アマゾンランキング1位本を無料プレゼント!!

本当にノーリスクな副業ってコレしかないよね。


Amazonランキング1位本「僕の辞書から就職が消えた日」著者のちゃんこまです。

だれもが「リスク」と言う言葉を嫌う。

どうせならノーリスクに超した事はないし、リスクを背負って、やりたいと言う人はいないと思います。

それは別に悪い事じゃないし、リスクを感知することが出来たからこそ、人間はここまで生き延びることが出来たと考えると、リスクと「上手く付き合って行く」というのは1つの能力だと思います。

一方では、リスクなんて気にするな。なんて意見もあるけど、ボクはリスクを見通すことは全然悪い事じゃないと思う。

では、副業においてノーリスクで稼げる副業はあるのか。

そう聞かれると、間違いなくノーリスクで稼げる副業はあると断言できると思います。



そもそも何を持ってリスクと捉えるのか。

ここで、「ポイントサイトをやりましょう「アンケート類いのノーリスクなものを副業に据えてお小遣いを稼ぎましょう」

なんて、安っぽい言葉を並べ立てることはしません。

モッピー,げん玉等、ポイントサイトは本当に稼げるのか。試した結果は?理由はコチラの記事で詳しく解説していますが、皆がいうほど稼げない。

いや稼げるかもしれないけど、費用対効果が恐ろしく低い。

多分アルバイトなんかの、半分以下の時給でやっている人がほとんどでしょう。

アンケート?リードメール?ネット副業で月に5000円稼ぐ為の超具体的な方法を公開!にある通り、もちろんアンケートなんかでお小遣い程度(月5000円くらい)を稼げれば十分ということであれば、クラウドワークスなんかでコツコツとやればいいと思う。

ただ、副業で絶対に損をしたくない人にみてほしい記事。コチラに書いた通り、本来「副業」ってお小遣いを稼ぐ程度のポテンシャルじゃなくって、家計さえも助けられるものだと思います。

というか、それぐらい稼げないのであれば、何ヶ月も何ヶ月も続ける必要はないと思うし、頑張って取り組む必要もないと思う。

本業と同等か、それ以上か、それぐらい稼げる可能性があるからこそ、副業に勤しむわけであって、限界値がお小遣い程度しか稼げないのが副業であれば、ここまで普及しないと思うから。

ボクは副業から独立した身ですが、それでも「副業から独立してよかった事3選。」これだけ身の回りに劇的な変化があった。

だから「ポイントサイトをやればいいよ」なんて安っぽい言葉を並べたく無いわけです。

そこで、そもそもノーリスクで行なえる副業ということに話を戻すと、「何を持ってリスクととるか」

これをまずはっきりさせる必要がある。

それは「時間」なのか、はたまた「お金なのか」

よくネットで度々名前が挙がるので、またポイントサイトなんかを例に出すと、確かにカンタンにポイントをもらえるのかもしれない。(それでもかなり小額で数百円ですが)

