Amazonランキング1位本を無料プレゼント!

ネットビジネスをする上で、もつべき銀行と適していない銀行とは?各銀行を徹底検証!


Amazonランキング1位本「僕の辞書から就職が消えた日」著者のちゃんこまです。

インターネットビジネスをやる上で必ず必要になるのが、銀行ですよね。実際にお金が振込まれないと、ビジネスをやっている意味が無いですし、せどりやドロップシッピング、オークション転売等をしたり、アフィリエイトをする際には、銀行の振込先を記入しないと、そもそも始められないですし。

そんな必須な銀行に関して、ネットビジネスをやる上で、便利な銀行、ネットビジネスに向いている銀行とその条件に関してお伝えしています。これを参考にして、今持っている銀行の講座を使うのか、新しく開設するのかを決めて頂ければと思います。

専用の銀行を持つ意味

インターネットビジネスに関わらず、お金の管理って大事ですよね。それが生活の根本になりますし、残高とにらめっこしている主婦の方も多いと思います。ことインターネットビジネスにおいても全く同じです。

ネットビジネスの専用の銀行を持つ意味とは、お金の管理をしっかりと分かりやすくする為に持つ必要があるんですね。今持っている銀行口座で、兼用に使うことも問題ありませんが、専用の銀行口座を持つと、なんかやる気が湧いて来ますよね。

また専用の銀行を持つことで、お金の流れを見ることが出来ます。例えばせどりに関して言えば、初期投資として、商品を仕入れる為のお金、つまり仕入れ資金が必要になります。売れたときはうれしいのですが、結果として売れた商品の値段がいくらだったのか、利益率はいくらだったのか。というのが専用の銀行を持つことで、明確に分かる様になりますよね。

銀行に5万入っていて、10万円にまで増えているから、今月は5万円の儲けだった。みたいな。お金の流れを明確にして、お金の管理をしっかりとする。と言う事がネットビジネス専用の銀行を持つことの意味になります。

これが本業と兼用の銀行口座を使っていたとすると、給料が入ってくる口座にそのまんまアマゾンやヤフオクからの入金があるので、どれがネットビジネスでの入金なのか、会社からの入金なのか、全然分からなくなっちゃいます。これじゃ、今月インターネットビジネスのみでいくら稼いだのか全く分かりませんよね。

そうなると、モチベーションとしても上がらなくなってしまいますし、転売をやっていたら、最悪赤字だった、なんてことも起こってしまいますよね。やっぱりこれからネットビジネスを本格的にやっていくのであれば、専用の銀行口座を持っておくに超したことは、ないんじゃないかな。

ネットビジネスに適した銀行の条件

これまで、ヤフオクやアマゾンなど、様々なネットビジネスをやってきたちゃんこまですが、その経験としてネットビジネスに適した銀行ってこんなんだなっていう概要が見えて来ました。その経験を踏まえてご紹介します。

ネットビジネスに適した銀行の条件は、ネットで確認出来ること。これにつきます。今使っている銀行口座が、ネットバンクに対応していれば、その銀行口座をネットビジネスの銀行として使っても全く問題ありません。

というのは、例えばヤフオクでオークション転売をしていたとします。すると,落札されると、落札者とやり取りをしますよね。そのやり取りで、入金を確認出来次第、商品を発送するという流れなんですが、入金を確認するのに、わざわざ銀行まで行って確認しなければいけないのは、かなり手間ですよね。

近くに銀行窓口があるのならいいかもしれませんが、ほとんどの方は家から多少離れている場所にあると思います。私の場合は、一駅先の場所にあるのですが、そこまでしっかりと入金されているのか確認しに行っている時期がありました。

これがネットバンクを開設している銀行口座であれば、スマホで入金を確認することが出来るので、すぐに商品を発送することが出来ます。これであれば、落札者とのトラブルを避けることが出来ますし、窓口に確認に行く必要もありません。これがネットビジネスに適した銀行の条件ですね。

逆を言えばこれ以外は特に違いは無いのかなと思います。私の場合、ゆうちょと、三菱東京UFJ、ジャパンネット銀行を使っていますが、そんなに違いは無いですし。

ネットバンクを開設している銀行

じゃあネットビジネスに適した条件のネットバンクを開設している銀行ってどれ?と言う事ですが、一番確実なのは、その銀行のホームページを見てみるのが、確実かと思います。ただそんなのめんどくさい。という方も居ると思いますが、今現在ほとんどの銀行がネットバンクを開設しています。

私が使っている、ゆうちょ銀行や三菱東京UFJ、でもネットバンクを開設しているので、ネット上で入金の確認や振込などの手続きをすることが可能です。ですから、新しく口座を作ることはしなくても、今使っている銀行口座で、ネットでのやり取りをすることが出来るんですね。ま、多少なり手続きが必要ですが。

便利なネットバンクってどこ?

