このブログに訪れてくれたあなたに無料プレゼントを。

せどりで仕入れてみたら、同じJANコードでも全く違う商品だった!

 

その時は、いつもとは違う場所にせどりしに行きました。ロケスマで、お店を調べて、行ったことも無い店舗に行ってみたかったんですね。んで、早速店舗へ。

 

個人経営のCDショップは穴場

 

こじんまりとした個人経営のCDショップで、結構仕入れられるんじゃないかという空気が漂っていました。こういう個人経営のCDショップや古本屋って、ネットとの相場を意識していないんで、格安で良い商品をや利益のある商品を仕入れることが出来るんですよね。結構穴場の仕入れ先だと思います。

 

でいつも通りリサーチしていました。開始30分ぐらいで、5点ぐらい仕入れられて、さい先の良い出だしかななんて思っている所に、500円のCDでアマゾンでは4980で売られている商品が。ん?なかなかいいんじゃないって思って、モノレートで確認する、結構売れている。仮に500円であれば、売れなくても全然痛く無いので、そこまで、じっくり調べることは無く仕入れました。

 

全く違う商品だった

 

んで、帰って来て、早速アマゾンへ出品作業。一つ一つ出品して、最後一つが500円で仕入れた商品でした。モノレートで再確認して、他の出品者の情報や、商品のコンディションを入力して、いざ出品しようとすると、なんか違和感が。

 

JANコードを打ち直して、もう一度見てみました。モノレートは間違っていない。商品を見てみると、JANコードは合っている。なんだこの違和感って思っていると、判明しました。アマゾンで販売している、商品画像と、手元にある商品画像が全然違っているんですね。

 

同じJANコードでも、違う商品があるのか?って疑問に思いましたね。んで、他の出品者を見ると、コレクター出品で、格安で手元にあるCDが出品されていました。以前、複数入ったCDボックスの中の一枚のCDが売られているのをみて、それが同じ規格番号だったのですが、今回は販売しているのも同じ1枚のCD。

 

CDボックスの中の1枚のCDも同じJANコードであることがあり、気をつけてはいたのですが、1枚販売という所は同じで、安かったと言う事で、全く気に留めていなかったんです。しぶしぶ、その格安出品で販売して、20円とかで売れて行きました。赤字ですね。

 

同じ規格番号や、JANコードでも、全く違った商品であることが、ありますので、しっかりとモノレートやアマゾンの等のサイトを確認した方がいいな、という教訓になりました。仕入れる際には、注意して下さい。

 

適正価格を見極める

んでね。

このJANコードが同じだけど、複数の商品がアマゾンにあるっていうのは、長くせどりをやっていると往々にして見つかっていきます。

その時に、基本的には同じJANコードであっても「A商品が1000円、B商品が3000円」という風に価格が違っていたりするんですよね。

上記で伝えた仕入れのミスっていうのは、「3000円の価格だと思って仕入れてしまった」ということで起こってしまった出来事でした。

このミスに気づいたときに大切になってくるのは、別々に出品されているとしても「A商品1000円」の方を適切価格として見極めるっていうことです。

Bの3000円を基準にして仕入れると痛い目を見ます。

安い価格が適正価格

っていうのも、当時僕自身は3000円の価格が適正だと思って、1000円で仕入れていた感じでした。

ただ出品して時間がたっても、まったく売れていかない。

そこで、当時モノレートを確認して同じJANコードである商品の売れ行きを調べていったんですよね。

そしたらまったく売れていなくって、価格が安いA商品の方が圧倒的に売れていることに気づいたんですよね。

なので、基本的には安い商品が適正価格だと思って仕入れるかどうかっていうのは見極めた方が、痛手を負わないと思います。

なぜ同じJANコード商品が複数存在する?

んでね。僕はあまりやっていなかった分野ですが、OEMといったジャンルには「自らでアマゾンに商品登録する」といったことで、利益を上げている物販ジャンルっていうのが存在したりします。

後は、OEM意外にも、アマゾンって自分で商品登録できたりするんですよね。

なので、せどりを続けていくと、意外に同じJANコードの商品を見つけたりします。

なぜ同じJANコードの商品が存在するのか?っていうと、基本的にマーケットプレイス者ならある程度登録できるため、重複してしまう可能性があるっていうことなんですよね。

気付かず登録してしまったので、間違えて登録してしまったのかはわかりませんが、複数存在するっていうことが稀に起こってくるわけです。

ただ当然、同一の商品なので、ほとんどの人は「安い価格」を買うわけですし、安い価格を買う人が多ければ、アマゾンのSEOに優遇されるし、レビューが多く集まるしで、「本物」である信頼性が担保されるわけですね。

なので、価格が高かったとしても、それは「適当に設定された価格」であって、市場が認知した価格じゃないっていうことは理解しておいた方がいいとは思いますね。

そして、適正な価格っていうのは、上記で伝えた見極める目をきちんと持っておいて、基本的には「安い価格」が適正価格だと思っておくと、仕入れる際に損はしないんじゃないかなって思いますね。

 

最後まで読んでくれたあなたに。

副業、ネットビジネスなどで稼ぎ、自由になるにはどうすればいいですか。

そんな質問を数多くもらいましたので、この1つの記事にまとめました。

平凡なサラリーマンが月収100万円稼いだ方法のすべてをここに。

気になる方は、ぜひどうぞ。


 

運営者プロフィール

名前:ちゃんこま

経歴: 実家で営んでいる美容院が経営悪化により倒産し、父親が自己破産。大学生だった当時、学費が払えず大学を中退し、家族4人どん底生活へ。中退した後、あえなく就職し、工場勤務や営業など様々な労働地獄の波に呑まれる。

ブラック企業の会社員として、12時間以上働きながら始めた副業が、開始2ヶ月で23万円稼ぎだしサラリーマンの給料を超える。さらに4ヶ月目には月収30万円、その後も月収63万円と減ることはなく、サラリーマン時の約4倍の収入を得る。

これまでの経緯やノウハウを電子書籍化した結果、大手電子書籍掲載サイトにて、新着ランキングトップ10位入りの常連と化し、最高位2位を受賞。更に2017年4月にはAmazonに電子書籍を出版し、アマゾンランキング1位を2部門で受賞。見事2冠を達成し大きな反響を得る。

現在は独立しオウンドメディア運営、情報ビジネス、webマーケティング関連など様々な事業を展開。節税の為に法人化するか現在検討中。

会社に雇われなくとも,自由に生きて行ける」をモットーに、誰にも雇われない人生を送る。更に今後活躍が期待される注目株。

⇨詳しいプロフィールはこちら

シェアする

フォローする