アマゾンランキング1位本を無料プレゼント!!

黒板に書かれた「点」をみた大人と子供の発想力の違いに驚愕した


Amazonランキング1位本「僕の辞書から就職が消えた日」著者のちゃんこまです。

先日とある番組でやっていたあるコーナーにボクは目が釘付けになりました。

そのとあるコーナーとは、小さな子供と大人に同じ授業を受けてもらう、そんな1コーナーでした。

そこで、教壇に立つ先生が、黒板に「•」を書いたんです。

チョークで、点(•)を書いて、大人と子供それぞれに「これは、なんて書いているのでしょうか?」

そんな質問を投げかけていました。

もちろん理解力の高い大人は、「この人何を言ってるんだろう?」

そんな感じの表情で、「‥‥点?」そんな風に答えていました。

もちろん普通に見れば、黒板にチョークで書いた、「点(•)」にしか見えません。

だから一見すると、大人の正解なんでしょう。

でも子供は、驚くべき答えを先生に投げかけたんです。

子供たちは黒板にチョークで書かれた単なる「点(•)」を、「ハエ」「ごま」「蚊」

と言ったように、点と答える子供はおらず、単なる点(•)を色んな虫や食べ物として答えました。

これってめちゃくちゃ素敵なことだって、ボクは率直に思いました。

子供は誰1人として落ちこぼれはおらず、誰しもがクリエイティブで発想力豊かな力を持っています。

でも大人になって行くに連れて、変に頭が堅くなって行くと言うか、損、得でしか物を考えられなくなり、「楽しい」とか「やりたい」っていった、純粋な感情を信じれなくなります。

まあ、世間一般的に言えば、それが「大人」ということだし、大人が砂場なんかで遊んでいたら、バカにされるんでしょう。

でも、ボクはそれなら、子供のままでも良いと思っています。

合理的に、全てが損得で行なわれ、大切な物が見えなくなるぐらいなら、一生子供のままで良いと思っています。

あの有名なピカソの名言で、こんな言葉があります。

「子供は誰でも芸術家だ。問題は、大人になっても、芸術家でいられるかどうかだ。」

これはボクが今回見た、「とあるコーナー」の大人と子供を象徴とした名言だと思います。

そしてボクがピカソの中で一番感銘を受けた名言がこれです。

「ようやく子供のような絵が描けるようになった。ここまで来るのにずいぶん時間がかかったものだ。」

社会の荒波に揉まれ、理不尽を目の当たりにして行く。

大人になることとは、「我慢」を覚えること。

そうやって、身体だけは大人になり、子供のときに描いていた、発想力やクリエイティブ力は、押しくるめられ、力を失って行く。

なんとなく覚えたのは、「表面上だけ取り繕った敬語」だけ。

ボクはそんな人生を、今後30年と歩んで行くのは、絶えられなかった。

我慢をすることが大人であり、子供のときに純粋に楽しいと思っていたこと「楽しくない」と目を隠す大人になるなら、ボクは大人になるのを辞めたほうが良いと思った。

でも、そんな生き方が出来たのは、全て「個人で稼ぐ力」があるからこそでした。

稼ぐ力もないのに、「イヤだイヤだ」と言っていても、それは単なるあまのじゃくであって、わがままでしかない。

でも、経済的に自立しているのなら、他人にとやかく言われる筋合いは無いし、子供のまま生きようが、純粋に楽しいことだけしてようが、それは自由なこと。

他人にとやかく言われる筋合いはありません。

この道を選んで、そして「大人にはならない」と決めることが出来て、ボクは本当によかったと思っています。

個人で稼ぐ力を身につけたい、という方は、副業開始わずか2ヶ月目でサラリーマンを辞められた驚きの軌跡を、1冊の書籍としてプレゼントしているので、ぜひコチラを覗いてみてください。

P.S.

1000円が9800円に変わる仕入れ先、業界の約6倍以上の利益額を稼ぐ超高利益せどりのノウハウ、副業開始わずか2ヶ月で会社からの給料を超えたノウハウを伝えるメルマガを発行しています。

今だけAmazonランキング1位獲得、価格1000円の本が特典として、もれなくもらえます。

タダで見れるので、お気軽にご登録下さい。

メルマガ登録はこちら。極秘の超高利益せどりノウハウ本のプレゼント付き

アマゾンランキング1位本を無料プレゼント!!

当ブログに始めて訪れた方にオススメ記事

運営者プロフィール

名前:ちゃんこま(※実績)

経歴: 実家で営んでいる美容院が経営悪化により倒産し、父親が自己破産。大学生だった当時、学費が払えず大学を中退し、家族4人どん底生活へ。中退した後、あえなく就職し、工場勤務や営業など様々な労働地獄の波に呑まれる。

ブラック企業の会社員として、12時間以上働きながら始めた副業が、開始2ヶ月で23万円稼ぎだしサラリーマンの給料を超える。さらに4ヶ月目には月収30万円、その後も月収63万円と減ることはなく、サラリーマン時の約4倍の収入を得る。

これまでの経緯やノウハウを電子書籍化した結果、大手電子書籍掲載サイトにて、新着ランキングトップ10位入りの常連と化し、最高位2位を受賞。更に2017年4月にはAmazonに電子書籍を出版し、アマゾンランキング1位を2部門で受賞。見事2冠を達成し大きな反響を得る。

現在は独立しオウンドメディア運営、情報ビジネス、webマーケティング関連など様々な事業を展開。節税の為に法人化するか現在検討中。

会社に雇われなくとも,自由に生きて行ける」をモットーに、誰にも雇われない人生を送る。更に今後活躍が期待される注目株。

⇨詳しいプロフィールはこちら

シェアする

フォローする