アマゾンランキング1位本を今だけ無料プレゼント!

お金を使うことが、貯めることに繋がる世のルール3選。


Amazonランキング1位本「僕の辞書から就職が消えた日」著者のちゃんこまです。

最近の世の中は、どうもお金を神格化する風潮が有ります。

貯める事が正義であり、お金が全てを解決してくれる。

ただ、お金を神格化した結果、世の中はどうなったか。

結果的に大不況に陥り、経済がどんどん衰退する結果になりました。

お金は生き物。使うときにしか真価を発揮しない。

今、老人達が抱えているタンス預金は数百億円にも上り、老人がお金を貯めた場合、若者達にお金が回ってくる事なく、結果的に死んだお金になる。

お金とは、よく食材に例えられる。

お金を神格化しがちな老人達は食材をこう扱う。

松坂牛や松茸。

高級食材を買って来ては、食べる事よりも買って来たという事に満足し、大切に冷蔵庫で保管して、「いつか食べよう」と丁寧にその時を待つ。

しかし、冷蔵庫の中の松坂牛や松茸などの高級食材をぱぱっと食べる事に心が引け、いつしか冷蔵庫の中の高級食材たちに、カビがはえ食べれる状況じゃなくなる。

「いつか食べよう」と心待ちにしたそのいつかと言う日は来ず、楽しみにしていた食材達を食べる日は結局訪れない。

これとお金との状況は全く同じです。

お金とは、生きた物であり、食材と同じ様に、買った時ではなく食べる時に(お金は使う時)
一番の価値を発揮するもの。

食べる事無く、使う事がなければ、その生きたお金はいつしか死んで、全くの価値を示さなくなります。

松坂牛や松茸であれば、腐る前に食べる。

でも、お金は腐らないから、使う(食べる)必要は無い。

そう言う人もいます。

じゃあ、数百億円のタンス預金はどうなのでしょう。

管理している老人達は、本当にタンス預金を把握しておらず、この世の中には存在していないのと同然の扱いになっています。

そしてもっと問題なのは、お金を貯めることで使わずに、貯め込んだそのほとんどが老人たちということ。

若者にお金が回ってくることは無くなってしまう訳です。

お金とは経済学で言う所の、血液の役割。

お金が滞れば、血液は循環せず、訪れるのは不況の波。

バブルバブルと言われてた好景気とは、経済が潤い、皆が皆お金を使っていたからこそ、お金が世の中で循環する事で、よりお金が膨らんで行く事を指します。

人間も血液が滞れば、心筋梗塞となり訪れるのは死のみ。

こう考えると、よりお金とは生き物と言う事を裏付ける証拠となる訳です。

ただ、今の世の中は、誰しもがお金の価値を勘違いし、カビを生やし賞味期限を自ら切らす。

その結果、今の大不況と言う流れや、就職氷河期という言葉が結果として出ています。

そんな世の中のルールを見ると「俺らの年金が!!」という老人がいくいますが、自分の年金を心配するのなら、お前が持っているタンス預金を使えよ。

そう思います。

お金を持つ人が徹底しているルールとは?

一方で、お金を持っている人は、お金が生き物である事を知っているため、どんどんお金を使います。

普通の人であれば、「そんな使ったら無くなっちゃうじゃん?」

そんな不安を直ぐに抱き、お金を使う事にものすごい抵抗を抱きます。

じゃあ、不安を訂する者と使う人どっちがお金を持っているか。

これは明らかに後者です。

お金が生き物であり、持つ事だけでは意味を成さないと言う事を知らない普通の人であれば、持てば持つだけで良いと勘違いするので、使う事は決して有りません。

(こういう人で貯まって行く人を知りませんが。)

