アマゾンランキング1位本を無料プレゼント!!

遊び感覚でパチンコをやるU氏と投資感覚でやるD氏、リアルに稼いでいたのはどっちか聞いてみた結果。


Amazonランキング1位本「僕の辞書から就職が消えた日」著者のちゃんこまです。

私の友人に遊び感覚でパチンコをやるUという人物がいます。また一方では、投資感覚で、かなりビジネス理論に基づいてパチンコに取り組むDという人物が居ます。ちゃんこまは、以前パチスロはやっていたのですが、現在では全くやっていません。

二人ともパチンコ、パチスロが大好きなのですが、リアルにどちらが勝っているのか?どちらが負けているのか?と言う事を聞いて来たので、お伝えしたいと思います。



遊び感覚なU氏

Uという友人は、遊び感覚でパチンコをやっている印象なんですね。本人曰くパチスロが好きだと。演出を見るのが楽しいし、好きな台を打てるのは、負けていて楽しいので問題ないとのことでした。

ただ、本人曰く、勝ちには行っているし、台もしっかりと選ぶ。との事でした。休日も暇さえあれば、パチンコのホールに居る様な人物で、電話して飯で食べに行こうと誘うと、そのほとんどが、今打っているから夜折り返すという物です。そのぐらいパチスロが好きみたいなんですね。



投資感覚のD氏

一方友人のDですが、こちらにパチスロ、パチンコの話を聞くと、かなり本格的な意見が帰って来ます。お金を稼ぎに行く場所がパチスロだ。と豪語するぐらいで、その熱はかなり熱い物を感じます。

また、パチンコの台を見極めるのももちろんなんですが、「これってビジネスの感覚に近いと投資だよなー」って感じる意見をボロボロ言うんですね。例えば、1日10万円負けたってどうってこと無いし、1月、3ヶ月、6ヶ月というスパンで、考えているので、その日がどうとか関係ない。って言っていたり、パチンコも感情をいかに捨てられるのか。がポイント。と言っていたり。

こいつパチプロやった方がいいんじゃねぇか?って時々思ったりしますが、本職の傍ら、時間があれば、打ちに行くというスタイルらしいんです。



果たして、どっちが勝っているのか?

どちらがパチンコで勝っているのか、という結論ですが、勝ち金額、トータル収支、どちらも圧倒的にD氏に軍配が上がりました。なんで勝っているの?という風に聞くと、これがびっくりで、かなりビジネス戦略の本質の部分をついてくるんですね。

パチンコのこと自体分からない私ですが、ニッチ戦略や、他の人が打たない台で、穴場を狙うと言う事、また楽しむという感覚はなく、ひたすらリールをまわす作業だ。という取り組む姿勢。そんなD氏にU氏について聞いてみると、「楽しむんであれば、ゲーセンでやれ」「遊び感覚ならパチンコ屋にくる意味が無い」との一括。

パチンコと言えど、やっぱりしっかりとした知識と、取り組む姿勢。頭を使って考える。ってネットビジネスにもかなり共通しているなって痛感しました。

P.S.

1000円が9800円に変わる仕入れ先、業界の約6倍以上の利益額を稼ぐ超高利益せどりのノウハウ、副業開始わずか2ヶ月で会社からの給料を超えたノウハウを伝えるメルマガを発行しています。

今だけAmazonランキング1位獲得、価格1000円の本が特典として、もれなくもらえます。

タダで見れるので、お気軽にご登録下さい。

メルマガ登録はこちら。極秘の超高利益せどりノウハウ本のプレゼント付き

アマゾンランキング1位本を無料プレゼント!!

当ブログに始めて訪れた方にオススメ記事

運営者プロフィール

名前:ちゃんこま(※実績)

経歴: 実家で営んでいる美容院が経営悪化により倒産し、父親が自己破産。大学生だった当時、学費が払えず大学を中退し、家族4人どん底生活へ。中退した後、あえなく就職し、工場勤務や営業など様々な労働地獄の波に呑まれる。

ブラック企業の会社員として、12時間以上働きながら始めた副業が、開始2ヶ月で23万円稼ぎだしサラリーマンの給料を超える。さらに4ヶ月目には月収30万円、その後も月収63万円と減ることはなく、サラリーマン時の約4倍の収入を得る。

これまでの経緯やノウハウを電子書籍化した結果、大手電子書籍掲載サイトにて、新着ランキングトップ10位入りの常連と化し、最高位2位を受賞。更に2017年4月にはAmazonに電子書籍を出版し、アマゾンランキング1位を2部門で受賞。見事2冠を達成し大きな反響を得る。

現在は独立しオウンドメディア運営、情報ビジネス、webマーケティング関連など様々な事業を展開。節税の為に法人化するか現在検討中。

会社に雇われなくとも,自由に生きて行ける」をモットーに、誰にも雇われない人生を送る。更に今後活躍が期待される注目株。

⇨詳しいプロフィールはこちら

シェアする

フォローする