アマゾンランキング1位本を無料プレゼント!!

派遣社員から正社員になっても、結局安定は未来永劫ない。真の安定とは?


Amazonランキング1位本「僕の辞書から就職が消えた日」著者のちゃんこまです。

先日僕のメルマガの読者さんから、質問を頂きました。

その質問って言うのが。「現在派遣社員を勤めているのですが、いつ派遣切りに合うのかわからず日々不安な毎日です。正社員となり安定した給料をもらえる様にしたいのですが、なかなかスムーズに正社員になれるほど、甘くは無いようです。」

「その為副業に取り組みたいと思ってちゃんこまさんのメルマガを購読させて頂きました。今後とも是非宜しくお願いします。」

との内容でした。

多少疑問とは違っていていますが、苦しい現状の胸を打ち明けてくれてありがとうございます。

確かに「派遣切り」なんて言葉がある様に、派遣社員であれば、いつ首を切られるのか分からない不安と戦う事になると思います。

でもね。僕が思うのは、派遣社員だろうが、正社員だろうが、真の安定を持って働いている人なんて居ないと言う事。

大手企業の正社員だったとしても、いつ首を切られるのか分からない今のこのご時世。

最近ではあの大手企業のシャープも台湾の企業に買収されました。

しかも大企業と言われている会社でも、次々と赤字決算を出し、リストラに次ぐリストラでなんとか会社の利益を守ろうとしていますし。

この今の日本の経済状況からすると、果たして「正社員でいる事が安定なのか」って考えると、甚だ疑問です。

実際に派遣社員ではなく、正社員で何十年と勤務していて、会社に恩義を尽くしていた人でも、さらっと首にされてしまう現状。

大手企業に勤めていても、上がらない年収。

生活費をひっくるめると、正社員だとしても生活に余裕を持って暮らしている人なんてほんの一握りです。(一握りすらいるか分かりません)

もちろん就職したい会社があり、そこで正社員になるのなら、読者さんの目標達成になるので、良いのかもしれませんが、派遣社員が不安定だから、安定する為に正社員になりたい。と言う事なら、どちらでも一緒じゃないかなって感じですね。

どちらにしろ不安は抱える訳ですし。



本当の安定を手にするとは

派遣社員でも不安定。正社員でも不安定。

じゃあどうしたらいいのか。

ってことになると思うんですが、現実では日本の経済成長は止まってしまっているし、東南アジアや中国、台湾などにどんどん経済では追い抜かされて行っているんで、もう仕方ないレベルです。

だから派遣社員でも、正社員でも明日は我が身で、安定した生活を送る事は出来ないんです。それが今の日本だから。

じゃあ本当の安定した生活を送るには?

と言う事ですが、僕自身は自分で自分のみを守る以外方法は無いと思っています。

以前テレビで見たんですが、高校生?ぐらいの年齢の子が、橋本知事に「お金がなくて学校に通えません。どうにかして下さい。」って言う風に、学生と橋本知事が対談しているのをニュースで見たんです。

そこで橋本知事が言っていたのは、

今の日本は自分の身は自分で守るが原則です」

「誰も自分のことを守ってくれません」

って言っていたんですね。

僕自身これに間違いないと思います。

最近電通に勤めている女性が過労自殺した。

なんてニュースが出ましたが、人が死んでも次の日以降、通常通り会社は回って行きます。

(人が死んで休日になる会社なんて聞いた事ありません)

正社員だろうと、派遣社員だろうと、会社は守ってくれないんです。

となると自分を守れるのは自分だけ。

だから質問頂いたのは、派遣社員から正社員になって安定したい。

との事でしたが、正社員になるのも良いと思いますが、自分で自分の身を守る事が一番の安定を手にする方法だと思います。



自分の身を自分で守る方法とは

じゃあ自分の身を自分で守るとはどういうことなのか。

って言うと一言で言うなら「自分で稼ぐ能力」です。

お金が全てじゃない。

なんて言う人も居ますが、お金で解決出来る事もかなり多くあります。

そして正社員だから安定したい。

派遣社員だから不安定だ。

って思っている人の不安の要素って「お金」の一言に集約されるんですよね。

確かにお金があれば全て万事休すかっていうとそうではないですが、生活するお金に困らなければ、「心の安定」はお金で買えます。

そして会社が倒産した。首になった。派遣切りにあった。

そんな不慮の出来事があったとしても、「自分で稼ぐ能力」さえあれば、自分で自分を守る事が出来ます。

真の安定とは、正社員でいる事でもなくって、派遣社員から正社員に繰り上がる事でもなくって、何にも依存せず、自分自身が稼ぎだす能力がある事だと思うんですね。

それが出来てこそ、真の安定が手に入ると思います。

だから派遣社員は不安だ。

正社員になって安定したお給料をもらい、安心したい。

と言っている今回の質問者さんに対する答えとしては、「正社員になることも大事かもしれませんし、良い事かもしれませんが、それで真の安心を獲得する事は出来なくって、本当の安定とは、「自分自身で稼ぐ力を身につける」と言う事です」

そして、今ネットが発達した現代では、「自分自身で稼ぐ力」を身につける事は以前より遥か簡単に出来る様になりました。

以前であれば、稼ぐと言うのは、銀行から融資を受けて事務所や店舗を借り、商売をしなければ行けなかったのが、ネットであれば会社を興す必要も無いですし、資金も遥かに安く、始める事が出来ます。

