秘伝の"超絶"高利益せどりノウハウを無料プレゼント!


組織に縛られず、個人で仕事をする為に必要なたった1つの事とは。


期間限定で無料プレゼント中のAmazonランキング1位本「僕の辞書から就職が消えた日」著者のちゃんこまです。

今までの働き方の概念として、会社として組織に属して、60〜70歳まで働いてお給料をもらい続ける。

そんな仕事に対する概念が正しいなんて思われて来ました。

ただ今では、組織に属する事無く、個人で仕事をして自由に生きて行くというライフスタイルが、確立されつつあります。

ノマドワーカーなんて言葉もそうだし、ネットが発達して居る現代では、今後間違いなく増えて行くでしょう。

実際に主婦の方でも、ネットでのビジネスから月100万円以上稼いでいる方も知り合いで居ますし、ほとんど働かず必要な時だけ月50万円以上稼ぎだすという、よくわからない働きをしている方も居ます。

僕自身もサラリーマン以上の給料をネットだけの仕事で、組織に属する事無く稼ぐ事が出来ていますし。

組織に属する事無く、仕事をするにはどうしたらいいのか。

少し前のメール相談から、このように質問を頂きました。

僕が会社と言う組織で働かずに、個人で仕事をして稼いで行きたい。

こう思う前は、日本人の大半が思っている通り「働く=正社員」になることだ。

そう思っていました。

実際に正社員として就職したり、会社と言う組織に属して仕事をしていた時期があります。

最初に組織として勤めた会社は不動産会社の営業でした。

地元は小さな街なので、なかなか当時思っていた”良い会社”らしきものが見つからず、電車で1時間半程かかる場所での就職でした。

組織に属しているその当時は、「正社員として働く事が全て」「就職したからもう安泰だ」

そんな風に思ってたので、就職した時は成功へのレールに乗った気持ちでした。

だけど、そこで待っていたのは地獄のような労働。

朝6時起床は当たり前。

夜11時帰宅は早い方。

組織に時間を売っているんだから、何をされても我慢しろ。

満員電車に毎日乗り、空席を見つける事がこの世の全て。

こんな地獄のような社会人生活の始まりでした。

「スーツってかっこいいな。」

なんて子供染みた空想は早々に朽ち果てました。

不動産の営業では、辞めて行く人数が多いので、「お前もどうせ辞めるんだろう」という見方から、教育すると言う観点がありませんでした。

名前で呼ばれる事も無く、「おい!そこの新人」と物や家畜かの様な扱い。

分からない事を聞いても「そんなの自分で調べろ」と答えは返ってこない。

その中で、成績を残した人間だけ、辞めなかった人間だけ評価されるという組織でした。

だから「人を人と思わず」何かの機械と思い込んでいる、会社と言うシステムに吐き気が止まりませんでした。

それが組織で働く社会人としてのいわゆるデビュー戦だったんですね。

最近でもニュースになりましたが、働いている方が過労死するニュース。

家にも帰れず職場で寝泊まりして、鬱になるケース。

仕事で思い悩みつめて、電車に飛び込む出来事。

そんなのであふれているのが、組織に身を投じて、身を粉にして仕事をしている方に向けての、日本の労働への対応です。

先進国であるはずの日本なのに、幸福度ランキングではかなり下の方と言う事が、この国の働き方のヤバさを表しているランキングだと思います。

また、日本人の死因ランキングでは中絶の次に多いのが2位で自殺での死亡です。

先進国なはずなのに。

幸せな国なはずなのに。

物資には恵まれているはずなのに。

こんな国日本ぐらいですよね。

僕は自殺しようとか、鬱になるほど組織に犯された訳ではないですが、組織で働く事のヤバさの末端を、社会人デビュー戦で垣間みた気がしたんですね。

だからこそ

「組織に属さず、個人で働こう」

「絶対に個人で自由に生きるライフスタイルを送るぞ」

そう思ったんです。

そうしないと自分が自分じゃなくなる気がしたから。

もちろん最初から組織に属さず、自分1人で暮らしてく事は出来ないので、猛勉強を始めました。

どうやって働こう。

どうやって仕事をしよう。

どうやったら自分1人稼げる様になるのか。

どうしたら組織に属さずとも生きて行けるのか。

色々考えた事の答えがネットでのビジネスだったんですね。

何もかもが未体験で、自分1人で始めて行くので、戸惑う事もありましたが、なんとか2ヶ月間で会社員時代の給料まで稼げる様になりました。

そこから徐々に伸びて行って、サラリーマン時代以上のお金を稼ぐ事が出来ました。

でも給料以上に得たのは、自分らしいライフスタイルなんですよね。

なんかライフスタイルって聞くと安い言葉に聞こえるんですが、本当に個人で稼げる様になったよかったって心の底から思います。

最近ではyoutubeをめちゃくちゃ見る事が増えましたし、別に夜中まで見てても、明日の起きる時間を気にする必要はありません。

上司の顔色を伺う必要も無いので、誰かに媚び諂う必要も無い。

