アマゾンランキング1位本を今だけ無料プレゼント!

せどりで理想的な成長曲線とは?こうやって利益をどんどん拡大させて行く!


Amazonランキング1位本「僕の辞書から就職が消えた日」著者のちゃんこまです。

また先日せどりの質問を頂きました。ありがとうございます。その質問と言うのが「ちゃんこまさんが考える、せどりの理想的な成長曲線はなんですか?利益を拡大させたいのですが、成長出来ず伸び悩んでいます」という質問でした。

結構面白い質問ですね。この手の質問をしてくれる方は、かなりせどり経験が豊富で、成長意欲が高い方だと思います。また、成長って言葉を使っているので、せどりの目標設定をイメージした上で、ステップアップを狙っている方なのかなと。今回はせどりの理想的な成長曲線と、利益拡大の方法の質問に解答して行きたいと思います。

理想的な成長曲線とは

僕の思うせどりの理想的な成長の仕方って、わらしべ長者と同じ感覚です。これは僕の経験からあって、最初仕入れるときも、1000円とかの値段でさえ、「売れなかったら、どうしよう」「赤字になってらどうしよう」って思っていたんですね。うけますね。笑

そんな性格だったので、最初からめちゃくちゃ高い商品をせどりする事が出来ませんでした。そこで、かなり価格帯の安い商品から初めて、経験を積もうと思ったんですね。

で、仕入れ値が安いから、価格帯の安い商品から始めた。って言うのもそうなんですけど、ここで意識していたのは、「仕入れ値が安ければ、何度失敗しても大丈夫。成長する為には、失敗をどうやったら増やせるだろう」ってこと。

成長するには、失敗の数を増やす

資金が無いから価格帯の安い商品をせどりした、って言うのはあくまで結果論であって、仕入れ値が安いから失敗を何度も繰り返せる。って事で、仕入れ値を安くしたんですね。ここが僕が自身が成長出来た所だと思います。

で、何点もせどりして、経験出来てくると、自分も勝手に成長してくる。すると、1000円の商品でも、売れる事が分かってくるので、気兼ねなく仕入れる事が出来る様になりました。その時は成長したなーって思いましたね。笑。金額がしょぼいですが。

まず一つ理想的なせどりの成長曲線を描いて、利益を拡大させて行く為の考え方としては、いかに失敗を繰り返す事が出来るか。って言うのが大切な考え方だと思います。

で、具体的にどのように利益を拡大して、成長させて行くのかって事ですが、ここで先ほど言ったわらしべ長者論です。100円の価格帯でせどりをしている事に慣れて、成長して来たら、500円の価格帯に価格帯を成長させます。で、500円に慣れて来たら、1000円に伸ばして行く。

でここで大事なのは、その価格帯に合わせた商品に、商品も成長させて行く。って事です。ちょっと長くなったので、別記事の「【せどり】利益の拡大させる理想的な方法とは?」で記載していますが、まず考えてほしいのは、成長させる為に、いかにせどりで失敗を増やせるか。これが成長する為に必要な考え方ですね

P.S.

1000円が9800円に変わる仕入れ先、業界の約6倍以上の利益額を稼ぐ超高利益せどりのノウハウ、副業開始わずか2ヶ月で会社からの給料を超えたノウハウを伝えるメルマガを発行しています。

今だけAmazonランキング1位獲得、価格1000円の本が特典として、もれなくもらえます。

タダで見れるので、お気軽にご登録下さい。

メルマガ登録はこちら。極秘の超高利益せどりノウハウ本のプレゼント付き

当ブログに始めて訪れた方にオススメ記事

アマゾンランキング1位本を無料プレゼント!

運営者プロフィール

名前:ちゃんこま(※実績)

経歴: 実家で営んでいる美容院が経営悪化により倒産し、父親が自己破産。大学生だった当時、学費が払えず大学を中退し、家族4人どん底生活へ。中退した後、あえなく就職し、工場勤務や営業など様々な労働地獄の波に呑まれる。

ブラック企業の会社員として、12時間以上働きながら始めた副業が、開始2ヶ月で23万円稼ぎだしサラリーマンの給料を超える。さらに4ヶ月目には月収30万円、その後も月収63万円と減ることはなく、サラリーマン時の約4倍の収入を得る。

これまでの経緯やノウハウを電子書籍化した結果、大手電子書籍掲載サイトにて、新着ランキングトップ10位入りの常連と化し、最高位2位を受賞。更に2017年4月にはAmazonに電子書籍を出版し、アマゾンランキング1位を2部門で受賞。見事2冠を達成し大きな反響を得る。

現在は独立しオウンドメディア運営、情報ビジネス、webマーケティング関連など様々な事業を展開。節税の為に法人化するか現在検討中。

会社に雇われなくとも,自由に生きて行ける」をモットーに、誰にも雇われない人生を送る。更に今後活躍が期待される注目株。

⇨詳しいプロフィールはこちら

シェアする

フォローする