アマゾンランキング1位本を無料プレゼント!!

【転売】これは儲かる!?流行り物を仕入れると絶対に稼げなくなる理由とは?


Amazonランキング1位本「僕の辞書から就職が消えた日」著者のちゃんこまです。

先日ブログ経由で転売の質問を頂きました。
その質問が「転売で流行り物を見つけた方が儲かると思うんですがどうでしょうか。」
と言う質問でした。

確かに流行りものって人気がある物だし、稼げそうだな。
って思うのも分からなく無いです。

過去記事でも書いた通り、アイコス転売なんて結構流行りものだし、なかなか手に入らないので、価格も上昇中で転売分野でアイコスに手を出そうとしている人は結構多いみたい。

後はこちらの記事にも書いているんですが、ブランド品とかね。

でも僕が思っているのは、流行り物には絶対に手を出さない。と言う事です。

転売において流行りものってかなり危険な意味合いが強いんですね。
確かにその時は話題になっているので、価格が上がって安く仕入れられるポイントがあれば、稼げるのかもしれません。

だけど、流行りものって言われるぐらいだからいつかしら人気は下火になるんです。
必ずです。

アマゾン転売でも良くある手法なんですが、アマゾンの在庫が切れた瞬間に値上げして高い粗利を取る手法も全く一緒で、アマゾンの在庫切れを狙って仕入れます。

だけどこの手法が危険なのは、アマゾンの在庫がいずれ復活したとき。
アマゾンでの在庫が復活すると、アマゾンではかなり格安で売っているので、十中八九アマゾンの方が安い値段で売り出します。

すると仕入れた金額より安い金額でしか売ることが出来ないので、仕入れた個数分、仕入れた金額分赤字になってしまうと言う事。

リスクヘッジが取りづらいんですよね。
流行りものって。

しかもりゅうこうって書いて流行りものって読むぐらいなので、逐一価格変動を気にしないと行けません。
じゃ無いと価格が下がっているのに、自分だけ流行っていると勘違いして、仕入れちゃいますから。

つまり多忙を極めると言う事。

価格の変動もチェックするし、流行り廃りも気にする。
仮に廃って来た分野だったら、次なる流行り物を探しに行く。
かなり多忙で常に市場調査が必要になるのが流行りもの転売のジャンルの宿命。

だから僕は流行りものを転売することは絶対にしないですね。

逐一チェックするのは大変だし、そこまで転売に時間を取りたく無いし。
大量仕入れで、大量赤字なんてリスクも背負いたく無いし。
別に流行り物を追いかけなくても稼げる転売ジャンルは無数に存在するし。

流行り物を追うのが好き。
全然損するリスクなんて気にしない。
あくせく働いていたい。

そんな方なら流行りもの転売はいいんじゃないでしょうか。

ただ僕はそんな転売スタイルではないのでやっていないと言う事ですね。

仮に自分がやるか、やらないかを決めるのであれば、自分はどちらの方が向いてるんだろう。
と言う事を考えてみると良いと思います。

P.S.

1000円が9800円に変わる仕入れ先、業界の約6倍以上の利益額を稼ぐ超高利益せどりのノウハウ、副業開始わずか2ヶ月で会社からの給料を超えたノウハウを伝えるメルマガを発行しています。

今だけAmazonランキング1位獲得、価格1000円の本が特典として、もれなくもらえます。

タダで見れるので、お気軽にご登録下さい。

メルマガ登録はこちら。極秘の超高利益せどりノウハウ本のプレゼント付き

アマゾンランキング1位本を無料プレゼント!!

当ブログに始めて訪れた方にオススメ記事

運営者プロフィール

名前:ちゃんこま(※実績)

経歴: 実家で営んでいる美容院が経営悪化により倒産し、父親が自己破産。大学生だった当時、学費が払えず大学を中退し、家族4人どん底生活へ。中退した後、あえなく就職し、工場勤務や営業など様々な労働地獄の波に呑まれる。

ブラック企業の会社員として、12時間以上働きながら始めた副業が、開始2ヶ月で23万円稼ぎだしサラリーマンの給料を超える。さらに4ヶ月目には月収30万円、その後も月収63万円と減ることはなく、サラリーマン時の約4倍の収入を得る。

これまでの経緯やノウハウを電子書籍化した結果、大手電子書籍掲載サイトにて、新着ランキングトップ10位入りの常連と化し、最高位2位を受賞。更に2017年4月にはAmazonに電子書籍を出版し、アマゾンランキング1位を2部門で受賞。見事2冠を達成し大きな反響を得る。

現在は独立しオウンドメディア運営、情報ビジネス、webマーケティング関連など様々な事業を展開。節税の為に法人化するか現在検討中。

会社に雇われなくとも,自由に生きて行ける」をモットーに、誰にも雇われない人生を送る。更に今後活躍が期待される注目株。

⇨詳しいプロフィールはこちら

シェアする

フォローする