秘伝の"超絶"高利益せどりノウハウを無料プレゼント!




USJとヤフーの提携を皮切りに、今後はチケット転売が出来なくなる。


期間限定で無料プレゼント中のAmazonランキング1位本「僕の辞書から就職が消えた日」著者のちゃんこまです。

最近、USJとヤフーが提携して、チケットの不正転売を防止しようと提携したみたいですね。また、アーティストのライブもチケットの転売では、入場出来ない様に対策してみるみたいです。

今後のチケット転売が、どうなって行くのかって言うと、僕自身はUSJとヤフーの提携を皮切りに、チケット転売が無くなって行くと思っています。というか無くなってほしいです。

チケット転売の今後

なんでコイツせどりやっているのに、チケット転売は無くなれとか言ってんの?って思うかもしれませんが、ぶっちゃけ一緒にしてほしく無いんですね。USJもそうだし、ライブもそうなんだけど、チケット転売って、誰にも価値を提供してないんですよね。

せどりとかと、チケット転売が一緒なカテゴリーに居る感じがしますが、僕自身は全く違うカテゴリーだと思っています。というのは、仮にUSJのチケットを買い占めて、値が上がったときに転売するのが、チケット転売。これって震災のときに買いだめしておいて、物資が足りない所に、高値で売りに行く行為と全く一緒です。これの誰が笑顔になっているんですか?

ことせどりは、粗利を取る行為なので、転売ですけど、しっかりと価値を提供しています。時間がなくて、買いに行けない人もいるだろうし、なかなか店舗で見つける事が出来ない商品が、ネットでは簡単に買う事が出来る。ここに時間短縮の価値を提供していますよね。

チケット転売は価値を提供していない

ただ今回USJとヤフーの提携で話題になったチケット転売は、どうしても行きたい人、どうしても欲しい人に対して、対して価値を提供しないで、ただ値上がりまで、独占しているだけなので、何も生み出していない。全然せどりとチケット転売は違うと思っています。

USJでは難しいですが、チケット転売でも、ライブでの最全席を入手して、ライブ当日近辺などで転売するのなら、まだ分かりますし、価値は提供していると思います。それならまだいいんですが、USJとかって、特に最全席とか無いし、買いだめした事で、一般に行きたい人に回らないのは、問題です。

今回はUSJとヤフオクを運営しているヤフーとの提携でしたが、この先、もっといろんな所が提携を結んで行くと思います。そうなるとチケット転売はかなり厳しくなる一方だと思いますね。ライブとかアーティストのコンサートとかのチケットの転売も出来なくなる日も近いかなと。

やっぱりビジネスってWIN-WINのモデルじゃないと、いつかしら規制が入って、その業界は続かなくなります。あなたがやっているせどりなども、なにかしらの価値を必ず提供しているので、それを意識してみると、尚やりがいが出るかもしれませんね。

P.S.

12時間労働が当たり前のブラック企業に勤めながら、1日1〜2時間の副業時間で、せどり開始2ヶ月目は23万円、4ヶ月目には30万、その後も下がることなく月収65万円稼ぎ、独立するまでに至りました。

1000円が9800円に変わる仕入れ先、業界の約6倍以上の利益額を稼ぐ超高利益せどりのノウハウを伝えるメルマガを発行しています。

タダで見れるので、お気軽にご登録下さい。

今だけAmazonランキング1位獲得、価格1000円の【禁断】の超高利益せどりのノウハウをまとめた本が特典として、もれなくもらえます。

メルマガ登録はこちら。極秘の超高利益せどりノウハウ本のプレゼント付き

当ブログに始めて訪れた方にオススメ記事

秘伝の"超絶"高利益せどりノウハウを無料プレゼント!


運営者プロフィール

名前:ちゃんこま(※直近の月収+他ASPにて数万)

経歴: 実家で営んでいる美容院が経営悪化により倒産し、父親が自己破産。大学生だった当時、学費が払えず大学を中退し、家族4人どん底生活へ。中退した後、あえなく就職し、工場勤務や営業など様々な労働地獄の波に呑まれる。

ブラック企業の会社員として、12時間以上働きながら始めた副業が、開始2ヶ月で23万円稼ぎだしサラリーマンの給料を超える。さらに4ヶ月目には月収30万円、その後も月収63万円と減ることはなく、サラリーマン時の約4倍の収入を得る。

これまでの経緯やノウハウを電子書籍化した結果、大手電子書籍掲載サイトにて、新着ランキングトップ10位入りの常連と化し、最高位2位を受賞。更に2017年4月にはAmazonに電子書籍を出版し、アマゾンランキング1位を2部門で受賞。見事2冠を達成し大きな反響を得る。

現在は独立しオウンドメディア運営、情報ビジネス、webマーケティング関連など様々な事業を展開。節税の為に法人化するか現在検討中。

会社に雇われなくとも,自由に生きて行ける」をモットーに、誰にも雇われない人生を送る。更に今後活躍が期待される注目株。

⇨詳しいプロフィールはこちら

シェアする

フォローする