アマゾンランキング1位本を今だけ無料プレゼント!

せどりでは、比較サイトなんて必要ないと言う理由とは?


Amazonランキング1位本「僕の辞書から就職が消えた日」著者のちゃんこまです。

先日ももらったせどりの質問に答えて行きたいと思います。そのせどりの質問が「せどりで使える比較サイトはありますか?またちゃんこまさんが使っている比較するサイトがあれば、教えてもらえれば幸いです」と言う質問を頂きました。

質問をもらったのはうれしいんですが、何の為の比較サイトなのか、ちょっと曖昧なので、具体的にお答え出来ているか分かりませんが、せどりでの比較サイトの必要性についてお答えして行きますね。

比較サイトに置ける2種類のサイトとは

まず、せどりにおいて、比較サイトは2種類あると思っています。それが買うときに比較するサイト。もう一つは、売る時に比較するサイトの2種類ですね。

このどちらの事を行っているのか、質問からはちょっと分からないので、両方の比較サイトについて語った方が早いのかな。

まず買う時に使う比較サイトですが、使う用途としては、一番安いネットショップはどこなのか、または仕入れるときに、どこが安い店舗なのかを比較してくれるサイトですね。一番想像しやすいのが、価格ドットコムみたいなサイトかな?

僕がせどりで仕入れで買う際に、こういった比較サイトを見ているのか、って言うと、全く見ていません。買う際には、特に比較サイトは要らないかなって思っています。理由は簡単で、目の前にある商品が、アマゾンとの価格差があるのか、ないのかが、一番重要な事であって、仮に利益が出るのであれば、仕入れるだけだから。

別にどこが一番安いか。なんて比較する必要は無いので、サイトは必要ない。って言う事だと思います。

使っている比較サイトはモノレートのみ

で、もう一つの売るときに比較するサイトですが、これはモノレートとか、オークファンとかの比較サイトですね。これはモノレートを使って調べています。これは最重要な比較サイトって言っても良いぐらいですね。また売る時の比較サイトでは、モノレート一つで十分だと思います。

そんなに皆さんと、使っているものや、見ている比較サイトは、そんなに変わらないと思いますよ。大事なのは、どんな商品、価格帯、ジャンルの商品を仕入れるか。と言う事だけですから。

上手く言っていたり、せどりで稼いでいる人は、何か特別な比較サイトを使って要るんじゃないか?って勘違いするかもれませんが、使っている比較サイトは全く同じです。もちろん、それを抽出するツールは使っていますし、それ相応にツールには投資していますが、モノレートは変わらず使っています。

質問の解答になっているか分かりませんが、比較サイトはモノレートのみ。という解答でした。是非これからも頑張って下さい。

P.S.

1000円が9800円に変わる仕入れ先、業界の約6倍以上の利益額を稼ぐ超高利益せどりのノウハウ、副業開始わずか2ヶ月で会社からの給料を超えたノウハウを伝えるメルマガを発行しています。

今だけAmazonランキング1位獲得、価格1000円の本が特典として、もれなくもらえます。

タダで見れるので、お気軽にご登録下さい。

メルマガ登録はこちら。極秘の超高利益せどりノウハウ本のプレゼント付き

当ブログに始めて訪れた方にオススメ記事

アマゾンランキング1位本を無料プレゼント!

運営者プロフィール

名前:ちゃんこま(※実績)

経歴: 実家で営んでいる美容院が経営悪化により倒産し、父親が自己破産。大学生だった当時、学費が払えず大学を中退し、家族4人どん底生活へ。中退した後、あえなく就職し、工場勤務や営業など様々な労働地獄の波に呑まれる。

ブラック企業の会社員として、12時間以上働きながら始めた副業が、開始2ヶ月で23万円稼ぎだしサラリーマンの給料を超える。さらに4ヶ月目には月収30万円、その後も月収63万円と減ることはなく、サラリーマン時の約4倍の収入を得る。

これまでの経緯やノウハウを電子書籍化した結果、大手電子書籍掲載サイトにて、新着ランキングトップ10位入りの常連と化し、最高位2位を受賞。更に2017年4月にはAmazonに電子書籍を出版し、アマゾンランキング1位を2部門で受賞。見事2冠を達成し大きな反響を得る。

現在は独立しオウンドメディア運営、情報ビジネス、webマーケティング関連など様々な事業を展開。節税の為に法人化するか現在検討中。

会社に雇われなくとも,自由に生きて行ける」をモットーに、誰にも雇われない人生を送る。更に今後活躍が期待される注目株。

⇨詳しいプロフィールはこちら

シェアする

フォローする