せどりでリストの作成方法?んなもん不必要!投げて捨ててしまえ!


Amazonランキング1位本「僕の辞書から就職が消えた日」著者のちゃんこまです。

店舗せどりでも、電脳せどりでもリストを作る事を推奨する人が結構居るのを拝見しました。おそらくせどりでリストを作る意味とは、効率化する為のものですよね。

リストがあれば、そのリストに沿ってせどりをして行けば言い訳ですし、余計なものをリサーチせずにすみますもんね。

ただ、せどりに関わらず、リストって言うものが本当に役に立つのか。逆にリストは役に立たなかったのか。

独自の観点から、せどりの際にリストを作る意味があるのかに付いて考察したいが、まず結論から言えば「全く必要ない」と思います。

んなもん捨ててしまえ!そう思ってます。

   

せどりでリスト化する意味

多くの人が言っているリスト化する意味というのは、

目利きをする必要がなくなり、リスト化した商品だけを

仕入れれば良いという風に言っているのを目にします。

アマゾン等から、高額で売れる商品をリストアップし、

その商品を店舗やネットで仕入れるというやり方ですね。

実際にそのやり方は良いのか。悪いのか。

意味があるのか。無いのか。

結論から言って

せどりでリスト化する意味は「ない」と思いますね。

何故リスト化する意味が無いと言えるのかや

本当のリスト化のやり方については次から解説していきます。

副業から月収100万円を超え独立した軌跡を全て記した1冊を今だけ無料でプレゼントしています。興味があればどうぞ。      

せどりでリスト化する意味がないという意図は?

私自身、せどりでリストを作ってみた事もあるのですが

実際店舗に行ってみて見ると

リストにある商品なんてあまりないですし、

あったとしても利益の出る商品がなかったです。

店舗との価格差が、分からないまま、

リスト化したとしても、いくらで仕入れられるのかが

分からなければ、リストとしての意味をなしません。

せどりで仕入れる際の方法として、

店舗にある商品から、利益のある商品を見つけるというやり方と、

利益額の高い商品をリストにして、店舗で見つけるというやり方の

2種類あるのですが、

リスト化して仕入れるのは後者に当たりますね。

後者のデメリットとして、

上記の様に、実際の店舗との価格差が明確ではないというデメリットと

そもそも商品が無いというデメリットがあります。

リスト化した商品はほとんど見当たらない

私自身、何時間もかけて

PDFを作ってやってみたのですが

ほとんどそれで仕入れられた経験がないです。

リスト化したPDFをスマホで見て、棚を見て、スマホ見て、棚を見て。

ただ単にこれの繰り返し。

でも、せっかく時間をかけて作ったリストなのに、全く持って無意味で、時間のむだでした。

こんな無駄なことをするよりも他のことをやった方が良い。

これが結論です。

【1000円→無料】開始2ヶ月で副業が本業を超えた禁断の道のりを全てこの1冊に。↓    

電脳せどりでも同じ

いやいや。店鋪ではそうかもしれないけど、電脳ではリストが必須だよ。

そんな意見を持っている方がいるようですが、これに関しても「必要ねぇぇぇ」

これが結論です。

店鋪も電脳もリストは不必要。

ネットショップでは在庫がない

というのはね。

売れているリストを作ったとしても、ネットショップではほとんど在庫が無い。

またヤフオクとかに探しに行っても、ほとんど出品されていない。

これが現状で、せどりのリアルです。

多分だけど、せどりでリストを作ったほうが良い!っていっている人って、かなり薄利で販売しているか、それともほらを吹いているか。

これのどっちかじゃね?現場にいないべ?

って疑わざるを得ない。

リストとして、必ず利益が確定する。

その上で、ネットショップに存在する。

これであればリストの意味はある。

ただ、そんな魔法の様なリストが存在する訳ない。

そして、そんな魔法のリストが存在するのであれば、こんなに苦労してせどりで稼ごうとしている人はいない。

マジメに、愚直に、素直に、必至に、せどりを取り組んでいる人をちょっとあざ笑い過ぎじゃね?

って感じですね。

リストからアラート設定にする意味もない

また、ネットショップの中には、アラート機能がついてるショップがあります。

在庫が復活したり、新着在庫が追加されればお知らせします。みたいな。

結構色んなネットショップを研究していて、「仮に仕入れが出来れば、利益が確定するのになぁ」っていう商品をショップ内にあるアラート機能を使って、登録しまくっていた時期がありました。

これもある種リスト作り。

ただこの手法が功を奏したのか。

と言えば、結論は全滅ですね。

やっぱりせどりで利益が出る商品が、そう簡単に追加されたり新着で乗せられたりすることはほとんどない。

アラート機能として500件ほど登録しましたが、ほとんど在庫が復活しない商品でした。

これが現実。

だからリスト化は意味が無いし、そんなもん捨てちまえ!

