秘伝の"超絶"高利益せどりノウハウを無料プレゼント!


やりたい仕事が見当たら無いと嘆くあなたへ。自分に合う好きな仕事を見つける方法!


期間限定で無料プレゼント中のAmazonランキング1位本「僕の辞書から就職が消えた日」著者のちゃんこまです。

最近至る所で見かける「やりたい仕事が無い」「自分に合った仕事が見つからない」という類いの悩み。

僕の周りでも、結構やりたい仕事ではないと言う悩みをこぼす人が居ますし、希望する職種が今の職場ではないと言う事を言っている人は多いです。

でも実際には、自分のやりたい仕事や希望する職種に就く事は全く難しい事じゃない。

本音を言ってもいいんだぜ

やりたい仕事が無い人の多くって、やりたい仕事や、やりたい事が無い訳ではなく、やりたい事を言えないだけなケースが本当に多いです。

学校では、決められたレールを歩く様に教育されるし、少しでもはみ出したら反逆者や悪人の様に取り扱います。

やりたい仕事が無いと思っている方でも、小さい頃遊んでいて楽しかったり、夢中になって取り組んでいたら、何時間も時間が経っていたなんて事を経験した方も多いと思います。

それがゲームであろうが、サバゲーだろうが、秘密基地を作る事だろうが、何だって幼少期には夢中になれる物があった事だと思います。

しかし、将来を通して、ゲームを仕事にしたい。サバゲーを仕事にしたい。秘密基地を作る事を仕事にしたい。なんて言いだしたら、しっかりとした所で働け!なんて大人が言いくるめようとするのが今の世の中。

でもね。

実際には、ゲームのプロになってプロゲーマーなんて職業の人も居る訳だし、好きな事をやって生きている人なんてごまんといます。

規律正しいのが日本の良い所なんだけど、逆を言えば自分の意見を胸はって言えないのも日本の特徴と言う事です。

僕の友人がアメリカに行った際に、アポロシアターの近くのストリートを見ていると、路上で歌を歌っていたり、ダンスをしていたり、人目を気にせず自分の好きな事をやっている人の多さが圧倒的に多いと言う風に言っていました。

またサッカーの日本代表の本田圭祐がアメリカが好きで、よくアメリカに行くなんて話をインタビューでしている時に、「アメリカが好きな理由は、自分の好きな事をやっている比率と、周りの目を気にしない人の多さがアメリカの好きな所」なんて言う風に言っていました。

要するに、やりたい仕事が無いと言うよりは、自分のやりたい仕事を口に出すのが恥ずかしいし、実行する事はもっとやましい事。

そんな風に感じて、自分を殺し続けた結果、やりたい仕事が見えなくなったと言う方が正しいんじゃないかなと思う訳です。

でも、コスプレイヤーとか、プロゲイマーなんかが職業になる昨今。

自分のやりたい事や趣味なんかを仕事にするなんて言うのは、無理難題でもなくかなり現実的な話になっている今の世の中。

全然自分を殺し続ける必要なんて無いし、堂々と「これがやりたい」と言う事を胸を張って言い続けてもいいと思うんです。

仮にそれに対して、「世の中をなめている」とか「世間を知らない」なんて言うおっさんが出て来たとしたら、そんな親父シカトしておけば良い話だし、気にする必要なんて全くない。

人生一回きりな訳で、おっさんの人生をあなたが生きている訳じゃなく、あなたがあなたの人生を歩んでいる訳だから。

ネットビジネスで副業7選。初心者が一番稼ぎやすいのはこれだ!

またインターネットを駆使すれば、場所や時間をいとわずに仕事をする事が出来ます。ネットが繋がっていれば、どこでも働ける訳ですから。

そんなネットビジネスを始める人が増えている今、初心者が一番向いているビジネスとは?と言う事をこちらの記事では書きました。興味がある方は覗いてみて下さい。

自分のやりたい仕事を見つける為には

その上で、自分のやりたい仕事を見つける為にはどうしたら良いのか。

ここが次なる問題になってくるんですが、いきなり自分の好きな事をやって良いよなんて言われても、突然には出てこなくなっていると思います。

と言うか、そういう風に教育されて来たし、長年気付いた考え方が急に変わる訳ないので、やりたい仕事が出てこなくて当然の話。

なので少しでも自分のやりたい仕事を思い出せる様に、考え方のヒントを伝えたいなって。

普通、就職するときとか転職するときは、企業や会社が求めているスキルの中で自分の出来る事とを照らし合わせると思います。

会社や企業が求めて居るスキルと、自分が出来るスキルとがマッチすれば、応募したり就職面接したり。

自分が持っているスキルが劣っていれば、入る会社の為にスキルアップを狙ったり、足りないスキルを補ったりすると思います。

でもここで、少し考えてほしいんです。

会社や企業の求めているスキルを、自分の中で模索しているこの段階では、もう既に自分のやりたい仕事では無く、あなたと言う存在を会社と言う組織にゆだねている事に他なりません。

あなたが会社に歩み寄っていると言う事。

こんな状態になっている訳です。

会社に歩み寄っている状態で、自分のやりたい仕事が見つかる訳は無いし、好きな事を仕事に出来る訳ありません。

この段階で既に自分を殺して、やりたい仕事を自ら潰してしまっていると言う事なんです。

いやいや。そうはいっても社会に出るとはそう言う事だよ。

そんな声が聞こえますが、コスプレだけで生活している人や、好きなゲームだけでプロになりお金を稼ぐ人達が、会社や企業の求めているスキルを追い求めて行って自分のやりたい仕事に就いたと思いますか?

