アマゾンランキング1位本を今だけ無料プレゼント!

物置にある物が!せどりが起こした奇跡とは?


Amazonランキング1位本「僕の辞書から就職が消えた日」著者のちゃんこまです。

せどりすることが慣れてくれば、利益率や、月商、在庫数から日に売れる商品数等を細かく計算して、どのくらい収入が欲しいかを逆算出来る様になると思います。月に20万円欲しいなら、月に何個の商品を売れば良いのか、そこから、1日何点ほど仕入れれば良いのか。などを具体的に考えて、実践してみたいな。

そんな、次のステージに上がり、せどりでギアを上げようとしたときに、思わぬ壁に打ち当たりました。しかしそんな壁が物置にあった、ある物で奇跡的に回避できた。そんな話をお伝えしたいと思います。

月商から月収計算

せどりを取り組み始めてはや2ヶ月。そんな時期でした。それまでは、とりあえず仕入れて、とりあえず出品してを繰り返していました。ただ、なかなか5万円さえ達成出来ない。そんなときに、売り上げ予想と、どれくらい在庫が必要なのか。その商品を仕入れる為に、いくらの資金が必要なのか。これらをこと細かく調べようとしたんです。

とりあえず、月に20万円は欲しいと勝手に目標を立てました。であれば、月商として利益率が30%だと仮定したときに、60万円は売り上げを立てないと行けない。すると、1日あたり2万円分売れてくれないとキツい計算になりますよね。60万円の売り上げを出すには、利益率30%で、約40万円の仕入れ資金が必要という現実に気がついたんです。

あれ?これ不可能じゃねぇか?って。今手持ちにある資金としては、5万円前後。これしかありません。40万円分の資金なんて到底無いと言う事に気付いてしまったんですね。しかも利益率も30%といえば当時、全然良い方で、そんな商品なかなか見つかりづらいという環境でした。圧倒的に資金が足りないという壁に打ち当たったんですね。

資金が足りないと嘆いたときに起こった奇跡とは

仮に、利益率を大幅に上げて50%だとしても、20万円稼ぐには40万円分の売り上げが無いと厳しい。でも逆に言えば50%の利益率を取れれば、資金は20万円で足りると。そんなときにあることを思い出しました。そうだ!学生のときにクレジットカードをつくれば、割引が利くという理由でカードを作ったんだった。ということを。

そこから物置にある、資料や紙が詰め込んである場所をひたすら探しました。するとそこに有ったのは、未開封のエポスカード。おぉ!!あったとその時叫びました。クレジットカードがあれば、翌月に支払を繰り越せるので、資金面では、問題なくなります。後の問題は利益率50%以上取るにはどうしたらいいのか?と言う事のみで、そこから高い利益率と、低い仕入れ資金で済むCD、DVDというジャンルに手を出したんですね。

そんな資金難に苦しんで、せどりの壁に打ち当たっときに、奇跡と思える様なカードを見つけて難を逃れたという話でした。本当にここから、始まったんだなって思い出します。

P.S.

1000円が9800円に変わる仕入れ先、業界の約6倍以上の利益額を稼ぐ超高利益せどりのノウハウ、副業開始わずか2ヶ月で会社からの給料を超えたノウハウを伝えるメルマガを発行しています。

今だけAmazonランキング1位獲得、価格1000円の本が特典として、もれなくもらえます。

タダで見れるので、お気軽にご登録下さい。

メルマガ登録はこちら。極秘の超高利益せどりノウハウ本のプレゼント付き

当ブログに始めて訪れた方にオススメ記事


アマゾンランキング1位本を無料プレゼント!

運営者プロフィール

名前:ちゃんこま(※実績)

経歴: 実家で営んでいる美容院が経営悪化により倒産し、父親が自己破産。大学生だった当時、学費が払えず大学を中退し、家族4人どん底生活へ。中退した後、あえなく就職し、工場勤務や営業など様々な労働地獄の波に呑まれる。

ブラック企業の会社員として、12時間以上働きながら始めた副業が、開始2ヶ月で23万円稼ぎだしサラリーマンの給料を超える。さらに4ヶ月目には月収30万円、その後も月収63万円と減ることはなく、サラリーマン時の約4倍の収入を得る。

これまでの経緯やノウハウを電子書籍化した結果、大手電子書籍掲載サイトにて、新着ランキングトップ10位入りの常連と化し、最高位2位を受賞。更に2017年4月にはAmazonに電子書籍を出版し、アマゾンランキング1位を2部門で受賞。見事2冠を達成し大きな反響を得る。

現在は独立しオウンドメディア運営、情報ビジネス、webマーケティング関連など様々な事業を展開。節税の為に法人化するか現在検討中。

会社に雇われなくとも,自由に生きて行ける」をモットーに、誰にも雇われない人生を送る。更に今後活躍が期待される注目株。

⇨詳しいプロフィールはこちら

シェアする

フォローする