【今後は出来なくなる!?】転売に規制が入り稼げなくなる時期が来る!?


Amazonランキング1位本「僕の辞書から就職が消えた日」著者のちゃんこまです。

寒さにめっぽう弱いです。

先日こんな質問をメルマガで頂きました。

 ちゃんこまさん。
始めて質問させて頂きます。転売を始めて数ヶ月の初心者なんですが、ちょっと気になる事がありご連絡致しました。それが「転売は今後規制が掛かって仕入れが出来なくなる」と言う記事を拝見したんですね。どこのサイトかは忘れてしまったのですが、ネットサーフィンをしているときに、転売には規制が入るから、もう仕入れが出来なくなって稼げなくなるとの情報でした。ちゃんこまさんは転売への規制についてどう思いますか?

転売初心者なのでちょっと不安になって連絡させてもらいました。

てな質問でした。

質問ありがとうございますね。

なるほど〜。

規制ですか。

確かにあると思います。

ここで結構「そんなの無いから気にしないでいいです」なんて言う人は、僕の中で信用に値しない人だと思っています。

だって絶対なんて無いから。

だから転売に関しても規制が入る可能性はあると思います。

現にブックオフなんかもビームせどりは辞めて下さい。なんて警告を見ますし、スマホさえも規制するほどですから。

今後は多少なりとも、転売に関する規制はやむを得ないかな?

ってのが僕の持論です。

でも気をつけてほしいのが、「規制が入る」=「稼げなくなる」と言う事ではな無い。と言う事。

転売って言うのは面白くって、どんな状況でも価格差の生まれる商品ってあるんですよね。

地域差だったり、購入のしやすさだったり、いろんな理由で。

それを手に出来るかどうかが「規制」と言う概念なんですね。

つまり価格差のある商品は目の前にあるんだけど、買いやすいかどうかが、規制の及ぼす範囲と言う事。

絶対に転売出来るような価格差は生まれます。

その上で規制の範囲内でどう仕入れるか。

これが転売のミソです。

でも規制は入ると入っても、緩やかに規制するだけで転売自体は、今後もネットビジネスで一番稼ぎやすいジャンルと言うのは、長らく変わらないと思いますね。

本当革新的なネットビジネスが生まれない限り。

そもそも「規制規制」なんてずっと前から言われている事ですし、僕が転売と出会ったのは2015年ですが、よくよく調べてみると2009年から、稼げないとか、規制が厳しくなったなんて言われているみたいです。

そんな歴史を考えると、今後も「規制を言い訳に稼げない人」と「本当に転売で稼ぐ人」の二極化が進むんじゃないかなと。

仮に規制が厳しくなって仕入れが出来なくなったとしても、ネットでの仕入れ(電脳せどり)にフェーズを変えれば良い話だし、別に店舗だけに絞る必要も今の時代ないですからね。

ネット上では買う側に(転売の仕入れ側)規制をかけるなんて事は出来ませんから。

もしこれから転売して行くのが、規制のせいで多少なり不安なのであれば、店舗とネットでの仕入れとを両立させて、リスクヘッジするのが一番良いと思いますよ。

是非頑張って下さい。

P.S.

1000円が9800円に変わる仕入れ先、業界の約6倍以上の利益額を稼ぐ超高利益せどりのノウハウ、副業開始わずか2ヶ月で会社からの給料を超えたノウハウを伝えるメルマガを発行しています。

今だけAmazonランキング1位獲得、価格1000円の本が特典として、もれなくもらえます。

タダで見れるので、お気軽にご登録下さい。

メルマガ登録はこちら。極秘の超高利益せどりノウハウ本のプレゼント付き

当ブログに始めて訪れた方にオススメ記事

秘伝の"超絶"高利益せどりノウハウを無料プレゼント!


運営者プロフィール

名前:ちゃんこま(※実績)

経歴: 実家で営んでいる美容院が経営悪化により倒産し、父親が自己破産。大学生だった当時、学費が払えず大学を中退し、家族4人どん底生活へ。中退した後、あえなく就職し、工場勤務や営業など様々な労働地獄の波に呑まれる。

ブラック企業の会社員として、12時間以上働きながら始めた副業が、開始2ヶ月で23万円稼ぎだしサラリーマンの給料を超える。さらに4ヶ月目には月収30万円、その後も月収63万円と減ることはなく、サラリーマン時の約4倍の収入を得る。

これまでの経緯やノウハウを電子書籍化した結果、大手電子書籍掲載サイトにて、新着ランキングトップ10位入りの常連と化し、最高位2位を受賞。更に2017年4月にはAmazonに電子書籍を出版し、アマゾンランキング1位を2部門で受賞。見事2冠を達成し大きな反響を得る。

現在は独立しオウンドメディア運営、情報ビジネス、webマーケティング関連など様々な事業を展開。節税の為に法人化するか現在検討中。

会社に雇われなくとも,自由に生きて行ける」をモットーに、誰にも雇われない人生を送る。更に今後活躍が期待される注目株。

⇨詳しいプロフィールはこちら

シェアする

フォローする