ただ、あなたの大切な時間を1時間2時間と費やして、数百円程度しか稼げないとしたら、それは間違いなく「時間を損している」ことに他なりません。

時間的なリスクを回避するのか。

これがノーリスクと言えるか。と聞かれれば間違いなくノーだと思う。

それは、アルバイトの時給以下で働いているということを考えれば、時間があまりにももったいないから。

時間って本当に有限であり、大切でかけがえのないものって、最近自覚している。

例えば、隣町のスーパーがバーゲンセールをやっているっていって、1時間かけて自転車で言ったとする。

地元のスーパーに行くよりも、合計で500円安く変えた。節約出来た。

この500円で喜ぶ人は多いかと思う。

だけど、隣町のスーパーに行く為に費やした1時間という時間から考えると、1時間=500円ということになる。

となると、アルバイトやパートの最低賃金を下回る。

逆に損をしてるんだよね。

金銭的リスクを回避するのか

じゃあ、起業すること。

それが副業でベストだという意見があったとしたら、どうか。

週末起業なんて言葉も以前流行ったし、前に比べると資本金も自由に設定できるので企業のハードルは下がってる。

ただ、普通の人が起業することがカンタンにできるか。銀行から数百万、数千万の融資を受けて事業を興せるかといえばコレまたノー。

仮に銀行から1千万円融資を受けて、起業して。

ビジネス未経験者が、起業して成功するなんて、なかなか難しい事だし、更にその上借金が残るって考えると、それこそ金銭的なリスクはえげつない。

というか論外な意見だと思います。

副業から独立してよかった事3選。」でも書いた通り、副業を取り組んでいて結果的に独立出来るようになったということなら、別かと思いますが。

2種類のリスクのどちらかを軽減する。

この様に副業でノーリスクなものを、といっても時間的なノーリスクなのか、お金的なノーリスクなのか。

これによって意見は分かれるし、どちらか一方をとると、どちらか一方を失わざるを得ないわけです。

時間とお金と言うのは対立する2つで、どちらかをとればどちらかを取れないことになりますから。

でもそれじゃあ、この記事を書いた意味がそもそも見当たらないことになります。



副業でのノーリスクってお金を損しない副業を知りたい。ということだと思う。

時間的なリスクと、金銭的なリスク。この2つがリスクの中でも存在する。

ただ、おそらくこの記事を見ているあなたは、「ノーリスクな副業を」と考えている中身は、「お金を損しないノーリスクな副業を」知りたいと願う人だと思う。

時間はあるけど、お金をかけないで稼げる副業を知りたい。

そんなことを願っていることと思う。

育児や家事で手を離すことが出来ない。

家に必ずいなければいけない。でも費やせる時間はある。

在宅で安全に副業をやりたい人が絶対に知っておきたい48個のまとめ。」にもある、その在宅の期間内でできる副業をなるべくならノーリスクで始めたい。

プロセスは違えど、経緯はこんな感じだと思います。

ノーリスクで出来る副業

そんな「お金をなるべく損しない形のノーリスク」であるならば、家のいらないものを不要品として売ってみるといいと思う。

【結論】副業で一番即金性が高い副業ってコレなんだと結論が出たこの記事にもっと詳しく書いているけれど、おそらく不要品を売ってみることが一番のノーリスクな副業。

別に売る場所は、無料アプリのものでいいと思うし、写真もカメラなんかを買わないで、スマホでとるだけで十分。

【ヤフオク出品】画像•写真をスマホでキレイに撮る裏技4選!」これでも書いている通り、今はスマホでもキレイに取れる訳ですし。

最初はパソコンなんてものも必要ないし、スマホ1代で全てを完結させることも出来ます。

また、不要品であれば、本来いらないものなので、家の片付け、断捨離にも繋がる。

仮に売れなかったとしても、お金を払って仕入れている訳じゃないからノーリスク。

多分これ以上にノーリスクは副業ってないと思います。

ボクが仮に、「一番ノーリスクな副業って何ですか?」って聞かれた場合は間違いなく「家のいらない物をネットで売ってみる事ですね」って答えると思います。

では、その他にノーリスクな副業ってあるのか?

っていうことですが、残念ながら「時間とお金」の両面でノーリスクなのは、不要品を売る以上の物はありません。

が、時間とお金とを切り離したら、それぞれに特化した副業があるので、その2つを紹介しておこうと思います。

アフィリエイトってノーリスク?

その他には、アフィリエイトなんてネットビジネスも存在するし、これが稼げないわけじゃない。

よくアフィリエイトはノーリスクな副業だ。って言う人がいるけど。ただ、アフィリエイトがノーリスクかと言うと全くそんなことはない。

本来ノーリスクと言われがちなアフィリエイトであっても、結局ドメイン代やサーバー代が月々かかってくるし、他の副業に比べて圧倒的に安い費用。その分、検索上位に上がるまでの期間はタダ働き同然。

でも、他のネットビジネスに比べて、圧倒的に費用の少ない物がアフィリエイトだし、「お金のリスクを軽減させて、時間のリスクを取る」って場合は、アフィリエイトは良いかもしれない。

どのビジネスでもそうだけど、少しの経費なんかはかかってくる物だし、それを払えないぐらいなら、副業っていう線は辞めておいた方が良いかも。

逆にそれぐらいして、「オレはやってやるんだ!」っていう意気込みの人が成功する訳だから、多少なりの投資は必ず必要。

その中でもアフィリエイトは、費用が少なくて済むビジネスモデルで、時間がかかっても頑張り続けられるなら、アフィリエイトはアリなのかなって思いますね。

時間を浪費しても良いから、お金を節約したいって方へは、アフィリエイトがおすすめですかね。

(アフィリエイトをやりたい。と言う方への参考記事「アフィリエイトの初報酬を稼ぐまでに行なった3+αのノウハウとは。」)

時間的なリスクを軽減したなら、このビジネス

時間を損しても良いから、とにかくお金を損したくない。っていう方へはアフィリエイトを。

でも逆にある程度、お金的なリスクを背負っても良いから、とにかく早く稼ぎたい。

そんな方もいると思うので、時間的なリスクを軽減したビジネスを紹介して終わろうかと思います。

時間的なリスクを軽減出来る副業は、やっぱり転売かな。

転売では、「仕入れ」っていうフェーズが入るから、どうしても費用はアフィリエイトなんかに比べてかかってくる。

でもその分、アフィリエイトと違い、有形商品を「既に欲しい人」に向けて販売するから、そのスピードは圧倒的。

だから、時間的な部分は、アフィリエイトなんかに比べて、大幅にカット出来るんだよね。

んで。

不要品販売からスタートした場合、ある程度経験を積んでいるから、「どんな物がネットで高く売られているか推測出来る」。

その経験も無駄にならない。

更に言えば、今はオークファンだったり、モノレートだったりで、「相場」を知れるサイトがあるから、「売れない商品」は最初から仕入れる必要がない事を知れたりで、ある程度金銭的なリスクを軽減出来るわけ。