一番大きかったのは「満員電車に乗る必要が無い」のが組織と言う限られた場所で働かなければ行けない事との一番の違いです。

可愛い店員さんがいるカフェへ巡るのが、ちょっとした今の楽しみなんですが、別にどこで仕事をしていたって良い訳で。

ネットが繋がるのであれば、仕事をする環境は自由です。

先日面白半分で、都内に遊びに行ったついでに、突撃で行ったカフェで日給3万円弱稼げましたし。

組織に属さなくても、全然問題なく稼げると言う事が、今では当たり前なんだな。

と身をもって体験出来た瞬間でした。

現在、

会社と言う組織で働くのは合わない。

馬車馬働きの様に、楽しくも無い仕事をしたく無い。

自由な場所で働きたい。

可愛い店員さんが居るカフェを巡りたい。

そんな想いで、個人で仕事が出来る方法はないだろうか。そう考えている方も居ると思います。

じゃあ組織に属さずに仕事をするにはどうしたらいいのか。

読者さんから、こうメッセージを頂く事が多いんですが、僕が思う個人で仕事をする為に必要な事は1つだけだと思います。

それが自分自身を信じるということ。

「絶対にこんな生き方は普通じゃない」

「もっと人間らしく生きる方法がある」

「組織に属さずとも、稼ぐ方法がある」

「自分でも出来る」

僕も僕自身を信じて来ました。

だからこそ、分からない事があれば学んできたし、学ぶ為に投資をして来ました。

個人でビジネスをする訳ですから当然と言えば当然ですが。

そのおかげで迷わず行動し、行動した結果、個人でも稼げる事が出来る様になりました。

今のサラリーマンの方を見てみると、なんだか諦めている気がします。

「今の組織で働く事が全てだ」

「会社に居る事が大人の生き方だ」

「自分には出来ない生き方だ」

「楽しく無い事をするのが仕事だ」

これらの良い訳を並べて、サラリーマンとして生きる事を正義としています。

もちろん会社員として働く事が、もっぱら楽しいのであれば、それはそれで正しいです。

だけれど、自分を信じる事無く、「諦めているからこそ」こういう言葉を言っているのであれば、残念で仕方ないです。

根本的に日本の教育がサラリーマンを製造する教育ですから、こう考えるのもある意味普通です。

ただ、組織で働く事無く、個人でビジネスをやって自由に生きて行きたい。

そう思っているのであれば、自分を限りなく信じる事が一番大事だと思います。

自分を信じれない人に、ビジネスは出来ませんし。

そもそも1人で稼ごうとも思わないと思います。

自分を信じて行動してこそ、個人で稼ぐ為のスキルが身に付く。

そしてスキルが身に付くからこそ、組織に属する事無く稼ぐ事が出来る様になる。

経験からそう感じますね。

やっぱり自分自身がどんな生き方でも選ぶ事が出来るっていう可能性を存分に感じてもらって、実際に行動する。

そうすれば、組織に頼らずとも仕事をする事が出来、尚かつサラリーマン以上のお金を稼ぐ事が出来るんじゃないかなと思います。

P.S.

12時間労働が当たり前のブラック企業に勤めながら、1日1〜2時間の副業時間で、せどり開始2ヶ月目は23万円、4ヶ月目には30万、その後も下がることなく月収65万円稼ぎ、独立するまでに至りました。

1000円が9800円に変わる仕入れ先、業界の約6倍以上の利益額を稼ぐ超高利益せどりのノウハウを伝えるメルマガを発行しています。

タダで見れるので、お気軽にご登録下さい。

今だけAmazonランキング1位獲得、価格1000円の【禁断】の超高利益せどりのノウハウをまとめた本が特典として、もれなくもらえます。

メルマガ登録はこちら。極秘の超高利益せどりノウハウ本のプレゼント付き

当ブログに始めて訪れた方にオススメ記事

秘伝の"超絶"高利益せどりノウハウを無料プレゼント!




運営者プロフィール

名前:ちゃんこま(※直近の月収+他ASPにて数万)

経歴: 実家で営んでいる美容院が経営悪化により倒産し、父親が自己破産。大学生だった当時、学費が払えず大学を中退し、家族4人どん底生活へ。中退した後、あえなく就職し、工場勤務や営業など様々な労働地獄の波に呑まれる。

ブラック企業の会社員として、12時間以上働きながら始めた副業が、開始2ヶ月で23万円稼ぎだしサラリーマンの給料を超える。さらに4ヶ月目には月収30万円、その後も月収63万円と減ることはなく、サラリーマン時の約4倍の収入を得る。

これまでの経緯やノウハウを電子書籍化した結果、大手電子書籍掲載サイトにて、新着ランキングトップ10位入りの常連と化し、最高位2位を受賞。更に2017年4月にはAmazonに電子書籍を出版し、アマゾンランキング1位を2部門で受賞。見事2冠を達成し大きな反響を得る。

現在は独立しオウンドメディア運営、情報ビジネス、webマーケティング関連など様々な事業を展開。節税の為に法人化するか現在検討中。

会社に雇われなくとも,自由に生きて行ける」をモットーに、誰にも雇われない人生を送る。更に今後活躍が期待される注目株。

⇨詳しいプロフィールはこちら

シェアする

フォローする