ってかリスト化をススメる奴は、本当にせどりやってるか??って思うわけです。

でもね。

ぼくが唯一勧められる、本当のリスト化の定義があります。

これだったら間違いない。

ではせどりにおいて、リスト化するという本当の意味は

どういうやり方なのか。

リスト化するという本当の意味

やはりリスト化して,仕入れを効率化したいと言う方も居ると思いますので、

せどりにおいてリスト化するという本当の意味をご紹介したいと思います。

アマゾンサイトやモノレートで利益のある商品を覚えて

実際の店舗に仕入れに行くというのは、出来なかったと

私の過去の経験から上記でお伝えしました。

本当にリスト化手法

本当のリスト化というのは、

実際に店舗で仕入れた商品で、売れた商品をリスト化するというのが

せどりにおいての本当のリスト化になります。

というのは実際に店舗で仕入れて居るということは、

他の店舗や系列点にもある可能性が十分にありますよね?

つまり仕入れに関して横展開することで、同じ商品を仕入れられるかもしれない。

そして仕入れて売れたという事は、

売れ行きとしては問題ありません。

また、実際に利益が出た場合は、

仕入れ値と価格差が問題ないということなので、

再度仕入れても大丈夫です。

このように売った商品をリスト化し、

他店舗でも同じ商品を仕入れるというのが本当のリスト化という意味なのです。

そしてこうやって自分独自の売れた商品リストを作るということは、

他者と被らない自分だけのせどり極秘リストとなっていくわけです。

この自分だけのせどり極秘リストを作って行くことは、

さらに自分のせどりのスキルを底上げしてくれる結果になります。

自分が作ったリストに対して、共通する部分が見つかる。

例えば、商品の特徴だったり、お店の仕入れた場所だったり、ジャンルだったり。

そこから派生させて、類似のところをリサーチすることで、

さらにリストが分厚くなって行く訳です。

例えば、近くのお店のブックオフで仕入れられたから、

少し離れたブックオフでも、同じ在庫があるだろう。とか。

○○というジャンルが熱かったから、

違う店鋪の同じ○○というジャンルを調べよう。

こういったように、自分独自のリストをさらに自分なりに派生させていくことで、

リストが分厚くなって行く訳です。

だからこそ、これが本当のせどりで言うリストであって、

本当に役に立つ自分だけのリストになり得るということに繋がるんですね。

実際にリスト化して仕入れる方法

仕入れる際の方法としては

アマゾンで売れる商品を見つけてくる。

仕入先で利益のある商品を見つける。

この2つだと思いますが、

アマゾンで売れる商品を見つけリストを作って

店舗に仕入れに行くのでは、

商品がそもそもあるのか分からない。

合ったとしても、仕入れ値が高いかもしれない。

いや。そもそも無い物を探している可能性さえ高い。

だからこそ、

仕入れた商品を再度売る様にリストを活用する必要が出てくるのです。

お店に出向き稼ごう

まずは店舗で利益のある商品を見つける所から始めてみましょう。

そして、実際にヤフオクなりアマゾンなりで販売してみて、

自分が納得できる利益率を確保できた、商品をまた再度別の場所で探してみる。

それ用のリストを作る。

そうすることで、積み重ねれば積み重ねるほど、

分厚自分だけの仕入れリストが作成できます。

別の店で同じ商品を見つけよう

まずは、お店に出向いて(電脳でも可)利益のある商品を見つける。

そしてその後すべきことは、「利益が出た商品」を系列店でもいいし、別のお店でもいいので、同じ商品をみつようってこと。

ゴキブリじゃないけど、1つのお店にあったってことは、そのほかのお店でも見つける可能性は十分あります。

むしろ、アマゾンでリスト化した、高利益なプレミア品よりもよっぽどお店に眠っている可能性があります。

それは電脳せどりにおいても。

そういった商品を、お店を横展開することで、さらに見つけていく。

だから別のお店でも「同じ商品」を見つけることの方が、はるかにリスト化のリピート戦略が取れるわけですね。

商品の特徴をまとめる

お店に出向き、利益が生まれる商品を見つければ見つけるほど、本当のリストが出来上がっていき、色々と仕入れることができるようになる。

もうこの時点で、リストの本当の意味をなしているわけですが、最後に大切になってくるのが「商品の特徴をまとめる」ということ。

そして、これこそが本当に意味のある「リスト」になります。

多くのリストは、「商品名」が書いてあるだけのリストでしかない。

でも、こうして汗水垂らして作り上げたリストは、あなたの「経験値」の結晶です。

「商品の特徴をまとめる」ということはどういうことかというと、「なぜ仕入れることができたのか。」「利益のでた商品はどんなジャンルか」「どのお店のどの場所から仕入れられたか」

こういった「仕入れられた経緯」をリスト化しておくわけです。

これまでのリストというのはあくまで「リピート」するための商品。

売れた商品を同じように仕入れるために、用意してきたのリストな訳ですが、このようい「商品の特徴」を知ることができれば、「もしかしたらここには価格差がある商品が眠っているかもしれない」と仮説立てて、「新規商品」を見つけることができるようになるタネになり得るわけです。