で、今使っている銀行で一番便利なネットバンクってどこ?と言う事ですが、やっぱり入金確認や、振込などで一番使うのが、スマホですよね。便利なネットバンクの条件としては、その銀行のアプリがあって、アプリ上でやり取り出来るネットバンクが、かなり便利だなって感じています。

その点ではゆうちょ銀行のネットバンクは結構ややこしいです。プラウザ上にアクセスしないと、残高を確認出来ないですし、いちいち長いパスワードを入力しなければいけないので、アクセスするのがめんどくさいなという印象がゆうちょ銀行ですね。

もう一つの三菱東京UFJですが、ゆうちょ銀行よりめんどくさいくない、という印象ですが、やっぱり文字のパスワードを入力しなければいけないので、多少ログインに時間が掛かります。まぁ、ゆうちょ銀行ほどではないですが。三菱東京UFJの利用頻度は中、と行った所でしょうか。

そして一番利用頻度が高いのがジャパンネット銀行ですね。こちらは専用のアプリがあることはもちろんですが、ログインする認証がAndroidと同じ様に、指をスワイプすることでログインすることが出来るので、入金確認するのがかなり簡単なんですね。ですから一番利用頻度が高く、ネットビジネスをやる上でかなり便利なので、ジャパンネット銀行を一番利用しています。アプリ上で簡単に操作することが出来ますし。

後ジャパンネット銀行では、ヤフオクをする際に利用することを勧めているので、オークションを活用する人なら、必須になるぐらいの銀行口座なので、他のせどりやドロップシッピングなどのネットビジネスもこちらにまとめて、分かりやすくするのも良いと思います。

まとめ

  • 専用の銀行を持つ意味はお金の流れを知るため
  • ネットビジネスに適した銀行とは、ネットバンクのサービスがある銀行
  • 使っていて便利な銀行はジャパンネット銀行

という結論になりました。それぞれのネットビジネスで銀行口座を分けることはおすすめ出来ません。入金がバラバラになってしまいますし、いくら稼いだか。と言う事が全く分からなくなるからですね。

ただネットビジネスに置ける銀行で大切なのは、入出金額が分かりやすいことが一番大切なことだと思いますので、新しく作るのがめんどくさい。という方は今使っている銀行でネットバンクを開設するのでも問題ないと思います。大切なのは手軽に見れることですから。

ただ経験則としてプラウザで見るのは、スムーズに動作しなかったり、パッと確認出来ないことから、アプリが充実しているネットバンクの方が便利かなという印象です。これからネットビジネス専用に銀行を作ろうかな?って思っている人の参考になればと思います。

P.S.

1000円が9800円に変わる仕入れ先、業界の約6倍以上の利益額を稼ぐ超高利益せどりのノウハウ、副業開始わずか2ヶ月で会社からの給料を超えたノウハウを伝えるメルマガを発行しています。

今だけAmazonランキング1位獲得、価格1000円の本が特典として、もれなくもらえます。

タダで見れるので、お気軽にご登録下さい。

メルマガ登録はこちら。極秘の超高利益せどりノウハウ本のプレゼント付き

Amazonランキング1位本を今だけ無料プレゼント!

当ブログに始めて訪れた方にオススメ記事

運営者プロフィール

名前:ちゃんこま(※実績)

経歴: 実家で営んでいる美容院が経営悪化により倒産し、父親が自己破産。大学生だった当時、学費が払えず大学を中退し、家族4人どん底生活へ。中退した後、あえなく就職し、工場勤務や営業など様々な労働地獄の波に呑まれる。

ブラック企業の会社員として、12時間以上働きながら始めた副業が、開始2ヶ月で23万円稼ぎだしサラリーマンの給料を超える。さらに4ヶ月目には月収30万円、その後も月収63万円と減ることはなく、サラリーマン時の約4倍の収入を得る。

これまでの経緯やノウハウを電子書籍化した結果、大手電子書籍掲載サイトにて、新着ランキングトップ10位入りの常連と化し、最高位2位を受賞。更に2017年4月にはAmazonに電子書籍を出版し、アマゾンランキング1位を2部門で受賞。見事2冠を達成し大きな反響を得る。

現在は独立しオウンドメディア運営、情報ビジネス、webマーケティング関連など様々な事業を展開。節税の為に法人化するか現在検討中。

会社に雇われなくとも,自由に生きて行ける」をモットーに、誰にも雇われない人生を送る。更に今後活躍が期待される注目株。

⇨詳しいプロフィールはこちら

シェアする

フォローする