しかし、お金持ちはそのお金の原理原則を知っているので、どんどん使いお金を循環させます。

貯めていても、いずれ腐り、価値が無くなることを知っているから。

そして、大切なのは「どう使うか」

ただお金を使えと言われ、美味しいものを食べたり、趣味にだけ使う。

それだけに使えばお金持ちになれるなんて事はありません。

このポイントのルールをお金持ちは、常に心がけているルールです。

そんな事にお金を使う訳ではなく、全てリターンがある物に、お金を使う。

ネットビジネスの1つ、せどりで言えば分かりやすいですが、仕入れ値が1000円で2000円で売れるのであれば、1000円の利益となる。

しかし仕入れに戸惑い、仕入れなければ、1000円は1000円のまんま。

更に大半の人は、

「1000円の価値は変わらないじゃん」

「だから使わなければ減らないんだよ」

そう勘違いする人が居ますが、昨今では小麦粉の値上がり、醤油の値上がり、ガソリンの値上がりなどなど、物の値段は上がり、物価は向上しています。

今までなら1000円でリンゴが5個買えるのが、物価が上がった事で1000円でリンゴが3つしか買えなくなった。

1000円と言う紙幣は無くならないが、価値は相対的に5から3に減った。

これがお金が減ると言う事を意味している訳です。

だから使わず貯め続ければ、どんどん価値は減り続け、使う事で増えて行く。

この原理原則を用いてるため、お金持ちと貧乏な人とはルールが違い、ルールが違うから、
不況で喘ぐ人と、不況でも大盛況な人との垣根が出てくる訳です。

大不況のときこそ、大富豪が生まれる。驚きのルール

大不況のときほど、大富豪が生まれる。

これは株の世界でよく言われる事ですが、ルールが違う所で戦っているから、ある所ではお金がなくなり、ある所ではお金が増えて行く。

という典型例ですね。

僕自身も、これは徹底しているので、かなりスムーズにネットビジネスでも上がって来れました。

幸いこの事実はずっと昔から知っていたので、まとまったお金が入った時に、普通の人の様にはしゃぐ事は無く、「どうやって何に使おうか。」お金の使い道しか考えませんでした。

使わなければ、死んでしまうのと同じだし、趣味や浪費に費やしていては、いつまでたってもお金からの呪縛からは解放されないからと知っていたからです。

知識にはどんどんお金を使ったし、ビジネスで100万円使って200万円に変わるのであれば、どんどんお金を貯めること無く、使い込みました。

それは姿を点々と変え、広告と言う使い方だったり、仕入れと言う使い方だったり、知識へのインプットと言う使い方だったり、呼び名は違いますが、お金を使う事で小額でも増えて行くのなら全然問題ありませんでした。

それはお金の本質を知っていたからです。

ここ最近の使い道としては、水面下でオウンドメディアを自分が携わずにもメディアを作るためのノウハウに数十万円投資し、横展開して数を増やして行く全外注化に力を入れています。

完成すれば、1つのメディアで40〜50万円の利益をもたらしてくれるので、知識に数十万円お金を使っても十分ペイ出来るとの判断からです。

一回払ってしまえば、一つのノウハウからいくつも横展開出来るので、数十万円使ったお金が、何倍にも帰って来ますから何の問題もありません。

今年中には1つは完成させるつもりですので、進展があったらご報告します。

僕が大半の人が潰れて辞めて行く環境の中、スムーズにこれたのは、お金の本当の意味を知っていたからに違いありません。

お金とは使う事にこそ価値があり、生き物であると言う原理原則に。

世の中が不況なのは、不況の人のルールで戦うからであり、不満が無いのであれば、それで問題ありませんが、少なくとも経済的に豊かになりたいのであれば、不況の人のお金のルールで戦うべきではありませんね。

不況の人のルールで戦っているのに、お金は欲しい、貯めたいなんて矛盾はありません。

間違えない様に、どちらのルールで戦うのか。

見極めてみて下さい。

終わりに

世の中のルールが変われば、勝てるものも勝てなくなる。

これの典型がスポーツですね。

以前日本のお家芸だった柔道も、ルールが変わったことで日本勢がなかなか金メダルを取れなくなりました。

お金を貯めるには使うこと。

これが1つお金を貯める為にお金持ちが従っているルールです。

ぜひ「使い道」「貯め方」に関して、キチンと考えてもらえればと思いますね。

P.S.

1000円が9800円に変わる仕入れ先、業界の約6倍以上の利益額を稼ぐ超高利益せどりのノウハウ、副業開始わずか2ヶ月で会社からの給料を超えたノウハウを伝えるメルマガを発行しています。

今だけAmazonランキング1位獲得、価格1000円の本が特典として、もれなくもらえます。

タダで見れるので、お気軽にご登録下さい。

メルマガ登録はこちら。極秘の超高利益せどりノウハウ本のプレゼント付き

当ブログに始めて訪れた方にオススメ記事

アマゾンランキング1位本を無料プレゼント!

運営者プロフィール

名前:ちゃんこま(※実績)

経歴: 実家で営んでいる美容院が経営悪化により倒産し、父親が自己破産。大学生だった当時、学費が払えず大学を中退し、家族4人どん底生活へ。中退した後、あえなく就職し、工場勤務や営業など様々な労働地獄の波に呑まれる。

ブラック企業の会社員として、12時間以上働きながら始めた副業が、開始2ヶ月で23万円稼ぎだしサラリーマンの給料を超える。さらに4ヶ月目には月収30万円、その後も月収63万円と減ることはなく、サラリーマン時の約4倍の収入を得る。

これまでの経緯やノウハウを電子書籍化した結果、大手電子書籍掲載サイトにて、新着ランキングトップ10位入りの常連と化し、最高位2位を受賞。更に2017年4月にはAmazonに電子書籍を出版し、アマゾンランキング1位を2部門で受賞。見事2冠を達成し大きな反響を得る。

現在は独立しオウンドメディア運営、情報ビジネス、webマーケティング関連など様々な事業を展開。節税の為に法人化するか現在検討中。

会社に雇われなくとも,自由に生きて行ける」をモットーに、誰にも雇われない人生を送る。更に今後活躍が期待される注目株。

⇨詳しいプロフィールはこちら

シェアする

フォローする