アマゾンランキング1位本を今だけ無料プレゼント!

老後の年金受給が80歳まで引き上げられる!?衝撃のニュースを見た感想


Amazonランキング1位本「僕の辞書から就職が消えた日」著者のちゃんこまです。

60〜65歳の定年まで、仕事をがんばり続けて、年金をもらう老後の人生を待ちわびる。

そんな方が世の中にはいらっしゃいます。

ボクの行きつけのカフェでは、平日はおじいちゃん、おばあちゃんが多いので、旅行雑誌片手に、おばあちゃん仲間達で談笑している姿もよく目にします。

お勤めを全うし、老後として第2の人生を謳歌する。

多分ボクがよく目にするおばあちゃん達を目標に頑張っているサラリーマンも多いと思います。

そんな中で、先日衝撃的なニュースを見ました。

昨今では当たり前のように少子高齢化から、年金の受給年齢が引き上げられるということは
常々言われていて、「年金なんて当てにならない」そんな見解はある訳ですが、今回はそう言った恐ろしさとは異なるニュースでした。

それが平均寿命の高齢化。

実は「今20〜30代の人達の平均寿命は推定で100歳を超える」

そんな事をニュースでやっていました。

現在の平均寿命が83歳。

それが20〜30代の人達がおじいちゃん、おばあちゃんになる頃には、平均寿命が100歳を超えるそうです。

医学の発達。

食文化の改善。

様々な要因があるかと思われますが、そのニュースでは、100歳を超える平均寿命を見据えて「80歳まで働ける社会作り」にスポットを当てて、「給料が低くても再雇用してもらう」という部分にフォーカスを当てていました。

今、60〜65歳まで頑張れば、年金をもらえ老後としての第2の人生を歩める。

そう思っている方が多い訳ですが、実際にその年齢を達する頃には、60代というのは、国的に「まだまだ元気だろう」って解釈だそうです。

だから、60代になっても、後20年経ち、80歳になる頃でないと、リタイアする年齢は達さない。

(まあ、このときまでに今の年金制度が存続しているかさえ危ういですが。)

「老後になれば、安泰した生活を送れる」

そうやって60〜65歳を目標に仕事をしていた方にとっては、悲報中の悲報だったのでしょう。

でもボクらの周りでは特に、老後に関して関心を持っている人ってそこまで多くないんですよね。

それは、老後の年齢になるからと言って、「だれかに守ってもらう」って感覚がほとんどないからなんですよね。

自分の身は自分で守る。

だからこそ自分でビジネスをして稼ぐし。

そんな感覚の人が多いです。

また、労働に関するリタイアを、「老後まで待ちわびている」って方も少ないです。

「なんで老後までわざわざ待たなきゃいけないの?

その頃には身体も衰えているし、人生の最高のコンディションじゃなきゃ楽しめない事があるし。」

そう言う人がボクの周りでは大半です。

頑張って今ある年金制度の年齢まで働いた!

と思ったら、「寿命が延びてるし、元気な人が多いから、後20年頑張ってね!」

と、国に言われる。

「老後を待てば、年金で安泰に生活出来る」

そう思っている方に取っては、いつまでたっても、老後にゆとりある生活を送れそうになさそうです。

それであるなら、早いうちから「個で稼ぐ力」を身につけておいた方がいいですね。

よっぽどそっちの方が早くリタイアできそうです。

それでは。

P.S.

1000円が9800円に変わる仕入れ先、業界の約6倍以上の利益額を稼ぐ超高利益せどりのノウハウ、副業開始わずか2ヶ月で会社からの給料を超えたノウハウを伝えるメルマガを発行しています。

今だけAmazonランキング1位獲得、価格1000円の本が特典として、もれなくもらえます。

タダで見れるので、お気軽にご登録下さい。

メルマガ登録はこちら。極秘の超高利益せどりノウハウ本のプレゼント付き

当ブログに始めて訪れた方にオススメ記事


アマゾンランキング1位本を無料プレゼント!

運営者プロフィール

名前:ちゃんこま(※実績)

経歴: 実家で営んでいる美容院が経営悪化により倒産し、父親が自己破産。大学生だった当時、学費が払えず大学を中退し、家族4人どん底生活へ。中退した後、あえなく就職し、工場勤務や営業など様々な労働地獄の波に呑まれる。

ブラック企業の会社員として、12時間以上働きながら始めた副業が、開始2ヶ月で23万円稼ぎだしサラリーマンの給料を超える。さらに4ヶ月目には月収30万円、その後も月収63万円と減ることはなく、サラリーマン時の約4倍の収入を得る。

これまでの経緯やノウハウを電子書籍化した結果、大手電子書籍掲載サイトにて、新着ランキングトップ10位入りの常連と化し、最高位2位を受賞。更に2017年4月にはAmazonに電子書籍を出版し、アマゾンランキング1位を2部門で受賞。見事2冠を達成し大きな反響を得る。

現在は独立しオウンドメディア運営、情報ビジネス、webマーケティング関連など様々な事業を展開。節税の為に法人化するか現在検討中。

会社に雇われなくとも,自由に生きて行ける」をモットーに、誰にも雇われない人生を送る。更に今後活躍が期待される注目株。

⇨詳しいプロフィールはこちら

シェアする

フォローする