ビジネスでは「新規」と「リピーター」とがうまく混ざり合っているからこそ、「安定的な売り上げ」につながるわけですが、このリストも同じ使い方をするべきなんです。

リピーターを獲得するために、「仕入れられた商品リスト」を作る。

新規を獲得するために「仕入れられた商品の特徴リスト」を作る。

リピーター商品と新規商品を、両方仕入れられる独自リストを作り上げることこそが、安定的な売り上げと仕入れ拡大を図るために大切な「リスト化」の概念です。

  • お店に出向く
  • 同じ商品を別の店で仕入れる
  • 仕入れた商品の特徴をまとめる

このようにして、あなただけのリストを作って行ってください。

そうはいっても、まずはどこからリサーチして行けば分からない。

そう言う方は「せどりで本当に使える仕入れ先6選。具体的な仕入れ場所まで公開!

こちらにボクが実際に「仕入れ先として使える」と思える厳選した仕入れ先を公開しているので、参考にしてみてください。

またノウハウに関しても、「転売で月30万円稼ぐまでに行なったおすすめの全65手法を公開

こちらの記事でその手法を解説しているので、参考にしてみてください。

もちろんリスト化する最初に、

商品の特徴や、アーティスト名などを覚えるという意味では

一般的なリスト化もある程度効果的だと思いますので、そう言った意味でアマゾンなどを見る事はおすすめします。

まとめ

仕入れる方法は2種類。

店舗にある商品の中で、利益のある商品を見つける。

ネットから利益額の多い商品をあらかじめ調べ、リスト化する。

後者の事前に作った仕入れリストは役に立たない可能性が高い。

理由としては2つ。

そもそも店舗として、置いていない商品の可能性が多いので、

リストが意味を成さない。

仮に商品が置いてあったとしても、

仕入れ値が高く、利益率との関係で仕入れられない可能性がある。

本当のせどりのリスト化とは、

実際に店舗で仕入れて、売れた商品をリピート販売する為に、

リスト化する。

実際に店舗で仕入れたので、他店舗にも置いてある可能性が高いのと、

他店舗でも系列点であれば、商品価格は統一されているので、

仕入れ値は同じで、利益額は安定している。

という結論でした。せどりで稼ぐ為にはリストが大事って勘違いしている人が多く居ます。もちろんリストがあれば、便利になるかもしれませんが、そのリストが本当に仕入れられる商品なのか、また店舗との価格差があるのかどうか。という部分がリストせどりの肝になってくるのかなと。リストをとってせどりをするなら、リストの本質を理解した上で取り組んで頂ければと思います。

ただ、リストが無くったってせどりは出来ますし、価格差のある商品を見つける事は全然出来ます。正直自分には合わなかっただけで。また、最近では電脳せどりのツールも発達して来ているので、リストは今後意味を成さなくなるんじゃないかな。事実時間を使って作ったせどりリストはあまり意味が無かったですから。

以上、せどりでリストの作成方法?んなもん不必要!投げて捨ててしまえ!

最後まで読んでくれたあなたに。

副業開始わずか2ヶ月で会社からの給料を超え、その後月収100万円を独立したノウハウを伝えるメルマガを発行しています。

今だけAmazonランキング1位獲得、価格1000円の本が特典として、もれなくもらえます。

タダで見れるので、お気軽にご登録下さい。

メルマガ登録はこちら。極秘の副業ノウハウ本のプレゼント付き


 

運営者プロフィール

名前:ちゃんこま

経歴: 実家で営んでいる美容院が経営悪化により倒産し、父親が自己破産。大学生だった当時、学費が払えず大学を中退し、家族4人どん底生活へ。中退した後、あえなく就職し、工場勤務や営業など様々な労働地獄の波に呑まれる。

ブラック企業の会社員として、12時間以上働きながら始めた副業が、開始2ヶ月で23万円稼ぎだしサラリーマンの給料を超える。さらに4ヶ月目には月収30万円、その後も月収63万円と減ることはなく、サラリーマン時の約4倍の収入を得る。

これまでの経緯やノウハウを電子書籍化した結果、大手電子書籍掲載サイトにて、新着ランキングトップ10位入りの常連と化し、最高位2位を受賞。更に2017年4月にはAmazonに電子書籍を出版し、アマゾンランキング1位を2部門で受賞。見事2冠を達成し大きな反響を得る。

現在は独立しオウンドメディア運営、情報ビジネス、webマーケティング関連など様々な事業を展開。節税の為に法人化するか現在検討中。

会社に雇われなくとも,自由に生きて行ける」をモットーに、誰にも雇われない人生を送る。更に今後活躍が期待される注目株。

⇨詳しいプロフィールはこちら

シェアする

フォローする