秘伝の"超絶"高利益せどりノウハウを無料プレゼント!




CDせどりは、ヴィジュアル系を攻めるべき?CD仕入れのオススメのジャンルとは?


Amazonランキング1位本「僕の辞書から就職が消えた日」著者のちゃんこまです。

先日もせどりの質問を頂いたんですが、その内容が、「ちゃんこまさんのメルマガ、楽しく読ませて頂いています。僕も現在CDせどりに取り組んでいるのですが、ヴィジュアル系のアーティストをリサーチしています。これは儲かるジャンルなんでしょうか」と言う質問をもらいました。

確かにCDせどりで価格差のある商品の大半は、見慣れないCDですし、ニッチなCDが多いです。その中に、ヴィジュアル系のCDも入っていますよね。CDせどりに置いて、ヴィジュアル系のCDは、狙うべきジャンルなのか。他にCDせどりのオススメのジャンルとは。と言う事で、質問に答えて行きたいと思います。

僕も数ヶ月前、ヴィジュアル系のCDをせどりで仕入れた事があり、5000円ぐらいで売った記憶があります。仕入れ値は2000円行かないぐらいかな。利益率としては、層でもないんですが、まぁまぁ高値で売られているものもあるのが、ヴィジュアル系バンドのCDですよね。

まずヴィジュアル系のアーティストをせどりしてもいいのか。と言う事ですが、そのまま継続しても良いと思います。やっぱりCDせどりって、コアなファン層が根付いているジャンルやアーティストが、かなり狙い目ですし、アマゾン価格も高騰しやすいです。

となると、ヴィジュアル系のアーティストも例外ではないので、かなり高い利益率で、売れる可能性が高いので、CDせどりでは狙い目かなと。

以前、アマゾンからリストを取って、店舗に仕入れに行っている時期があったんですが、そのリストの中でも、高額商品としてヴィジュアル系バンドのCDはかなりありましたからね。ま、そのリストせどりは意味が無い。と途中で気付いて、捨てましたが、ヴィジュアル系はチャンスがあるってことです。


ジャンルを横展開して行く

そしてもう一つアドバイス出来るなら、ヴィジュアル系のCDせどりをして行くと同時に、得意なジャンルを広げて行くともっと良いと思います。

そもそもヴィジュアル系のCDって、そんなに多く置いていないんですよね。あるジャンルに的を絞る事は大事なんですが、ヴィジュアル系のせどりは、絶対数が多く無いので、在庫数を確保出来ないデメリットがあると思います。だから、ヴィジュアル系CDと同時にジャンルを横展開して行くと更に良いのかなと。

ジャンルを横展開するって言うのは、例えば、ヴィジュアル系のアーティストに詳しいんだったら、ヴィジュアル系のアーティストが出ているライブDVDをせどりしてみるとか。店舗メインだったのを、ヴィジュアル系CDを電脳せどりで探し見るとかね。

そのままヴィジュアル系をせどりして行くのも良いですが、もっと利益を増やしたいとしたときには、ジャンルを横に広げて行くと、更に売り上げも伸びると思いますよ。

P.S.

12時間労働が当たり前のブラック企業に勤めながら、1日1〜2時間の副業時間で、せどり開始2ヶ月目は23万円、4ヶ月目には30万、その後も下がることなく月収65万円稼ぎ、独立するまでに至りました。

1000円が9800円に変わる仕入れ先、業界の約6倍以上の利益額を稼ぐ超高利益せどりのノウハウを伝えるメルマガを発行しています。

タダで見れるので、お気軽にご登録下さい。

今だけAmazonランキング1位獲得、価格1000円の【禁断】の超高利益せどりのノウハウをまとめた本が特典として、もれなくもらえます。

メルマガ登録はこちら。極秘の超高利益せどりノウハウ本のプレゼント付き

当ブログに始めて訪れた方にオススメ記事

秘伝の"超絶"高利益せどりノウハウを無料プレゼント!




運営者プロフィール

名前:ちゃんこま(※実績)

経歴: 実家で営んでいる美容院が経営悪化により倒産し、父親が自己破産。大学生だった当時、学費が払えず大学を中退し、家族4人どん底生活へ。中退した後、あえなく就職し、工場勤務や営業など様々な労働地獄の波に呑まれる。

ブラック企業の会社員として、12時間以上働きながら始めた副業が、開始2ヶ月で23万円稼ぎだしサラリーマンの給料を超える。さらに4ヶ月目には月収30万円、その後も月収63万円と減ることはなく、サラリーマン時の約4倍の収入を得る。

これまでの経緯やノウハウを電子書籍化した結果、大手電子書籍掲載サイトにて、新着ランキングトップ10位入りの常連と化し、最高位2位を受賞。更に2017年4月にはAmazonに電子書籍を出版し、アマゾンランキング1位を2部門で受賞。見事2冠を達成し大きな反響を得る。

現在は独立しオウンドメディア運営、情報ビジネス、webマーケティング関連など様々な事業を展開。節税の為に法人化するか現在検討中。

会社に雇われなくとも,自由に生きて行ける」をモットーに、誰にも雇われない人生を送る。更に今後活躍が期待される注目株。

⇨詳しいプロフィールはこちら

シェアする

フォローする