インターネットが発達した恩恵ですね。

だから別に悪い事ばかりではないです。

日本の経済が衰退して、どんどんどんどんアジア各国に抜かされている。

正社員でもいつ首を切られるか分からない。

派遣切りにいつ合うか分からない。

そんな状況で悪い事ばかりに目がいってしまいがちですが、その反面良い状況も必ずあります。

要はどちらを向いて、どちらの状況を目に入れるかが大事。

嫌な方向、ネガティブな状況ばかり身に受けて、マイナスな方向に行ってしまう。

それはそれで人間の自然な反応でしょう。

でもそれとは逆にポジティブな良い状況でもある。それを利用して、プラスの方向に目を向ける。

こっちの方が良く無いですか?

希望が見えませんか?

悪い方向と、良い方向、どちらも正しい事実です

でも人間は一つの方向しか見れないので、悪い方向を選べば悪い方向にしか行かない。

だけれど、良い方向を向けば良い方向しか見れないので、プラスの状況になる。

そんなもんです。

現状確かに派遣社員と言う事で、将来に対しての不安があるのかもしれませんが、不安と言うマイナスな状況に目を向けるのか、プラスの状況に目を向けるのかで、その先の将来はかなり変わってくると思いますよ。



最後に

そして最後に質問者さんに言っておきたいのは、橋本知事と学生との対談の時の話です。

さっきは橋本知事が

  • 今の日本は自分の身は自分で守るが原則です
  • 誰も自分のことを守ってくれません

って言っていたとお伝えしたのを覚えてますか?

これの後の話があるんですね。

学生さんがその後、「じゃあ僕らのような未成年を見捨てるんですか?」って言う風に橋本知事に涙ながらに問いかけていました。

すると橋本知事は、「今の日本には頑張る人を助けるシステムは出来ています。学生なら奨学金と言うシステムもあるし、優秀な生徒には、無利息で貸していたりもする。頑張る人を応援するのが僕らです」

と言っていたんです。

(ちょっと言葉は違うかもですがニュアンスはこんな感じ)

ここが今の日本の良い所です。

資本主義の日本だからこそ、しっかりとやった人は応援されるシステムが学生に限らずあるんです。

自由にビジネスが出来ますし、発言も自由です。

派遣社員として正社員になりたい。

安定した生活を送りたい。

質問者さんがどれをゴールにするか分かりませんが、頑張って上り詰める事を許可されているのが日本なんです。

仮にインドの地方なんかに行けば、まだカースト制度なんかも残っていたりして、好きな事は出来ず、身分は一生そのまま。

なんて文化を持った国すらある現代。

それに比べて、稼ごうと思ったら自分で稼ぐ事が出来る日本。

そして最悪バイトでもすれば死ぬほど食うには困らない。

頑張っている人が報われる実力世界なのが、今の日本です。

やるもやらないも自分次第ってことですね。

ちょっと熱くなっちゃって、冒頭に紹介した質問の答えになっているか分かりませんが、派遣社員だからとか、正社員じゃないからとかで、何もかも諦めちゃうのは早いと思いますよ。

正社員でも不安定な心のまんま働いている人は山ほど居ますし。

それであれば真の安定を得られる様に、「自分で稼ぐ力」を身につけてほしいなって思います。

P.S.

1000円が9800円に変わる仕入れ先、業界の約6倍以上の利益額を稼ぐ超高利益せどりのノウハウ、副業開始わずか2ヶ月で会社からの給料を超えたノウハウを伝えるメルマガを発行しています。

今だけAmazonランキング1位獲得、価格1000円の本が特典として、もれなくもらえます。

タダで見れるので、お気軽にご登録下さい。

メルマガ登録はこちら。極秘の超高利益せどりノウハウ本のプレゼント付き

アマゾンランキング1位本を無料プレゼント!!

当ブログに始めて訪れた方にオススメ記事

運営者プロフィール

名前:ちゃんこま(※実績)

経歴: 実家で営んでいる美容院が経営悪化により倒産し、父親が自己破産。大学生だった当時、学費が払えず大学を中退し、家族4人どん底生活へ。中退した後、あえなく就職し、工場勤務や営業など様々な労働地獄の波に呑まれる。

ブラック企業の会社員として、12時間以上働きながら始めた副業が、開始2ヶ月で23万円稼ぎだしサラリーマンの給料を超える。さらに4ヶ月目には月収30万円、その後も月収63万円と減ることはなく、サラリーマン時の約4倍の収入を得る。

これまでの経緯やノウハウを電子書籍化した結果、大手電子書籍掲載サイトにて、新着ランキングトップ10位入りの常連と化し、最高位2位を受賞。更に2017年4月にはAmazonに電子書籍を出版し、アマゾンランキング1位を2部門で受賞。見事2冠を達成し大きな反響を得る。

現在は独立しオウンドメディア運営、情報ビジネス、webマーケティング関連など様々な事業を展開。節税の為に法人化するか現在検討中。

会社に雇われなくとも,自由に生きて行ける」をモットーに、誰にも雇われない人生を送る。更に今後活躍が期待される注目株。

⇨詳しいプロフィールはこちら

シェアする

フォローする