まぁでも、アフィリエイトよりは資金が必要になるし、売れ残り在庫として余る可能性もあるから、一応「時間的リスクを軽減出来る副業」って位置づけがちょうどいいのかなって。



リスクを背負うからこそ、自由が掴める

どんな副業であれ、少なからずリスクは存在する。

本当にリスクが怖いのなら、サラリーマンを続けてた方が良いし、雇われの身を続けていた方が良いと思う。

実際、会社が守ってくれるし、決まった日時に給料は振込まれるし。

リスクを極端に怖がっている人は、これほど安心出来る物はないかと思う。

逆にそのリスクを背負うからこそ、「在宅」という優れた環境であっても稼ぐことが出来るようになることだと本来は思うんです。

リスクを背負うからこそ、普通のアルバイトや仕事なんかでは稼げない金額を稼げるチャンスがあるわけで。

でも当然最初にノーリスクで励みたいと思うことは自然なことだし、全然悪い事じゃない。

だれだって怖い物は怖いし、リスクを背負いたいとは思わない。

でも、大切なのは、「何がリスクなのか」を明覚にさせて、そのリスクを軽減させる事だと思うんですよね。

転売では「仕入れ」と言う金銭的なリスクを、相場を知ることで、回避したり。

アフィリエイトでは「時間」というリスクを、削減する為に、勉強して、なるべく早く元を取れるようにしたり。

「知らない」「分からない」からこそ、リスクに感じるだけで、知って理解すれば、回避出来るリスクだって事を痛感すると思います。

その最初の「副業で自分でお金を稼ぐ」と言う感覚は、不要品を売ってみることから始めればいいと思う。

そこから転売へつなげてもいいし、せどりにつなげてもいいし、どんな副業ビジネスへも転換できる。

参考記事:「転売で稼ぐ方法の全てを今ココに。

おそらく「時間的」そして「金銭的」なノーリスクを考えたときにコレを上回るものはないと思います。

仮に副業を始める場合は、副業を始める上で、最初に知っておきたかった2つの注意点も合わせてみてみてください。

終わりに

今思い返せば、ボクの副業生活も、家のいらないものを売ったことから始まりました。

なんかそこから全部が始まったなぁ〜〜。と思うとかなり感慨深い。

これが5万円!?ヤフオクで意外に高く売れる物とヤフオクで稼ぐ方法を大公開!この記事で書いてますが、初めて自分ものが売れたときなんて、そりゃもう感動した。

はしゃいで、嬉しくって、「こんなものが5万円で売れるんだ!!」って。

ボクにとってはほとんどガラクタ当然だったから、ノーリスクそのままで5万円稼げた気がして。

そして、徐々に「逆にリスクを取って行った」

リスクを理解して、取る事で、その恩恵を受けられると痛感したから。

そこからコンスタントに副業から稼ぐまでは、少し勉強したし、苦労もしたけど、全てのはじまりはここからだったと考えると、今でも感動ものです。

(本当嬉しかったなぁ〜。)

P.S.

1000円が9800円に変わる仕入れ先、業界の約6倍以上の利益額を稼ぐ超高利益せどりのノウハウ、副業開始わずか2ヶ月で会社からの給料を超えたノウハウを伝えるメルマガを発行しています。

今だけAmazonランキング1位獲得、価格1000円の本が特典として、もれなくもらえます。

タダで見れるので、お気軽にご登録下さい。

メルマガ登録はこちら。極秘の超高利益せどりノウハウ本のプレゼント付き

アマゾンランキング1位本を無料プレゼント!!

当ブログに始めて訪れた方にオススメ記事

運営者プロフィール

名前:ちゃんこま(※実績)

経歴: 実家で営んでいる美容院が経営悪化により倒産し、父親が自己破産。大学生だった当時、学費が払えず大学を中退し、家族4人どん底生活へ。中退した後、あえなく就職し、工場勤務や営業など様々な労働地獄の波に呑まれる。

ブラック企業の会社員として、12時間以上働きながら始めた副業が、開始2ヶ月で23万円稼ぎだしサラリーマンの給料を超える。さらに4ヶ月目には月収30万円、その後も月収63万円と減ることはなく、サラリーマン時の約4倍の収入を得る。

これまでの経緯やノウハウを電子書籍化した結果、大手電子書籍掲載サイトにて、新着ランキングトップ10位入りの常連と化し、最高位2位を受賞。更に2017年4月にはAmazonに電子書籍を出版し、アマゾンランキング1位を2部門で受賞。見事2冠を達成し大きな反響を得る。

現在は独立しオウンドメディア運営、情報ビジネス、webマーケティング関連など様々な事業を展開。節税の為に法人化するか現在検討中。

会社に雇われなくとも,自由に生きて行ける」をモットーに、誰にも雇われない人生を送る。更に今後活躍が期待される注目株。

⇨詳しいプロフィールはこちら

シェアする

フォローする