Amazonランキング1位本を無料プレゼント!

せどりの現状でも稼げるのか?初心者は必ず知っておきたいリアルな現状とは?


Amazonランキング1位本「僕の辞書から就職が消えた日」著者のちゃんこまです。

今までせどりを多少なりかじって来た人や、既にせどりで稼いでいる人は大丈夫なんですが、これからせどりを始めると言う初心者の方は、かなり気になる質問を頂きました。それが「これからせどりに取り組もうと思っている初心者なんですが、現在のせどりの現状はどうなんでしょうか。後発組でも現状、せどりで稼ぐことが出来るのでしょうか。」と言う質問。

せどり初心者で、本当にこれから始めようと思っている方は気になりますよね。そんなせどりの現状をお答えして行きたいと思います。

せどりの現状は、まだまだいけるな。むしろ今が始めるチャンスだな。と言うのがせどりの現状かと思います。せどりに限らず、物販や転売の現状として、今から始める人がものすごい増えています。

せどりは今が一番稼ぎやすい

初心者の人たちにすれば、ライバルは多いんですが、それぐらい稼ぐ手法や稼ぎやすい環境が整って来ていると言うのがせどりの現状なんですね。だからこそ、始める人が多くなって来ていると言う事です。

逆にこのチャンスを逃してしまうと、今から始める初心者の人たちは、稼ぎ始めていることになるので、同じ初心者時代を過ごしていたライバル達と大きくはなされてしまいます。で、僕が思うに、現状でもそうなんですが、今後は稼げない人たちと、稼げる人たちの格差はどんどん広がって行くと思っています。

だから、今始めるのはかなり熱いのかなって言う感想。逆に今から始めないと、どんどん周りから離されて行ってしまう。というのが現状かなと。

稼げる人と稼げない人の差は?

じゃあ、稼げる人たちと、稼げない人たちの格差はなんで、そんなに広がって行くのか。って言うと、せどりって言葉が今じゃかなりメジャーになって来ているのが現状です。となると、名前だけ知っているとか、少しだけ取り組んでみた。ぐらいのレベルの人たちが舞えん死始めるんですね。

一時前のアフィリエイトみたいな状態。名前だけ知っている人たちが増えると言う事は、本物の情報を知って、しっかり取り組んでいる人と、ネットに転がっている信憑性の怪しい情報を鵜呑みにして、適当に取り組んでいる人の二極化します。

当然なぁなぁで取り組んでいる人が稼げるほど簡単ではないのは、現状も今後も変わらないので、稼げない人は一生稼げない。だけど、本気で取り組めば取り組むほど稼げるのが、せどりなので、この差は今後もっともっと広がって行くんじゃないかな。って思います。現に今のアフィリエイトがそう言う現状になっていますから。

つまり初心者の方でも、後発組の方でも、しっかりした情報を持って、本気で取り組めば今が一番熱い状態かなというのが今の現状。そして更に今後は稼いでいる人と稼げない人、取り組まない人との差は広がって行くのが見えて来ている。ということですね。

P.S.

1000円が9800円に変わる仕入れ先、業界の約6倍以上の利益額を稼ぐ超高利益せどりのノウハウ、副業開始わずか2ヶ月で会社からの給料を超えたノウハウを伝えるメルマガを発行しています。

今だけAmazonランキング1位獲得、価格1000円の本が特典として、もれなくもらえます。

タダで見れるので、お気軽にご登録下さい。

メルマガ登録はこちら。極秘の超高利益せどりノウハウ本のプレゼント付き

Amazonランキング1位本を今だけ無料プレゼント!

当ブログに始めて訪れた方にオススメ記事

運営者プロフィール

名前:ちゃんこま(※実績)

経歴: 実家で営んでいる美容院が経営悪化により倒産し、父親が自己破産。大学生だった当時、学費が払えず大学を中退し、家族4人どん底生活へ。中退した後、あえなく就職し、工場勤務や営業など様々な労働地獄の波に呑まれる。

ブラック企業の会社員として、12時間以上働きながら始めた副業が、開始2ヶ月で23万円稼ぎだしサラリーマンの給料を超える。さらに4ヶ月目には月収30万円、その後も月収63万円と減ることはなく、サラリーマン時の約4倍の収入を得る。

これまでの経緯やノウハウを電子書籍化した結果、大手電子書籍掲載サイトにて、新着ランキングトップ10位入りの常連と化し、最高位2位を受賞。更に2017年4月にはAmazonに電子書籍を出版し、アマゾンランキング1位を2部門で受賞。見事2冠を達成し大きな反響を得る。

現在は独立しオウンドメディア運営、情報ビジネス、webマーケティング関連など様々な事業を展開。節税の為に法人化するか現在検討中。

会社に雇われなくとも,自由に生きて行ける」をモットーに、誰にも雇われない人生を送る。更に今後活躍が期待される注目株。

⇨詳しいプロフィールはこちら

シェアする

フォローする