決して違うと思います。

自分のやりたい事を続けて行った結果、世の中のニーズとマッチングした。

ただそれだけの話。

自分から世の中や会社に合わすんではなく、自分のやりたい事を突き詰めて行った結果、それが仕事になったという順番なんです。

この考えた方の違いです。

それがやりたい事を仕事にした人と、つまらなくやりたくも無い仕事をせざるを得なくなった人との違いです。

でも今程、自分に好きな仕事を決めていい時代は無いと思います。

江戸時代なんかでは、身分で自分の仕事は決まっていた訳だし、それ以上出世する事も絶対に出来ない世の中でした。

江戸時代と聞くと、かなり昔の話と勘違いする人が多いですが、1867年に大政奉還をして、江戸時代が終わりました。

つまり、つい150年前の話です。

150年前までは、決して自分の人生を自分で決める事は出来ず、生まれながらにして人生の大半が決まっていた時代なんです。

そう考えると、本当に恵まれた時代に生きられている事をもっともっと生かすべきだと思います。

それでも、世の中はそんなに甘く無いと言う人へ

いやいや。プロゲーマーとかコスプレなんかで、生計を立てられている人達はごく一部で、そんな遊びや趣味の範囲のやりたい事を仕事にするなんて無理だ。

そんな風に言う人は居るでしょう。

そんな人に最後に伝えておきたい。

僕が中学の時に通っていたサッカーチームは、全国大会に出場する様な強豪チームで、一応Jリーグの下部組織でした。

そんな強豪チームの監督やコーチは、特別にプロ経験がある訳でもなく、それなりにサッカーに詳しいだけでした。

でも当然当時の中学生の僕らよりも上手かったし、教わる事が多く、今でも感謝しています。

そんな人達に月謝としてお金を払う事は、全然苦ではなかったし、当然だと感じていました。

これはサッカーの話ですが、趣味や自分のやりたい事を突き詰めて行けば、必ず教えてほしいと言う人が現れます。

特別な実績が無かったとしても、それは変わらない事。

そんな教え子達に月謝をもらい、教授出来れば、それだけでやりたい事を仕事にする事は、なんら難しい事ではありません。

教わる側も教えてもらった事で感謝出来ますし、れっきとしたビジネスな訳です。

YOUTUBERなんていう職業が、今小学生の中で、なりたい職業のトップ3に入るなんてニュースがやっていますが、自分の生き様や面白いと思う事をやり続けて、それに対してのニーズを見つけられれば十分にやりたい事を仕事に出来る訳です。

是非、周りの目や声に騙されずに、自分のやりたい仕事を見つけられる様に、願っています。

終わりに

今考えれば、僕の周りには自分のやりたい事を仕事にしている人の多さが多いなって凄く感じますね。

音楽が好きでそれをそのまま仕事にしている人も居ますし、旅が好きで旅行をそのまま仕事にしている人も居ますし。

ネットが普及したいまでは、どんな人間とでもつながれるので、どんな仕事であっても、ビジネスとして成立させる事が出来ますね。

胸を張って自分のやりたい事を全うして良い時代だと思います。

P.S.

12時間労働が当たり前のブラック企業に勤めながら、1日1〜2時間の副業時間で、せどり開始2ヶ月目は23万円、4ヶ月目には30万、その後も下がることなく月収65万円稼ぎ、独立するまでに至りました。

1000円が9800円に変わる仕入れ先、業界の約6倍以上の利益額を稼ぐ超高利益せどりのノウハウを伝えるメルマガを発行しています。

タダで見れるので、お気軽にご登録下さい。

今だけAmazonランキング1位獲得、価格1000円の【禁断】の超高利益せどりのノウハウをまとめた本が特典として、もれなくもらえます。

メルマガ登録はこちら。極秘の超高利益せどりノウハウ本のプレゼント付き

当ブログに始めて訪れた方にオススメ記事

秘伝の"超絶"高利益せどりノウハウを無料プレゼント!


運営者プロフィール

名前:ちゃんこま(※直近の月収+他ASPにて数万)

経歴: 実家で営んでいる美容院が経営悪化により倒産し、父親が自己破産。大学生だった当時、学費が払えず大学を中退し、家族4人どん底生活へ。中退した後、あえなく就職し、工場勤務や営業など様々な労働地獄の波に呑まれる。

ブラック企業の会社員として、12時間以上働きながら始めた副業が、開始2ヶ月で23万円稼ぎだしサラリーマンの給料を超える。さらに4ヶ月目には月収30万円、その後も月収63万円と減ることはなく、サラリーマン時の約4倍の収入を得る。

これまでの経緯やノウハウを電子書籍化した結果、大手電子書籍掲載サイトにて、新着ランキングトップ10位入りの常連と化し、最高位2位を受賞。更に2017年4月にはAmazonに電子書籍を出版し、アマゾンランキング1位を2部門で受賞。見事2冠を達成し大きな反響を得る。

現在は独立しオウンドメディア運営、情報ビジネス、webマーケティング関連など様々な事業を展開。節税の為に法人化するか現在検討中。

会社に雇われなくとも,自由に生きて行ける」をモットーに、誰にも雇われない人生を送る。更に今後活躍が期待される注目株。

⇨詳しいプロフィールはこちら

シェアする

フォローする