慣れる(失敗の数が圧倒的に少ない)状態で練習していては、いつまでたっても競技で走るぐらいのスピードに慣れる事はありません。

それならば、一度最高速度を味わって、脳のリミットを外し、身体の緊張を取る。

その為に、あえて最高速度を出す「直滑降」姿勢で、ノンブレーキの中滑らせる訳です。

失敗が怖いのは、失敗しに行っていないから

ボクはこのスキーの上達法の話を聞いたときに「失敗の数を倍にすること」そのものだと思いました。

ボクがセールスマンだった時、断られるのが怖くて、お客さんの元へと行けずに居た。

お客さんの元へセールスしに行っていないので、当然結果は出ない。

まさしく失敗にも失敗している状態でした。

そこからボクは「契約取れなくてもいいから、訪問件数だけは倍にしよう」

そう思い、何件も何件もドアを叩くようにしました。

もちろん訪問件数を伸ばした所で、契約が取れる訳じゃない。

でも、ボクも契約取る事じゃなく「訪問する事」が目的だったので、契約が取れなくっても拒絶されても、「1件訪問した自分を褒めよう」と、思えたんです。

そうやって失敗を倍にして、失敗の数が増えてくると、「こんなに増えた!!」って、嬉しくなって行きました。

「契約の本数=成功の数は増えないけど、それが今のボクの目的じゃなく、失敗の数を倍にする事が目的だから、なんてこと無い!」

そう思えたんです。

そうやって失敗の数を増やして行った時、不思議と徐々に契約をもらえる件数も増えて行きました。

少しづつ契約をもらえるようになると、「なんで今のお客さんは上手くいったんだろう?」「こうやったら上手くいくな」っていう、成功体験をドンドン積む事が出来たんです。

「失敗から学んだ」って言う奴なんでしょう。

でも、間違いないのは、失敗が無かったら気づく事はできなかった。

そうやって失敗の数を増やし続けて、失敗から学んで行く事で、万年ビリのドベセールスマンから、一気にトップセールスマンに変わったのでした。

これがボクが「失敗を怖いと思う感情」と、上手く向き合えるようになった一番の経験でした。

そんな今思うのは、「失敗を怖いと思うのは、失敗をしに行っていないから」だと思います。

確かにだれだって失敗なんてしたくないし、怖い事に向き合おうなんて思わない。

でも、成功と失敗はガチャポンと似ているんだと思います。

欲しいおもちゃがでなければ、ガチャポンでは失敗。

でも、ガチャポンの中に欲しいおもちゃ=「成功」は必ずある訳で、いっぱいガチャポンを回せば必ず手に入る。

1回で当てようとするから、ドキドキしてギャンブルのように恐れてしまうけれど、何回も引ける=「失敗」出来るように準備していたりすれば、何ら怖い事じゃない。

「失敗の数を倍にする」

これがトップセールスマンになるまでの一言となり、その後独立するまでになったボクを、支えてくれた本当に大切な言葉でした。

終わりに

ですから最後に読者からもらった質問:「失敗をしても恐れないで行きたいのですが、そのためのメンタルやモチベを維持する方法が知りたいです。」

この失敗を怖いと思う気持ちへ解答するとしたら、

「メンタルはボクも元々弱い方です。

だから、失敗の数を倍にするようにして、ある意味、目的を変えて逃げながら戦いました。

でもそれがボクに取って本当に役に立った方法だし、失敗と本当に向き合う方法を教えてくれたと思います。」

そんな風に解答しますね。

それでは。

P.S.

1000円が9800円に変わる仕入れ先、業界の約6倍以上の利益額を稼ぐ超高利益せどりのノウハウ、副業開始わずか2ヶ月で会社からの給料を超えたノウハウを伝えるメルマガを発行しています。

今だけAmazonランキング1位獲得、価格1000円の本が特典として、もれなくもらえます。

タダで見れるので、お気軽にご登録下さい。

メルマガ登録はこちら。極秘の超高利益せどりノウハウ本のプレゼント付き

当ブログに始めて訪れた方にオススメ記事

秘伝の"超絶"高利益せどりノウハウを無料プレゼント!


運営者プロフィール

名前:ちゃんこま(※実績)

経歴: 実家で営んでいる美容院が経営悪化により倒産し、父親が自己破産。大学生だった当時、学費が払えず大学を中退し、家族4人どん底生活へ。中退した後、あえなく就職し、工場勤務や営業など様々な労働地獄の波に呑まれる。

ブラック企業の会社員として、12時間以上働きながら始めた副業が、開始2ヶ月で23万円稼ぎだしサラリーマンの給料を超える。さらに4ヶ月目には月収30万円、その後も月収63万円と減ることはなく、サラリーマン時の約4倍の収入を得る。

これまでの経緯やノウハウを電子書籍化した結果、大手電子書籍掲載サイトにて、新着ランキングトップ10位入りの常連と化し、最高位2位を受賞。更に2017年4月にはAmazonに電子書籍を出版し、アマゾンランキング1位を2部門で受賞。見事2冠を達成し大きな反響を得る。

現在は独立しオウンドメディア運営、情報ビジネス、webマーケティング関連など様々な事業を展開。節税の為に法人化するか現在検討中。

会社に雇われなくとも,自由に生きて行ける」をモットーに、誰にも雇われない人生を送る。更に今後活躍が期待される注目株。

⇨詳しいプロフィールはこちら

シェアする

フォローする